FC2ブログ

«プロフィール»

Astel

Author:Astel
●管理者ページ
●ツイッター
Profile

FF11に関する私的ブログですが閲覧・コメント歓迎です。
パン鯖の時は Astel でした。

<<プレイ期間>>
・2004年3月~2013年4月
・2014年9月~2015年4月
・2019年2月~ 現在

«FC2カウンター»

«ブログ内検索»

«最近のコメント»

«最近のトラックバック»

«最新の記事»

«FF11リンク»

«カテゴリー»

«月別アーカイブ»

«FC2ブログランキング»




ブログの左側に載せていたリンクを整理しました。更新停止状態はいいとして、取り扱い内容が別ゲームに移行していたブログや消えてしまったブログ/Webサイトもちらほらあったのでそれらはリンク削除でよいかなと。

ちなみに今回の復帰にあたりエフエフアンテナに登録させて頂きました。このブログの読者は未来の自分だけでいい!とか孤独な狼を気取ってみる勇気はなく、どやぁ?感を滲ませつつ共感も得たいという哀れな発信者が必死のあっぴるです。

ところで、ゲーム環境がまるまる残っていたというのはコチラで書いたとおりなんですが、環境自体は2011年ぐらいからまったく変わっていなくて、特にゲームコントローラーは2008年ぐらいに我が軍が制式採用したバッファロー社製コチラの製品。今現在の価格が ¥6,300 に高騰していてびっくりしましたが、私が購入した際は激安セールで \600 ぐらいでしたからこれはお得と6個ぐらいまとめ買いしたんですね。コントローラーは消耗品という認識でしたし。

私にとってPSのアナログコントローラーが最高の形だったので、それに最も近くて安いこの商品は正に当たり商品でした。ただ、各ボタンの耐久度はちょっと低めで、1~2年毎日使い込むと十字キーやボタンの感触がヘタれて誤作動の嵐となり、そのたびに交換してストックもどんどん減っていきました。いま使ってるのが最後の世代なんですが、フルにボタンを使用するFF11だとかなり致命的な事故が起こる感触でいっぱいです。

これはヤクイ!という事で、我が軍の次期制式コントローラーの選考会が始まりました。

まぁFF11復帰の前からこの問題はちょっと認識していて、すでにいくつかの商品を試した事があるんですな。PS3と互換性もありPCでも利用可能みたいな商品も買ったんですけど、PS3での使用に問題なくてPCに接続してもドライバのインストールも行われたのに何故かコントローラーとしては認識されなかったりで、面倒だしまぁいいやって放置していた問題なのです。

でぇ、ちょっと真剣に探してエレコム社製コチラの製品を買ってみました。正直、形はしっくりこないのですが表面の素材とボタンの感触は良い感じです。しばらく使って問題なければまた買い貯めしちゃおうかなぁと思います。

今日はAAシリーズのフェイス取得をやってしまいたいと思います。

難易度「ふつう」で昨日ボロ負けしたAAGKの再戦からですが、メリポももったいないので「とてやさ」でで突入です。『勝利して支配する』!それだけよ・・・それだけが満足感よ!過程や・・・方法なぞ・・・!どうでもよいのだァーーーッ

どうだ!この難易度の低さはッ!勝ったッ!死ねいッ!
2019_02_06_b.jpg

・・・・・・勝ちました。そしてル・ルデの庭のNPC"Jamal"に話しかけた時に気づきました。これって自分でエミネンス・レコードの目標を設定しておかないといけないものだったんですね。用語辞典先生の授業をよく聞いてなかったツケが回ってきました。中高生がテスト範囲を微妙に間違えてしまうアレです。

今度は目標をキチンと設定して再戦し、無事にAAシリーズのフェイスを順次取得した次第です。にしてもAAEVはほんと大きいですねぇ。リアル身長になおすと3メートルぐらいありそう。

おっきなエル♀お姉さまハァハァ
2019_02_06_c.jpg

AAシリーズを全て取得し終えた後は所持アイテムの把握を進めたり、やることを考えてました。で、このようなアイテムを持っている事を発見しました。

2019_02_07_a.jpg

これは神オグメってやつじゃあないですかぁーーー。ジョブポ稼ぎはいずれ手をつける必要があると思うのでこれは心強い味方です。まぁどうやって稼げばいいかはさっぱり分からない段階ですが。



2019/02/07 (木) / 20:49





HOME

Copyright(C) 2019 Tomorrow Never Dies All Rights Reserved.
FF11画像⇒Copyright(C)2002-2019 SQUARE ENIX CO.,LTD.All Rights Reserved
当Blogに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標もしくは商標です。