fc2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

«プロフィール»

Astel

Author:Astel
●管理者ページ
●Twitter
●Twilog
Profile
Profile

FF11に関する私的ブログですが閲覧・コメント歓迎です。
パン鯖の時は Astel でした。

<<プレイ期間>>
[第1期] 2004年3月~2013年4月
[第2期] 2014年9月~2015年4月
[第3期] 2019年2月~ 現在

«FC2カウンター»

«ブログ内検索»

«最近のコメント»

«最近のトラックバック»

«最新の記事»

«FF11リンク»

«カテゴリー»

«月別アーカイブ»

«FC2ブログランキング»

Tomorrow Never Dies

FF11の私的なプレイ日記

 »Recent Entry.

    Back →




このBlogはFF11の私的なプレイ日記として作ったので基本的にはFF11以外に関することは投稿しないようにしていたのですが、たま~にFF11以外のことも書くこともあって、それ用のカテゴリとして
「FF11以外」
というものを用意していたのですが、これに相当するものを投稿するBlogを別に用意することにしました。

リアルてるBlog
https://astel.fc2.net/

なぜにこのようなことをし出したかというと、FF11以外のことを投稿した際エフエフアンテナに更新通知がいくのは良くないなと以前から思っていたものの、たまに投稿したくなるのも事実。

本来はFF11のプレイ日記を投稿し続けたいのですが、現在のところルーチンワーク的なことしかやっておらず、わざわざ日記として投稿する価値がないんですな。

その一方で、記録に残すという行為は私が十代からやっている習慣(?)の1つでして、高校生時代に友達の黒歴史をデジタル記録に残し始めて以降継続しております。残すだけではなく結婚式のおめでとう!動画の素材に役立てたことも何度となくありました。それが故に「いつかお前の家を燃やしに行くからな」というレベルまでヘイトを育ててしまいましたが、やっぱ記録に残すのって大事だよね~・・・と。そもそも自身が残した紙媒体の日記まであったりもします。

そんな日記を読み返す機会が偶然あったのですが、当時の自分自身と対話しているような気分にもなり、FF11のプレイ日記があればそれはそれでよいのですが、それも投稿できていないとなると、ちょっともったいないなとなり、とりあえず別Blogを作ってみた次第です。紙媒体の方は書き過ぎるとお荷物になるのでテーマと頻度を絞って書いているというのも理由の1つです。

ひとまず、どちらかのBlogが更新されている状態を維持したいところです。



2022/12/16 (金) / 17:38








ちょうど1週間前、公式のオフラインイベントである「FINAL FANTASY XI ヴァナ・ディールの秘蔵展」に行ってきました。

公式イベントはヴァナフェス2012以来の参加でした
2023_08_18_111546(Fri)_a.jpg

10年があっという間じゃないですか・・・

この間、非公式のオフラインイベントにも何度か参加していて
2019/09/04 8/31(土) 夏祭りオフ会2019
2019/10/16 10/13(日) ヴァナマチ4に参加してきました
2023/05/23 5/21(日) ヴァナマチ5&ハウロウ氏トーク会
このように記事を投稿しておりました。

やっぱ自身で見返すと楽しかった当時を思い出すことができますから、今回も記事にしようと思ったわけであります。

ですので以下には、全てではないものの展示の内容をがっつり含んだ画像が表示されるのでネタばれが嫌な人は閲覧を回避してください。

閲覧回避のためのどうでもいい話題を最初に記載しておくと、会場では撮影不可のものと撮影可のものが混在して展示されていました。

正直、これは撮影する側からすると優しくない仕様でした。昨年、ベルセルクという漫画を題材にした展示会に行った際は、撮影不可のエリアが暖簾のようなものでエリアごと区別されていたので撮影の可否がわかりやすかったのを経験していただけに、これはちょっと不満でした。

会場の形や広さゆえの制限だったのかもしれませんが!

というわけでこれから展示を見に行って撮影する予定のある方は撮影不可の展示への突然の切り替わりにご注意ください。また、動画撮影も禁止されておりました。これに関連したことで実は、今回の記事を書くにあたり



というキャンペーンの存在を認識しておりましたので、書き始めるにあたってX(旧ツイッター)のタグである
#FF11展に行ってきました
の内容を眺めていたところ、禁止されているはずの動画撮影を行った挙句、投稿していた方がいました。見つけてしまったからには注意しておきましたがね。

そして、今回の記事に掲載する画像の一部の背景には、どうやっても撮影禁止の展示が内容が判別できないであろう粗さであっても載ってしまっています。背景として写りこんでしまう展示の位置が悪く回避が無理だったわけですから、掲載はモザイク処理を施すことで勝手に問題なしとしました。

