FC2ブログ

«プロフィール»

Astel

Author:Astel
●管理者ページ
●Twitter
●Twilog
Profile

FF11に関する私的ブログですが閲覧・コメント歓迎です。
パン鯖の時は Astel でした。

<<プレイ期間>>
[第1期] 2004年3月~2013年4月
[第2期] 2014年9月~2015年4月
[第3期] 2019年2月~ 現在

«FC2カウンター»

«ブログ内検索»

«最近のコメント»

«最近のトラックバック»

«最新の記事»

«FF11リンク»

«カテゴリー»

«月別アーカイブ»

«FC2ブログランキング»

 »Recent Entry.

    Back →




Lv75キャップ時代に赤魔道士によるソロプレイがとことん突き詰められた期間があるんですな。その頃に色々な技が生み出されたのですが、その1つに「物理0ダメのエン系削り」というのがありまして、詳しい仕様は用語辞典先生等に聞いていただくとして、この技はまだ現役らしいんですな。そして久しぶりに活躍しどころができたらしいです。

私はこの技のお世話になったことが無かったのですけども、今回は使いそうな匂いがプンプンしてきました。そんな訳でこの技の準備として必要な装備品の収集と装備セット・マクロの作成に取りかかる事としました!とは言え、本垢の赤魔道士は余りに時代遅れの貧弱っぷりなので、まずは2垢からです。装備はそこそこ、ジョブポも 1500/2100 ぐらいまで到達してますからうってつけです。

でぇ、さっそく装備品集めな訳ですが、UchinoLSにいる LegendaryPlayer (私がとある理由で勝手にそう認定しているだけw) が仰るに、D1の短剣として以下のうち2つを取ってこい!でした。

セレモニアルダガー
チキンナイフII
アーンダガー

見て頂けると分かると思いますが、どれもすぐに手に入る品ではありませんでした。この3つが推奨されたのは攻撃間隔の値が低いからだそうなので、他のD1の短剣片手剣でもひとまずはいいようです。

でぇ、

私がすぐに思いついたのがトレイニーナイフでした。クエスト「ウィンダス食世界の夜明け」の報酬でして、本垢がアビセアでの弱点突き用に取得していたのを覚えていたんですな。確かもう1本、似たものが・・・と調べてみると、有りました。クエスト「手作りバッグ」の報酬品であるトレイニーニードルですな。

2垢は両方とも未取得でしたので、早朝活動で取ってきました。ニードルの方は本垢も取ってなかったのでついでにクリアでありました。結構おもしろい話でしたので、今まで見逃していたのはクエストスキーとして恥じるところであります。

幼女が登場したから評価が高い訳では、決して、ありません。
2019_06_17_a.jpg

この日は早朝活動のみで終わりでした。



2019/06/19 (水) / 07:59








5月度のアンバスケード第1章のお題はデュラハン族だったわけですが、これのドロップ品であるデュラハンの鎧ってレジェンドワークスコール「素材調達:ラ・カザナル宮外郭」の対象アイテムなんですな。これが競売に大量出品されて値段が安くなるなら買い占めてレベル上げに使おう!などと考えていたんですが、その目論見通りかなりの数が買えました。

正確に数えていませんが40Dぐらい買ったような気がします。

これならどんなジョブだってレベルあげれちゃうぞー☆

本垢の風水士もLv99になりました。
2019_06_16_twitter_a.jpg

・・・忘れないうちにXI-Profも更新しておきました。こういうサービスが無料で提供されてるって凄いですよねぇ。本垢の風水士もLv99になったことでやっとジオ風水魔法の取得が開始できます。

ジオ1個目は東ロンフォールでした。
2019_06_16_c.jpg

風水士はあくまで2垢用のジョブのつもりでいてイドリスも2垢で作成する予定なので、本垢が風水士をやる事はなさそうなんですが、ジオ風水魔法の習得は2キャラ分を一気にやった方が後悔が無いと思うんですよね。このために本垢がレベル99になるまで2垢の風水士の整備も止めていたんですけど今後は進めざるを得なくなったとも言えます(*ノノ)

後はアンバスケードの戦術研究に初めて6月度のお題に挑戦したりしてみましたが、これの詳細は省略であります。

最後は寄生枠によるダイバージェンスで場所はウィンダスでありました。寄生枠と言えども、あまり寝落ちを繰り返しているとキックされる恐れが無くも無いので、この日はしっかりと 21:30 から 21:55 ぐらいまで仮眠してから挑みました!その結果がこれです。

「いーい眺めだ!ウェーハハ!!」
2019_06_16_d.jpg

ちなみに寝落ちが原因ではありません。

ミサイル発射が原因です。

これだけでヒントは十分ですよね?

