FC2ブログ

«プロフィール»

Astel

Author:Astel
●管理者ページ
●Twitter
●Twilog
Profile
Profile

FF11に関する私的ブログですが閲覧・コメント歓迎です。
パン鯖の時は Astel でした。

<<プレイ期間>>
[第1期] 2004年3月~2013年4月
[第2期] 2014年9月~2015年4月
[第3期] 2019年2月~ 現在

«FC2カウンター»

«ブログ内検索»

«最近のコメント»

«最近のトラックバック»

«最新の記事»

«FF11リンク»

«カテゴリー»

«月別アーカイブ»

«FC2ブログランキング»

Tomorrow Never Dies

FF11の私的なプレイ日記





------------------------------- 日記件名 -------------------------------
あとはモンク上げるだけ(・e・)

------------------------------- 日記本文 -------------------------------
remaster_39.jpg

------------------------------- コメント -------------------------------
Tunis > おめでとー(≧▽≦)ノ ってか、画像凝ってるw (12/14 00:27)
Esa > おめめ、目玉焼きにしようz(・w・) (12/14 16:07)
Astel > ありが㌧(´・ω・`) この画像、1度は使ってみたかった・・・w (12/15 14:30)

------------------------------- ここまで -------------------------------


3rdジョブにして初のメインジョブモンクにしようと決めたその日からとることを自らに義務付けた黒帯の取得に必要なアイテムが全て揃ったことを意味する日記ですな。

「あとはモンクを上げるだけ」と書いてあるようにレベリングを終えていない状況で先に黒帯のアイテムをコンプリートしていたわけですが、そこまでの準備をしてからモンクをやり始めた人は、当時まだ少なかったと思います。当然、黒帯以外の装備も最高峰のものを用意してレベリングに臨んでいたものの、当時のレベリングはかなりつらいものがありました。

なぜか?

それは、当時の相方だったMilcookieと固定を組んでレベリングをしようということになっており、その彼女のジョブが召喚士だったのですな。モンク召喚士を固定のセットにしたレベリングというわけです。当然ながらレベリングでは敬遠されてしまう組み合わせです。なので、強制的に私のジョブ特性オートリーダーが備わったのは言うまでも無い訳でありまして・・・。

とはいえ、召喚士の呼び出したイフリートの履行技パンチ乱撃による連携Lv1核熱をスムーズに出しまくったり、いろいろ工夫して戦っておりました。

ちなみに黒帯のアイテムはいずれも外販で手に入れました。

覚えている限りですが、最初に入手したのはベヒーモスの舌で、フレンドのAtemからHNMLS所属のAkimuさんを紹介してもらってコンタクトを取り50万ギルでの購入でした。

次に入手したのはウィルムの逆鱗で、これは当時の相方だったMilcookieを介してやはりHNMLS所属のP氏、P氏は現在もなお現役プレイヤーかつ私がLegendaryPlayterとして勝手に認定しているお方から700万ギルで購入しました。

最後が今回のプレイ日記にあるアダマンタスの卵の入手だったわけですが、これは慟哭の谷にしつこく通って自ら倒そうとしたり、もしくは現地のHNLMLSの方で戦力が足りていない時に助力を申し出ていたら快く迎え入れてもらえたりで100万ギルで購入することができました。

当時の金額でも総額850万で済んだのは安めだったと思います。

ちなみに苦労して入手したこの黒帯も、第3期プレイに入った時には最終装備品から格落ちしていまして、今は装備しておりません。ただ、金額以上の恩恵を私に与えてくれたとても思い出深いアイテムだったことは間違いないのです。



2021/02/28 (日) / 07:49








オデシーCはいつも2日に1回は野良で主催しており、それは厳しさを感じないのですが、この日は違いました。何故かと言うと、本体のAsthelではなく2垢のジャック単独で主催してみたからです。

普段であれば、魔導剣士釣り役や、DD枠としてのモンクのある本体に加えて、相方の白魔道士と2垢のジャック風水士が自動的についてくるので、主催してメンバーを集めきる事に左程の苦労を伴わないのですが、この日はあえてジャック単独で開催に挑んだところ19時から募集を開始して6人のメンバーを集めり終わったのはなんと20:20頃でした。80分もエールし続けていたことになります。

いやぁ・・・辛かったですハイ。

まぁジャック単独で開催した理由が、マリグナスタバード一式 をコンプリートして殴りコルセアとしての装備がほぼ完成したのでそれを使って遊んでみたかったのと、今は「春寒料峭でも元気に育成キャンペーン」の真っただ中でキャパシティポイントステップアップキャンペーン-HQの効果によりオデシーCで一石二鳥、一粒で二度おいしい状態だったからなんですけども、この主催の厳しさには参りました。。

2回やるつもりでしたが時間の都合もあり1回で終了でしたし。

ただ、深夜になって所属LSでの固定開催に欠員がでたところにジャックのコルセアで参加することができたのですな。これにより2個目のモグパケットも消費することができた上に100ポイント以上のジョブポが入手でき、良い結果で終えることができました。