こういう手間もあるのでエリアは厳密に分けてほしかったですね。

では特に気になった展示物をば。

ちなみに今回は(も?)パーティを組んで参加してきました。今回は展示物の鑑賞だったので、展示を見た感想をその場で言い合って共有できるとより長く深く楽しめるとは思いました。

以前、似たような角度で私が撮影された記憶あり
2023_08_18_110657(Fri)_a.jpg

これは会場外から撮影できるポスターでした。

今回、我々のパーティは 11:00~12:00 という、初日最初の時間帯を予約しての参加だったのですが、実はこの時間帯の中でも整理番号によって 11:10 入場の組と 11:20 入場の組とで2つに分割されていて、我々は後者でした。前者の組が入場に備えてスタッフ誘導の下で整列している間、後者の組は並ぶこともできなかったのでしばらく場外から眺めつつ撮影をしていたという暇な時間帯だったんですが、次の時間帯の入場が 12:00~13:00 でしたから、かえって後者の組でゆっくり進んで最後部にまわったことで非常に人の少ない環境で鑑賞することができました。

購入するか決めかねていたスカジャンの実物の背面だけ目にする
2023_08_18_111026(Fri)_a.jpg

これも場外から撮影したものです。私はバカなのでバイクに乗るんですけどその際に具合がいいので着るんですよね、スカジャン。とは言え、これとは別のFF11スカジャンもオンラインショップで購入済みだったので、今回は見送ろうか迷っておりました。

んが!

スカジャンも襟元がよれてくると寿命で買い替えるわけでして、んじゃ予備的なものがあってもいいかなということで結局、購入いたしました。使わないものを買うのは嫌いなのでしないのですが、使うのであればサイズさえ間違えなければ満足できるはず、です。

入場後すぐの展示物で思わずニンマリ
2023_08_18_113432(Fri)_a.jpg

親の顔よりも見た画面。

展示物は天井にもあるので注意
2023_08_18_114647(Fri)_a.jpg

この国旗、グッズとして販売したらそれなりに需要がありそうです。ただ、これを飾るのにふさわしい家となると私には自信がないので出ても買う勇気がでるかはその時次第ですねw

ちなみに今回は画像として出しませんが、上だけでなく、足元にも注意を配らないと見逃してしまいそうな展示物がありました。

個人的に最も目を惹かれた展示物でした
2023_08_18_115524(Fri)_a.jpg

もう要素がありすぎて、とにかくゆっくりじっくり見て、それでも飽きない展示物でした。

まさに遺跡、遺物
2023_08_18_115529(Fri)_a.jpg

PS2の開発機ってこういうものだったんですねぇ。

間近で見たらちょっとドキっとさせられた2つのコスプレ?衣装
2023_08_18_114615(Fri)_a.jpg
2023_08_18_115711(Fri)_a.jpg

もし、これを販売してもらえたら・・・
もし、これを着た店員さんのいる喫茶店をやりだしたら・・・
などという妄想をして楽しんだ方もいたに違いないです。

個人的にはこれがすんごく欲しかったです
2023_08_18_115910(Fri)_a.jpg
2023_08_18_120007(Fri)_a.jpg

純粋に浴衣として無難な色でありながらFF11っぽさがありますし、単純な衣服だと思いますからグッズとしてありだと思った次第です。

・・・撮影した画像はもっともっとあるんですが、モザイク処理やらが面倒になったのでこれぐらいにしておきます。

ん~

もう1回見に行くことになりそうですしね!w

ついでなので当日のポスト(ツイート)も張っておきます。





2023/08/25 (金) / 15:44








ようやくML(マスターレベル)が30に到達したジョブが初誕生しました。そうなるだろうなと思ってはいましたが、魔導剣士での到達です。

これを機会にマスターレベルに対する自身の現状確認や振り返り、取り扱いについて考えをまとめてみようと思ったんですね。

まず、メインジョブのMLは下記の通りでした。(高い順)
 剣 ML.30
 ナ ML.20
 暗 ML.17
 コ ML.12
 戦 ML.10
 モ ML.8
 学 ML.6
 シ ML.1

残念ながら、メインジョブを自認している暗やモを差し置いてMLが高いジョブが存在しています。ただまぁ、これは後述するようなML上げをしていたので致し方ないです。

ついでに2垢のジャックの状況。
 青 ML.20
 白 ML.19
 赤 ML.15
 風 ML.13
 ナ ML.14
 コ ML.13
 黒 ML.12
 学 ML.5
 召 ML.5
 吟 ML.4
 獣 ML.2
 か ML.1

