FC2ブログ

«プロフィール»

Astel

Author:Astel
●管理者ページ
●ツイッター
Profile

FF11に関する私的ブログですが閲覧・コメント歓迎です。
パン鯖の時は Astel でした。

<<プレイ期間>>
・2004年3月~2013年4月
・2014年9月~2015年4月
・2019年2月~ 現在

«FC2カウンター»

«ブログ内検索»

«最近のコメント»

«最近のトラックバック»

«最新の記事»

«FF11リンク»

«カテゴリー»

«月別アーカイブ»

«FC2ブログランキング»

 »Entry.

   




Age of Empires Ⅱ Age of King -The Conqurers-

 1作目Age of Empires⇒AoE
 2作目Age of Kings⇒AoK

そしてAoKのエキスパンションがThe Conqurersであるので略称の流れにしたがって

 3作目AoC(Age of Conqurers?w)

と略されているようです。何にも知らない人には何がなんやらのウンチクですn


たぶんこれ発売から7~8年ぐらいは経ってると思うんですけどRTS(リアルタイムストラテジー)ゲームとしては随一の完成度を誇ってるためか未だにオンライン対戦が盛んに行われていたりします。
まぁIRCのローカルチャンネルでしかオンライン対戦はできない状況にはなっているような感じですがっ!

ちょくちょく#SIRENにて休止と復活を繰り返して来ましたが今回復帰してからの戦績は・・・・・


20勝33敗(^ω^;;)

上級ランクゲームに入ると負けが込むあたりまだまだなんでしょうなぁ(⊃Д⊂)
ちなみに復帰する前も後もずーっとランクは中級-・・・・名前はほとんど同じ、というか一時違いのを名乗ってたりします。

実は俺もAoCやってるYO!って人いたらSIRENなどで対戦しませんか?\(^-^)/



.
.
.
.
.
.
.
.

にしてもこんな神ゲーをマイク○ソフトが産み出しただなんて未だに信じられない俺がいまs



2007/05/23 (水) / 16:24








復帰して分かり始めたこと。
①帝王入り後にMAP端っこに市場を立てて交易することで大量に金生産する方法が主流らしい。
②前衛は柵りまくって篭って弓城主パターンが多い。

①はなるほど~って感じ。2年前にはまったくなかった発想ですねぇ。
交易経路さえ守れれば帝王でガンガン高価な兵が出せます。

②は2年前からありがちでしたが、さらにそれが極まった感。
柵&篭りは戦法として嫌いなので自分としては早めの槍三平or軍平。

もしくは2年前の対篭り主流戦法である後衛金鉱流れ&パック
という戦法で対抗したいですね
(続きはクリック!)



2006/10/07 (土) / 03:47








無性にやりたくなってAoCに復帰中。
ゲーム後は相変わらず左肩が極度に張って痛みが走るlololol

操作量多すぎw
スティック&マクロ1発なFFはやっぱ楽チンでいいなぁっと思ったり。



リハビリ第1戦
後衛ペルシア 負け。
家ミスしたりで遅めの即城、基本進化の練習はしてたもののやっぱりオンライン対戦だと慌てるね(´・ω・`)
こちらサイドが押されて乙。



リハビリ第2戦
前衛ペルシア 負け。
大金鉱、小金鉱ともに敵方面配置という素晴らしいアンラッキーぶり。
しかも相手の察知が早く7分頃にすでにパックされてる始末うぇうぇww

まったく役に立てずに乙。



リハビリ第3戦
後衛ペルシア、負け。
味方前衛が「相手槍三平」と報告していたのに
その前衛から斥候Rを食らってパニック。いい加減な報告するなやー。
まるで攻めてないし、グリアラで柵って篭る人多いな・・・と気づき始める。

これは槍三平以外の方法使ったほうがよさそう。
まぁおされて乙りました。



リハビリ第4戦
前衛ペルシア、勝ち。
相手が例によって柵って篭りそうだったので後衛に斥候Rで金鉱掘り襲撃。
前衛出してきた弓は三平で追い返したところまでは理想どおり。

がここで城主軍編成をミスというか無策でいってしまい攻めあぐねているうちに
帝王はいられて爆抜きされてしまい農民4人っうぇうぇうぇww

が味方ががんばってくれたおかげで復活&逃げ切り勝利。
城主軍編成の知識を呼び戻さないとな~



2006/10/05 (木) / 01:40





HOME

Copyright(C) 2019 Tomorrow Never Dies All Rights Reserved.
FF11画像⇒Copyright(C)2002-2019 SQUARE ENIX CO.,LTD.All Rights Reserved
当Blogに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標もしくは商標です。