FC2ブログ

«プロフィール»

Astel

Author:Astel
●管理者ページ
●Twitter
●Twilog
Profile

FF11に関する私的ブログですが閲覧・コメント歓迎です。
パン鯖の時は Astel でした。

<<プレイ期間>>
[第1期] 2004年3月~2013年4月
[第2期] 2014年9月~2015年4月
[第3期] 2019年2月~ 現在

«FC2カウンター»

«ブログ内検索»

«最近のコメント»

«最近のトラックバック»

«最新の記事»

«FF11リンク»

«カテゴリー»

«月別アーカイブ»

«FC2ブログランキング»




前日のプレイ時に2垢の焼印エミネンス・レコードを受領しておくのを忘れていた事に気付き、急遽2キャラ+フェイスで「とてやさ」のアンバスケードをやる派目になりました。この時になって「6属性バ対応」というのを初めてやってみましたが、2垢でやれますな。ケアルをフェイス任せにできる「とてやさ」なら・・・ですが。

モ/戦 白/黒 +アプルル(UC)・コルモル・ウルミア・ヨアヒム
2019_05_07_a.jpg
2019_05_07_b.jpg

その後はポイントを交換しちゃうことにしました。この時点でVUまでにプレイできそうな回数が1~3回という見込みで不安定だったので、さすがに今回はセルフチキンレースは封印としたわけですな。

そしてアンバスケードのポイント交換言ったらこの記事の出番であります。熟練のプレイヤーだと見ないでも覚えてしまってるんでしょうなぁ。

ちなみに今回を機にモンクの通常攻撃用のセゴモマントのオーグメントを下記のように "STR+20" から "DEX+20" に変更してみました。

変更前 "STR+20"
2019_03_24_d.jpg

変更後 "DEX+20"
2019_05_07_c.jpg

通常攻撃に "STR+20" は中途半端な強化なのできっぱり命中力重視に統一としました。これでポイント交換は完了・・・とはいかず、交換に迷うような半端なホールマークもガラントリーも数千ポイント発生してしまったので、これは後日ゆっくり考えようということでこの日の交換を後にしてしまったのですが、これは立派なフラグ立てだった事が後日に判明します。

orz



2019/05/11 (土) / 16:02








ちょっとポイントが足りない感じでしたのでまたまたアンバスケードでした。いちおう、「6属性バ対応避け」ができるということでこの前と同じようにナイト魔導剣士無しの構成を作りました。

モ/戦 戦/侍 青/戦 コ/忍 白/黒 吟/白
2019_05_06_a.jpg

手始めに「ふつう」でPTの火力やPTの動作確認です。

んが!

どうも「6属性バ対応避け」ができないようです。「6属性バ対応避け」の成功率がほぼ100%でないとによる「むずかしい」連戦は不可能と言って良いです。

今回のお題についてソロ2キャラで調査していた時はHousemaker役の動かし方を実践したのみで、6属性バ対応避けまでは自身で確認しておらず、その難易度は不明だったんですな。なので、「6属性バ対応避け」有りの「むずかしい」は放棄して「ふつう」を高速で回す事にしました。

何戦かやったところで終了です。

この日の終了時の数値:
モンク消費ジョブポイント 1064/2100



2019/05/11 (土) / 08:14








ついにクエスト「モグの書」が発生しました。
2019_05_05_a.jpg

ユグナス取得を思いついてモグガーデン開発を始めたのが、プレイ日記によると「[復帰11日目] 2/11(月)」とありましたから、ここまで約3ヶ月かかってますな。

さっそく黄金スコップ勲章も取得して・・・と行きたいところですが、2垢も一緒に進行させないと二度手間になるので、2垢でのクエスト発生待ちとなります。

あとは日課のモグガーデン見回りとオーメン詰みルートの周回をやったぐらいなんですが、SSを見返すとモンクのWS装備を1つ進化させたよです。

テンプレモンク様の真似です。
2019_05_05_b.jpg

ジョブマスターへの進捗確認として、なるべく節目に数値を確認する事にしました。

この日のオーメン詰みルート開始前の数値:
モンクジョブポイント 996/2100



2019/05/11 (土) / 01:55





HOME

Copyright(C) 2019 Tomorrow Never Dies All Rights Reserved.
FF11画像⇒Copyright(C)2002-2019 SQUARE ENIX CO.,LTD.All Rights Reserved
当Blogに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標もしくは商標です。