便利な支援役扱いなので幅広く上がってしまった感じでした。

昨年夏頃に今後のFF11をどうプレイして楽しんでいこうかを考えていたんですが、その時に決めた方針に従っていろいろ遠大な計画に着手していたんですな。ML上げについてもこの計画に含んでいて、当時はまだ有効だった範囲狩り(厳密には今でもやれないことはないですが)がありましたから、その当時はすぐにがっつり範囲狩りでML上げを敢行する気まではないものの、いつでもやれる体勢だけは整えておいて、ひとまずジョブマスターにするのには活用させてもらおうかなという考えていましたが、下記の記事

2022/09/13 開発・運営陣は自動bot狩りを支援するんですね(笑)

で書いたような事態に見舞われました。

当時は「まぁいいや」で終わらせていたんですが、「いつでもやれるから後回しにしていいや」というのと「もうやれなくなったからできないまま後回しになる」とでは、後になって分かりましたけど心情面で全く違かったですね。

ただ、この記事で最後に書いた



事実としてAsuraのプレイヤーに不利益を与えて自動bot狩りには恩恵を与えた訳ですから、クズの所業だと思いました。これらの自動botの業者からサービスを購入しているプレイヤーが周りにもいて、軽蔑とはいかないまでも理解できないな~、と思っていましたが今回の所業を見て

「公式が(暗に)推奨したんだからいいんじゃね?w」

と思うようになりました。



という見解については全く変わりがないです。

この記事に噛みついてきた馬鹿が2名ぐらいいましたけども、このような馬鹿では出会ったことも無ければ理解もできないであろう過去の偉人の言葉として「蓬(よもぎ)も麻中に生ずれば、扶けずして直し」というのがあります。我が母校の校歌でも引用されている名言?です。

解釈は多少分かれる部分があるでしょうけど、人の意思が人の行動を決めるのではなく、その人が置かれている環境が人の行動を決めるっていう哲学ですね。似たようなことはずっと後に出現したマルクスも主張しています。

何が言いたいかっていうと、今のAsuraではギルの使いどころもなく持て余したプレイヤーはbot自動狩りのML上げ(隠語で「睡眠学習」と言うらしい)するのが多数派になっているという状況について、そのような行動に追い込む環境を用意した開発側に原因があるってことです。

「睡眠学習」自体はML導入前からありましたが、これ以後は周りのプレイヤーが普通に利用するようになり、明らかに割合は多くなったと感じています。

でぇ、

こんな状況は今さら嘆くまでも無く上記の記事を投稿した時点で予想できていましたから、私自身はどうやって楽しんで冒険していくんだ?というのが考え続けていた事でした。

その時に出した結論は、いったん野良のオデシーCもやめて当時実装されたばかりだったソーティや他のコンテンツで遊んでいたらどれぐらい自然に、どのジョブのMLが上がるか見てみようってことでした。

結果ですけど、たしかそう決めた頃の魔導剣士のMLが25ぐらいだったと思います。暗黒騎士がML一桁だったはずです。ほぼ毎日やっていたとはいえ、ソーティはAボスA-NMのみの10分ちょっとプレイだった時期も長かったりなので、これが妥当なMLの上昇と言えるかは感覚でもよく分かりません。

ただ、シェオル ジェールのV25への挑戦権の1つとして最低でもMLは30欲しいだろうという見込みがあったので、ひとまずそこには到達できたかなという感想です。

今後、「睡眠学習」を使わずに冒険し続けるか否か現時点で決める気はないですけど、あえて封印していた野良オデシーCは解禁して不足しているモグセグメント稼ぎもかねて魔導剣士暗黒騎士のML上げはしてみたいと思います。

モンクのMLも上げたいところですが、これはどうしたものか、考えるのも含めて後回しですね。

ちなみに、虫だの骨だのという雑魚モンスターをチクチク倒す戦闘が面白いとは思わないので却下です。Lv75キャップ時代のレベリングやメリポでもう十分やりきりましたし、なんで今さらゲームでわざわざ退屈なことしなきゃならんのだか(笑)。

