FC2ブログ

«プロフィール»

Astel

Author:Astel
●管理者ページ
●Twitter
●Twilog
Profile
Profile

FF11に関する私的ブログですが閲覧・コメント歓迎です。
パン鯖の時は Astel でした。

<<プレイ期間>>
[第1期] 2004年3月~2013年4月
[第2期] 2014年9月~2015年4月
[第3期] 2019年2月~ 現在

«FC2カウンター»

«ブログ内検索»

«最近のコメント»

«最近のトラックバック»

«最新の記事»

«FF11リンク»

«カテゴリー»

«月別アーカイブ»

«FC2ブログランキング»

Tomorrow Never Dies

FF11の私的なプレイ日記

 »Entry.

    Back →




個人的な事情での考察ですが、もしかしたら初心者や復帰者にもおススメな内容を含むかもしれません。

アーマーブレイクという両手斧ウェポンスキルがありますよね。

これは対象に小ダメージと共に防御力ダウン(-25%)の追加効果を一定時間与えるという性能なのですが、今回はこのアーマーブレイクについて考えてみたいと思います。

なぜアーマーブレイクについて考え始めたかと言うと、きっかけは野良のオデシーJ(シェオル ジェール)魔導剣士で参加した際に、リーダーから「魔剣さん、両手斧アーマーブレイクを打てますか?」と聞かれたことにあるんですな。私のこれに対する答えは「すいません、打つ用意がありません。」でした。

この質問をされて初めて認識するに至ったのですが、魔導剣士両手斧を扱えるのですな。ちなみにそのスキルランクはBのようです。

これをきっかけに、そもそも魔導剣士が装備できる最良の両手斧は何になるのかを調べてみたら、どうやらパルスアームズのライカーゴスが最も強力と言えそうです。

そもそもパルスアームズのうち、アンバスケードで入手できる素材の最終強化版のものはRMEAに次ぐ威力を持つものです。ジョブによっては最強の武器と言える場合もあるぐらいです。

そこでふと思いました。戦士でこのライカーゴスを使うのはどうか?です。私は戦士のレベルは99に上げてあるものの、自身のDDジョブとしては採用していません。戦士用のRMEAを用意するつもりもないのですな。

理由はいろいろですが、自身のDDジョブとしてすでにモンク暗黒騎士が用意済みだからというのがあります。

モンクにはウルスラグナを用意した上で、攻防兼備のDDという役目を与えていて実際にオーメンの各種中ボスやボスを討伐する際はこのモンクが担当しています。他のコンテンツでもDD盾としては、モクシャに秀でているため敵のWSの回数を最低限度に抑える事ができたり、マリグナスタバードモンク一式を装備することでそれなりの攻撃力を維持しつつ高い被ダメージ-(マイナス)と魔回避を実現できたりと、まさに攻防兼備と言えます。

暗黒騎士にはとにかくダメージを出すという純粋なアタッカーとしての役割を与えているうえに、シェレピアスの登場により、ジョブからターゲットを奪わずに可能な限りダメージを追求するというスタイルも確立できそうです。私のように両手鎌リベレーターを使っている場合、シェレピアスの「近接攻撃:MPを20消費して敵対心-20」のためのMPはWSのエントロピーを打つ事で簡単に補給できます。

属性で見ても打属性モンク斬属性暗黒騎士と言うように棲み分けができているので、ここに同じ斬属性両手斧戦士を追加してもDDとしての出番はない気がします。

そこで考えたのがアーマーブレイク士としての戦士と割り切って、RMEAではないパルスアームズライカーゴスのみを使うという枠内でどこまでやれるかということです。

良い結果が出せれば、私の持ちジョブにアーマーブレイク士という準支援ジョブが加わることになります。殴りコルセアみたいな感覚で捉えれば不自然はないかなぁと思っています。

アーマーブレイクが活きるのは敵1匹を物理属性で集中攻撃する場合だと思います。そう、今月のアンバスケード第1章のような場合でPTの総合火力がRMEAを持った場合と並ぶのであれば結果的に良いのでは?という考えですな。