ちなみに発射台の人も悪気があって発射したわけではなく、ミサイル君も15分ほど食器洗いのために発射台に乗っただけなので、誰も悪くないんです!!信じてー(;;)

この日の終了時の数値:
暗黒騎士消費ジョブポイント 1011/2100



2019/06/18 (火) / 03:06








ジョブマントと言えば、今やアンバスケード産のマントを言うのでしょうが、この場合アドゥリンで入手できる方のジョブマントは何と呼べばいいのですかね?と言う訳で旧ジョブマントか、アドゥリンマント辺りが通じやすい表現でしょうか。

大抵のジョブだともはや不要とおもわれる旧ジョブマントですが、尖がった目的にはまだまだ必要なようでして、暗黒騎士の整備の一環で暗黒魔法スキルアップの装備品を調べていたら、この旧ジョブマントがまだ現役だそうな。

手元にはユニティポイント交換の際にうっかりダイヤルキー#SPと間違えて交換してしまった幻光結晶が8個ほどあったので、オーグメントに挑戦してみました。

開始時点でオーグメント内容
2019_06_15_a.jpg

暗黒魔法スキルの値は +10 で最高らしいので、正直オーグメントに挑戦する意義は薄いのですが、せっかくだから尖がった存在を目指します。

と思っていたらあっさり終わっちゃいました。
2019_06_15_b.jpg

2垢の旧ジョブマントもそれなりにオーグメントしていて

これとか
2019_06_16_a.jpg

これとか
2019_06_16_b.jpg

結構いい線いっていると思うんですけども、至高の一品とかお持ち方はいらっしゃるんですかね?目の保養に直接拝見してみたくなるものです。



2019/06/16 (日) / 07:52








早朝にオーメン詰みで刈り取り作業
2019_06_13_a.jpg

漂着物の処理
2019_06_13_b.jpg

夜はダイバーで全滅
2019_06_14_a.jpg

おわり。

.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.

というのは、さすがにやめておきましょう (>.<)
ツイッターでFF11の「なにかの情報」を管理するのに表計算ソフトを使っているというツイートがありましたが、私も使っている派なんですな。復帰日記のどこかで書いた気もするんですが「台帳」で検索にかからないので特定不可能でありました。この日のプレイの最後にやったのは上記の通りダイバージェンスな訳でしたが、これも管理対象の「情報」があるんですな。

こんな感じです。
2019_06_14_b.jpg

自身が見れば分かるので凡例を書いてないのですが、
 ○:入場のみ
 ◎:W1ボスクリア
で4つ揃えば胴まで開放の意ですな。

そして見ていて気付きました。

ジャック、お前の風水士なんでジュノクリアしてないん???さては寝落ちで死亡して本体からもはぐれていたな貴様!ということまで分かったりしちゃいます。

ちなみに表計算ソフトにはフリーウェアの LibreOffice を使用しております。さすがに全端末に Microsoft Office いれるのは金の無駄ですからね。



2019/06/15 (土) / 21:58








都合の良いコンテンツなので再開してしまいました。
2019_06_12_a.jpg

オーメン詰みルートって未完成(?)なプレイヤーには実に都合のよいコンテンツなんですよねぇ。あくまで自分の場合ですけども、

・時間制限があるのでプレイの区切りをつけやすい。
・ジョブポイントも現実的な範囲で稼げる。
・AF防具の強化に必要なジョブカードが手に入る。
・色々な種族の敵がいるので殲滅系のエミネンス・レコードも同時進行可能。
・雑魚ドロップの黒の残魂が金策になる。

といったところですよね。

自分のモンクだとジョブポイント 1100/2100 時代ぐらいからオーメン詰みルートをやり始めて、最終的には モ/踊 白/赤 フェイスx4 で10分ちょっと残しでクリアだった気がします。その時の黒の残魂のドロップ数とかは気にしてなかったので不明です。

今は アポ暗/侍 赤/白 フェイスx4 で5分弱残しでクリアのトレジャーハンター+2で2回はいって黒の残魂の数は18個というのを確認しました。

ジョブポは35ぐらいだった気がします。

・・・・やらない手はないですな。

この日の終了時の数値:
暗黒騎士消費ジョブポイント 912/2100



2019/06/13 (木) / 05:18





HOME / BACK

Copyright(C) 2019 Tomorrow Never Dies All Rights Reserved.
FF11画像⇒Copyright(C)2002-2019 SQUARE ENIX CO.,LTD.All Rights Reserved
当Blogに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標もしくは商標です。