一方で範囲狩りは、アビセア時代もそうでしたけど楽しい方でした。無双ゲームが一時期はやったことからもゲーム性として楽しい部分があるのは疑いないでしょう。



2023/07/19 (水) / 12:33








(ただの自己満足、自己認識の話でしかないですが)
暗黒騎士メインジョブ扱いに戻しました。

モ剣あらため、再びモ暗剣となります。

「心のメインジョブなる言葉をたまに耳にしますが、私はこの言葉が嫌いです。あくまで私個人がどう感じるかの話でしかないですけど、わざわざ「心の」と付けるってことは、実体は違うジョブをやっている。普段は意に沿わないジョブを仕方なくやってるんだぜ的な主張を感じるんですよ。

実際そうなのか否かは知りませんし、興味はないですが。

ということで私がメインジョブを称するのは自身の感覚で普段から使っているジョブとなりますし、それ以外にも色々こだわりが勝手に設定されていたんですな。

で下記の記事にある通り約1年程前に暗黒騎士メインジョブから脱落していたのですな。

2022/06/16 モ → モ青 → モ暗 → モ暗剣 → モ剣

その時点でメインジョブに復帰させる条件も考えていまして、具体的にはサクパタ装束を(全て使うわけではないものの)全部位R20まで強化した上でMboze(むぼぜ)のV15を主催し、無し構成かつ自身の暗黒騎士で切り倒すぐらいの実績が積めたら暗黒騎士メインジョブに復帰させてよかろうと考えていました。

これを実現するためのモクシャ装備としてデーゴンブレストを入手したりと着々と準備を進めていたんですな。

んが!

ムボゼは先日6/25(日)に運よく野良のV20開催に参加できてクリアしてしまいました。
2023/06/28 6/25(日)~26(月) 野良ムボゼとアレバティのV20を1戦でクリア!
自動的に目標が消失したわけでありました。これは想定外の状況!

というわけで、暗黒騎士メインジョブ扱いに復帰させる件をどうしようかと悩んだんですけども、このムボゼV20の撃破に先立つこと5日前の6/20(火)に野良でKalunga(かるーんが)のV20を自身の暗黒騎士で切り倒していたのですよ。
2023/06/22 6/20(火) V20の野良Kalungaを暗黒騎士で圧勝
・・・実際のところは戦士さんが切り倒していた気がしないでもないのですが、圧勝だったという点を加味し、これをもってメインジョブを名乗るに相応しいことにしてしまいましょう。ちょっともやりますけど。

というわけで「モ暗剣のてる」と名乗っていきたいと思います。
(「十傑のハウロウ」に触発された、などと言うことはないです。)



2023/07/14 (金) / 17:30








ソーティ最前線では6ボス+が当たり前、最先端では8ボス+も安定周回というあたりだと思うのですが、私(達)は私の遠大な思惑と計画の元、倉庫ちゃん達を引き連れての2人5キャラ30分でAEボス護符なし+FG箱といったあたりをやっています。NMはAのリーチNMが道中に居た時だけやっています。

毎日1時間をソーティにつぎ込む程やりたい理由がないので、効率的に妥協できるこのコースに落ち着きました。

あえて記事に書くまでも無いようなことだと思いますが、「護符なし」というところが唯一の利点?です。つい昨日、お友達に紹介する機会があってそれなりにご要望に合致した感じだったので、もしかしたら他にも知って得するプレイヤーがいるかもしれない的な動機で投稿するものであります。

私が発見したわけではないんですが、AEボスの劇毒って一定以上の距離があれば食らわない仕様かつバインドグラビデも有効なんですよね。なので、精霊魔法オンリーなら劇毒を受けることなく倒すことが可能というわけです。仮に食らっても回数を重ねない限りはリジェネで十分に相殺が可能ですから非常に安全です。

安定して倒せるようになってからチェックのために録画した動画


計略装備の八輪の帯を装備し忘れていたり、

→コメント欄での指摘により判明しましたが、し忘れていたというより元々の装備セットの状態が正しかったようです。詳しくはコメント欄または用語辞典先生の「計略」をご参照ください!

まだまだ装備的にも動き的にも改善の余地はあった頃のもので最後は連環計まで使っていますが、最近は連環計を温存すべくバインドで時間経過を待ってみたりしています。

連環計をGボスに使用する方法でFGボスもやれないかなぁと構想している最中なんですよね。なかなか新しいことをやるのに時間を注ぎ込めない状況なので、いつこれに着手できるかは謎ですが2年ぐらい前から用意し始めていた本体の学者が活躍できる機会を作れたのは楽しいもんです。



2023/07/07 (金) / 17:12





HOME / BACK

Copyright(C) 2019 Tomorrow Never Dies All Rights Reserved.
FF11画像⇒Copyright(C)2002-2019 SQUARE ENIX CO.,LTD.All Rights Reserved
当Blogに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標もしくは商標です。