逆にたくさんの敵を連続的に相手をするような状況、すなわちオデシーC乱獲のような環境だと活かせない存在となりますが、そこでも実際どれぐらいの数値が出せるのか試してみたいと思います。

パルスアームズならば初心者や復帰者でも十分狙える存在なので、実戦でそれを確かめるという意味合いも出てきますし、確認する張り合いも出てくるというものです。



2021/04/08 (木) / 12:22








アシストチャンネルという機能・サービスがあります。

今回はこれの活用方法を考えてみたいと思います。

このアシストチャンネルが実装されたのは2020年11月10日のバージョンアップで、実装の目的は新規プレイヤーや復帰プレイヤーのために、先輩冒険者がゲーム内で相談できる場所を用意しようというものでした。しかしながら実装から4か月以上たった今でも、Asuraワールドの日本語用チャンネルでは発言を1度として見たことすら無いです。

英語用チャンネルでは散発的なチャットが流れていた事をすぐに確認できたものの、これは見てても仕方がないのですぐにチャットフィルターをONにして見えないようにしたのでそれ以後の状況はわかりません。

さて、そんな状態について開発陣は今何を思うのか?

もぎヴァナでも話題にあがっていないことから、作ったら後は野となれ山となれの精神なのだろうと思いました。

そこで、費用を支払っている利用者側のとして、このチャンネルの活用方法を考えてみたいと思います。考えているのが /yell の代用としての使用方法。Asuraワールド在住の日本人は、どうやら業者の /yell スパムに対してブラックリスト機能ではなく、単純にチャットフィルターをONにして取り除いているプレイヤーも相当数いるようなのです。

これは逆に有益な日本語 /yell を全て見逃すことと同義であり、野良開催への参加を完全放棄するという、MMOで本来働くべき行動力学とは真逆の方向にプレイヤーを追いやっているように見えるわけであります。そこでこのアシストチャンネルで野良開催情報を流してみたらどうなるか?を試してみたいというのがあります。

「本来の目的や趣旨と異なる使い方をするな!」
というプレイヤーも発生するかもしれませんが、そういった意見を交えてアシストチャンネルという機能・サービスを資材としてどう活用するのがプレイヤーにとって最もハッピーなのか答えを出せるならそれが正しい利用方法な気がします。

少なくとも野良での開催事除法を流す事自体は「冒険者同士の相互協力」の範疇なので、私自身は本来の目的や趣旨に反するとは思っていません。ひとまず、開始するにあたってメンターにならないと発言権を得られないので、まずはメンターになるところから着手したいと思います。



2021/04/06 (火) / 12:39








再びプレイ日記ではないことを書いてみたいと思います。

長いです。ごめんなさい。

今回はロックスタイルについてです。ロックスタイルが何であるか?どうやって利用するのかといった情報はリンク先の用語辞典先生を参照してもらうとして、ロックスタイルの機能を一言で表すと「実際に装備している武防具とは別の装備品を外見として固定化できる」というものです。

つまるところ、常時オシャレ着をして過ごすことが可能となる機能なのですな。

オシャレと書きましたが、もちろんオシャレな恰好でなければならない理由はなく、自由です。私の場合はオシャレ着として大いに利用していて、それもこだわりがあったりします。

それをざっと紹介してみたいと思います。

まずは本垢のメインジョブの1つであるモンク専用のロックスタイルである↓のオシャレ着です。
twitter_ff11_prof.jpg
twitter_ff11.jpg

最初の頃はデーハーモンクなどと呼称していましたが、いかにも拳法家というイメージで決めた格好です。元ネタがあるにはあって、ここで初めてばらしてしまうと、映画「幽玄道士」に登場する特殊霊魂の恰好がそれです。そっくりに仕上げようとするならば、胴はウィンダス連邦制式礼服ではなく、青色であるバストゥーク共和国制式礼服の方が近いのですが、色合いの組み合わせを見るにこれに落ち着きました。ちなみに実際の武器はウスルラグナなのですが、これは外見がごつ過ぎるので極稀に使用することもあるレリックナックルの外見を採用しています。


