FC2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

«プロフィール»

Astel

Author:Astel
●管理者ページ
●ツイッター
Profile

FF11に関する私的ブログですが閲覧・コメント歓迎です。
パン鯖の時は Astel でした。

<<プレイ期間>>
・2004年3月~2013年4月
・2014年9月~2015年4月
・2019年2月~ 現在

«FC2カウンター»

«ブログ内検索»

«最近のコメント»

«最近のトラックバック»

«最新の記事»

«FF11リンク»

«カテゴリー»

«月別アーカイブ»

«FC2ブログランキング»




プレイはしてるので少しは書こうと思った。

■貨幣収集状況
・・・・3割 /(^o^)\

本当に暇になったときのみ白門シャウトしてるんですが、予想をはるかに下回るスピードで買取中です。


■シャントット装備
基本性能とグラフィックが公開されてましたが、なんで竜巻モンク装備できないの死ぬの?;;とりあえずやるだけやってクリアして、また箱を見てニヤニヤするだけに終わるかもですが。

なにせ未だに、石夢とモグ交換してません。うーん。



2009/10/28 (水) / 20:33








リクエストがあったので、簡単に書いてみます。相当な亀ですが・・

最初にぶっちゃけてしまうと12人以上のLS、つまり普通の固定系花鳥LSだと意味がないやり方と思われます。理由は読めば分かると思われる。


【用意するジョブ】
赤忍+召喚1~5

倒すだけなら赤忍+召喚1から、ただしこの場合1戦2時間以上はかかると思われる(のでやったことはないです)。召喚2になればこれが半分の1時間ちょっと、3人になれば40分ぐらいといったようにその分早くなっていきます。ちなみにヘイトは頻繁にリセットするのでハイパー化の心配はないです。

ただ、召喚5人より多くても早さは変わらないと思われます。理由は後述。実際にやっていたときは召3ぐらいで1戦40~50分だったと思われます。



【メリット】
少人数の割に死亡する危険がほぼない。



【デメリット】
ご覧の通り、召喚縛りとなってしまう。

ACを頻繁に利用し、ネームが黄色ネームするため、悪意のある第3者集団などがいたら横取りされる危険性がある。しかし花鳥NMをわざわざ横取りするような集団がいるとは思えないのでこの心配は杞憂?



【やり方】
POPさせたら、ワジャームACまで連れてきます。AC付近に連れてくるまでは安全のためにPTは組んでおきましょう。

AC付近まできたらPTをばらしてヘイトをいったん切ります。赤忍はACする前にバイオ2をいれてスリップ管理スタート。



【赤忍の仕事】
もっとも重要な役な割に、もっとも暇な役。

バイオ2を管理してスリップを切らさないようにすることです。スリップがなくなるとモリモリ回復して長時間の削りが一瞬で消し飛びます。タイマーを用意して、またバイオ以外に余計なことはしない方がよい。ポイズンはかなりの確率でレジ・ハーフレジとなるので管理には入れない方がいいです。

また召喚がヒールしてる間にノスフェラが遠くにいきすぎない様に、連れ戻しの管理をすることも。



【召喚の仕事】
70履行→AC逃げで削っていくのみですが、AC逃げする際はペットを出しっぱなしにする必要があります。

MP節約のためにとわざわざAC直前に帰還させると、あっという間にノスフェラの攻撃がとんできてACする前に死んじゃったりします。これがアスフロだったりすることもあるので、ペットは出しっぱなしがいいです。

また出しっぱなしだと、召喚本体がACしてもペットは3~4秒ぐらい残ってくれて指示しておいた履行やオートアタックを行ってくれます。

AC付近でペットに攻撃指示
→ 一撃通常攻撃が当たったのを確認してから履行指示(これを怠り、ペットが攻撃ミスのみのときに履行指示するとタゲが本体に向いて死の危険があります)
→ ワジャーム側にでてから帰還指示
→ エジワにもどって以下くりかえし
→ MPがなくなったら満タンまでヒール


ちなみにノスフェラに限ったことではないですが、モンスターのネーム色が紫にみえてもヘイトがクリアになってる時点で黄色ネーム扱いだったりします。黄色ネームを待って行動する必要はないです。



【〆に注意】
PTをばらして戦っているので、当然のことながらそのまま倒してしまってはいけません。

〆が近くなったらPTをささっと組んで、グラビデをいれてからペットで一斉に攻撃を仕掛けましょう。

この〆の時が一番危険だったりするので、断罪の瞳や魅了を食らわないように注意してペットを仕掛けさせましょう。




ここまで書くと、召喚がせいぜい5人まででいっぱいになる理由も察しがつくと思いますが、この方法の場合、慣れても1人の召喚あたり10~15秒ぐらいノスフェラを占有する状態となるので、5人以上いても手持無沙汰になるわけですね。


自分たちの場合、トリガーは2~4人でしか育てず、戦利品ドロップのうま味がないがゆえにヘルプを呼ぶのに心苦しかったノスフェラがこれでやりやすく・・・・なったものの、別の理由で頓挫して個人活動ではやってないという、うーむ。



2009/10/21 (水) / 02:00





HOME

Copyright(C) 2019 Tomorrow Never Dies All Rights Reserved.
FF11画像⇒Copyright(C)2002-2019 SQUARE ENIX CO.,LTD.All Rights Reserved
当Blogに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標もしくは商標です。