次に、やはりメインジョブの1つである暗黒騎士ですが、こちらは武器に合わせて専用のロックスタイルを2つ用意しております。

1つ目は、題して「牧歌騎士」です。
2021_03_21_064850.jpg

・・・(^ω^;;)

これには裏設定を作ってあるんですな。

まず武器の外見がクワとなっておりますが、これの中身はアポカリプスなのですな。さて、アポカリプスですが、所持者は取得の際に知ることになる事実としてアポカリプスが人格を有しているというのがあります。これは何もアポカリプスに限ったことではなくレリックウェポン全てに共通することのようですが、このアポカリプスは「~まだ浴びぬ血を求め…………。」等と言ってくるあたり危険な狂気を帯びた凶器といって良いでしょう。

このアポカリプスの新たなる所持者となった私は思いました。この武器が血に飽きるほどの活躍の場を与え、それを達成できた暁にはこのアポカリプスにも平穏な余生を与えて自身の狂気を忘れさせてやりたい・・・・!

そしてこの所持者である私は2012年におけるFF11のメインコンテンツだったナイズル島未開領域踏査指令、いわゆる新ナイズルとレギオンで思う存分に使い倒し、多くの価値ある血を吸わせ続けました。そうした闘いの日々を終えた暗黒騎士の私は自らを牧歌騎士と名乗り、凶悪なモンスターではなく草を刈り取る生活に自らを落とし込むことでアポカリプスの強大すぎる狂気を開放し続けた日々から一転それを封じ込める日々に変えたのですな。これによりアポカリプス自身にも自身はクワであると錯覚させることに成功し、ついにこの凶器にも平和な余生を提供することができている、という裏設定です。

長い!

しかして、平和を乱すものが現れた場合はこのクワのをふるって応戦せねばならず、そんな時でもアポカリプスには草を刈っているんだべ!と言い聞かせるためこのような恰好を維持して牧歌騎士として生きているのです。

これが1つ目のオシャレ着の背景事情でした(マジ顔)。


2つ目の恰好はこれです。
2021_03_21_064949.jpg

これはいわゆるレベル75時代のアポ暗と言ったらこの格好!というのを再現したものです。ただし、武器はアポカリプスではなくリベレーターであるのと、は諸事情により赤いサングラスで代用です。この格好をしていると、やっぱり暗黒騎士だよな~ってしっくりくるのです。


最後に2垢のジャックのオシャレ着についてです。
2021_03_30_015353.jpg

まずは魔人の帽子を必ず着けているのが特徴です。ジャックが2垢として私に仕えることになったころに実装されたアイテムで、その当時は実用性もありましたから常時着けさせていたのですな。それがジャックのトレードマークとなり、実用性が薄れた今となってもロックスタイルのオシャレ着として採用している次第です。

2021_03_30_071443.jpg
2021_03_30_071510.jpg

両脚もほぼ同じ経緯で竜巻下衣が採用されています。は季節によってTシャツに衣替えすることもありますが、基本はこのケロナブレザを採用しています。

実は本垢のモンクとジャックのロックスタイルの姿は実物化されていて、部屋に下記画像の通り飾られております。
2021_03_20_103647(Sat)_a.jpg

作ったのは私ではありません。(さすがに無理です・・・)

私の部屋の中で飾る場所としては間違いなく特等席に値する場所です。

そんなわけでロックスタイルについてツラツラと長ったらしく書いてみました。そろそろもう1つ、独自性のあるオシャレ着を考えだしたいなぁと思っています。考えるにあたって全装備のグラフィックの一覧情報があるといいのですが、用語辞典先生といえどもそこまではさすがに網羅できていないようですので難しいところです。ちなみに電撃の旅団により発刊された本にFF11の「ファッション2005」という本があるのですが、これは当時のほぼすべての防具のグラフィックを種族ごとに一覧化した写真集だったのですな。

こんな書籍です
20210331_185644(Wed).jpg
20210331_185712(Wed).jpg

これの続編を是非とも出してほしいものです。結構売れると思うのですがどうでしょう!?



2021/04/04 (日) / 16:07








ヴァナ・ディールにおいて「ギダカマ」という言葉があります。用語辞典先生に質問してもズバリの記事はヒットしませんが、言葉としては確実に存在します。

ちょっと言葉を補足すると「ギダカマ詩人」となります。

これは下記の装備品全てを所持した吟遊詩人を指す言葉なのですな。
ギャッラルホルン
ダウルダヴラ
カルンウェナン
マルシュアス

上記4つの装備品の頭文字を取って「ギダカマ」です。

そして、どうもヴァナ・ディールにおいては「ギダカマにあらずんば詩人にあらず」という風潮があるような気がしてなりません。

確かにタイムアタックやスコアアタックをする上では必須、またはあった方がより良い・より簡単という面があるのは当然の事なのでそれは否定する気はありません。

ただ、日常的に行うコンテンツにおいて「必須」とするのはやりすぎな気がしています。その結果、吟遊詩人から/tellが来ずにひたすら「ギダカマ」の出現を待って /yell をし続けるリーダーがいたとしたら、それは実に時間がもったいないことだと思っています。

私の場合、アンバスケード第1章の「とてむず」やオデシーC雑魚でのモグセグメント稼ぎを野良で開催する場合は「3曲可」の文言を入れています。

タイムアタックやスコアアタックをする気がないからです。

それをやる気なら固定を組んで挑むことでしょう。

もちろん、ある程度の基準はもってます。アンバスケード第1章の「とてむず」で言えば1戦10分程度、オデシーC雑魚での乱獲で言えば最後のゴールタッチで約70万ギル行く程度は目指したいところです。

ただ、この基準に「ギダカマ」が必須か?というと否と考えているわけですね。

「そんな低い基準で野良やるな!出てくるな!!」
などと言う輩がいたら逆に
「そんな高い基準を求めるなら固定を組め!引きこもれ!!」
と言い返すと思います。(私なら、ですが)

という訳で「3曲可」の文言をいれているものの、今まで3曲吟遊詩人で応募/tellをくれたのは外国人以外にいません。思っている以上に「何か」問題がでることがあるのか?と最近思うようになってきたので、ここは自分で「3曲詩人」はどこまで私の示した基準に近づけるか、それとも超えられるのかを確かめてみたいと思いました。

とりあえず用意できるのは2垢ジャックの吟遊詩人です。

いっそ初心者の1stジョブとしてお勧めできるのかも確かめる意味で、まったく準備の出来ていない本垢のAsthelでやることも考えましたが、そのお題はいったん棚上げすることとしました。2垢のジャック、実はマルシュアス持ちです。第3期プレイとして復帰して間もないころに初めてイオニックウェポン作成ツアーに拉致られた際に作ったもので、ほぼ使用したことが無いです。

「ギダカマ」の「マ」だけもってる3曲詩人という枠組みで始めてみたいと思います。

残りの「ギダカ」それぞれの代替品は下記の通り用意しました。

ギャッラルホルンの代替品としてリノスのオーグメントで全歌+2の品、つまり合計で全歌+3の品を採用。

ダウルダヴラの代替品としてテルパンダーを採用。これが3曲詩人の由来とも言える品ですね。

カルンウェナンの代替品としてレガートダガーを採用。ただし、呪歌をかける時はこれではなく、ネイグリングトーレットを装備した方が良さそうです。

ちなみにマーチは、栄典の戴冠マーチを効果+4で約17.0%、栄光の凱旋マーチを効果+7で約27.05%となり、これを合算すると約44.05%となることから魔法ヘイストのキャップ値である43.75%を超えるようです。

これらの数値はWebサイト「リフキンはかわいい」様の記事「マーチのヘイスト一部だけ」を参照しています。これはギャッラルホルンの無い3曲詩人でも達成可能な数値です。具体的にマーチの効果+の装備を書き出してみると、

楽器:マルシュアス(+0)、リノス(+3)
首 :月虹の呼び子+1(+3)
両手:FLマンシェト+1(+1)

となり、達成可能なことが分かります。

なので(前衛向けの)3曲の基本は下記の3曲となります。
栄典の戴冠マーチ
栄光の凱旋マーチ
猛者のメヌエットV

ちなみに4曲詩人との差が仮に猛者のメヌエットIVの場合は攻撃力で最低 112 最大で 226 (指摘を受けて訂正しました) の差が出るようです。ただ、オデシーCに限って言えばクラリオンコールを使用した4曲維持が可能となるので、その場合の差は猛者のメヌエットIIIによるものだけで最低で 96 最大で 197 (指摘を受けて訂正しました) だけとなります。全攻撃力から見た時の比率で言うと差は小さくなっているはずです。これが実戦でどの程度、影響として現れてくるか?を確かめていく事になりそうです。



2021/04/03 (土) / 00:44








バージョンアップを3日後に控えた昨夜になって知った情報ですが、有益な割に次回のリバイバルで再登場した際に忘れていそうなので、今のうちに備忘録として残しておこうと思います。

アンバスケード大典1章に登場する「Bozzetto Rascal(トンベリ)」についてですが、下記の情報に出会えたのですな。

ありすさん、かぐらさんありがとうございます。
2021_03_31_070736_a.jpg

これはどういうことかと言うと、ボス「Bozzetto Rascal(トンベリ)」は、特殊技「断罪の光(TPリセット)」 ⇒ 胴斬り or 袈裟斬り 胴刈り or 袈裟刈り (が正しかったので訂正しました) ⇒ 背後から半透明の分身が不意打ちの3連携を使用するんですが、この時に受ける連携のダメージが大きく、最後の3撃目の不意打ちを受ける際に半透明の分身に正対して視線を合わせる事で不意打ちを不成立にさせれば「必ず戦闘不能にならない程度のダメージで済む」という錯覚があったという話です。

何が錯覚かというと、胴斬り胴刈り(が正しかったので訂正しました)の追加効果である「防御力ダウン」を受けた状態のままだと、視線合わせが上手くいっても結局3撃目が大ダメージとなり、結果として連携のダメージも大きくて戦闘不能に陥ってしまうというケースがあるのでした。

実のところ、これ自体は認識していて自身の2垢白魔道士の時はイレース連打したり、そうでない時はパナケイア使用を連打していればいいと思っていたのですが、これをやっていると操作が間に合わなかったり硬直があったりで視線合わせの方を失敗してしまう事もあって、結局ダメだったりしていたのですが、これをスマートに解決する方法があるというのがツイートの内容です。

ずばり、魔導剣士単体でも完結する行動です。

エンチャントルーンのゲールス(氷属性を帯びて耐風アップ)×3の使用とバエアロ(耐風アップ)を使用するだけです。

用語辞典先生の「防御力ダウン」の項目をよく読むと、この状態異常属性であることが明記されていました。そもそも用語「状態異常」には一覧で見易くまとめてくれてありました。さすがの先生であります!!

ということで、魔導剣士ならば自前で耐風を上げきる事でスマートに余裕をもって対処できるようになるはずです。

ただし、3連携の連携を無事に乗り切ったとしても、その際にボスみんなの怨念「みんなの怨讐」と「みんなの怨恨」(が正しかったので訂正しました)を合わせてくるとMB扱いなのかダメージ上限値の99999を受けて戦闘不能になるようで、これはもう避けようがないような感じです。が悪かったと開き直りましょう!



2021/03/31 (水) / 13:02





HOME / BACK

Copyright(C) 2019 Tomorrow Never Dies All Rights Reserved.
FF11画像⇒Copyright(C)2002-2019 SQUARE ENIX CO.,LTD.All Rights Reserved
当Blogに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標もしくは商標です。