さて、「春寒料峭でも元気に育成キャンペーン」の真っただ中と言えばダークマター アーケイン・グリプトキャンペーンのことも忘れてはいけません。

まだ終わったわけではないですが、いつもは引きの悪いジャックで2つの装備をアップグレードさせることに成功しました。下記2部位のリフレシュ+2の装備品です。

主に青魔道士で使用します
2021_02_27_004605_a.jpg
2021_02_15_120756_a.jpg

ただ、オーグメントの成功品が増えてくるとたまに無駄なオーグメントをしてしまうことがあります。何の何処の部位で最高値を持っていたか把握しきれずに無駄なオーグメントをしてしまうというのがほとんどなので、これを機会にオーグメント状況を自身向けにまとめてみます。

ヘルクリア装備リフレシュ
本体:5部位で+2を達成
ジャック:頭なし、胴で+1、両手・両脚・両足で+2を達成
備考:ジャックの頭はローハイドマスクで+1を、胴はメコスチネハーネスで+2を代用が可能。

ヘルクリア装備トレジャーハンター
本体:胴と両足で+2を達成
ジャック:頭と両脚で+2を達成
備考:メインジョブシーフ以外では合計+4までしかトレジャーハンターは有効にならないため上記のそれぞれ2部位で完結。

ヘルクリア装備ファランクス
本体:頭と両脚で+5、両手と両足で+4、胴で+3を達成
ジャック:両脚で+3のみ
備考:特になし

カイロン装備"リフレシュ
本体:今のところ不要につき無し
ジャック:両脚と両足で+2、両手で+1を達成
備考:ジャックの頭はビファウルクラウンの+1、胴は白魔道士であればTEブリオー+3の+3や赤魔道士学者であればジャリローブ+2の+4で上位の代用が可能なので不要。

書き出してみると何を優先すべきか分かりやすくなりました!



2021/02/27 (土) / 14:19








この2日間は特筆すべきことはなかったかなぁという振り返りになってしまいそうですが、そうは言ってもFF11をプレイしていたことに間違いはないのでプレイ日記を書く次第であります。

青魔道士2人3キャラで詰みルートにジョブポイント稼ぎやカード目的でよく行くのですが、ウェルカムバックキャンペーンの影響なのか、平日20時台で待ちの組数が10を超えていました(;´Д`)

1回は入場したのですが、2回目以上は待っていられん!ということで、空いてそうなApex狩場であるシィの門でジョブポ稼ぎをしてみました。青2黒+フェイスという構成で、シャンデュシニュの連打による偶然の連携に黒魔道士でMBするという適当構成です。

シャンデュシニュ!!
2021_02_24_215454_a.jpg

これが結構スムーズにいけまして、30分ほどで30ジョブポイント以上は稼いだと思います。ガチのジョブポPTだと時給100超えは当たり前かもしれませんが、フェイス入りで適当なのでこれでも十分満足であります。

にしても・・・シャンデュシニュって読みにくいし書きにくいですよね。ゲーム内ではいつも「しゃんで」までをうってからTabキー変換で出しています。この機能だけは素直に便利だと思うので実装してくれたことを感謝しています。

ただ・・・できればありとあらゆる用語や全アイテム名がデフォルトで変換できるようにしていただきたいものです。小ネタですが、アイテム名のTabキーはデフォルトだとそのままでは出てこないことが多く、一度、アイテム欄などで目的のアイテムをしっかりと表示させた後で、何も入力していない状態でTabキーを押してすぐに↑キーを押して〔アイテム〕を選択するとTabキーで変換できるアイテム名の一覧がでます。そこにソート順で現れるようになり、そこで一度でいいのでTabキーで変換するとその後ゲームを終了するまでの間はTabキーですぐ出てくるようになります。

・・・わかりにくいですかね?

2日に1回のオデシーCでのモグセグメント稼ぎもやっておりました。この日の2戦目には今週の土曜日から新規で開始する固定活動のメンバー4人が偶然ながら集まっての開催となりました。残りの2人はホームLSの面々です。

身内ながらガチっぽい構成でやれてました
2021_02_25_214235_a.jpg
2021_02_25_214236_a.jpg

最後はダイバージェンスでした。

入場前のアデニウム頭の3人によるインペリアルクロス的な布陣
2021_02_25_221659_a.jpg

以前にも書いたように最近は戦力としてのレギュラー参加が求められているので魔導剣士での出動です。今回はジュノで、かねてより計画のあった属性のWSに特化した構成でW3の雑魚をどれぐらい狩れるかの実験的な構成でした。

この目的のためW1のボスを直行で倒し、W2のNM以外を倒してからW2のボスを撃破→W3の雑魚という進行で、W3の雑魚はサークル3個分を破壊したところで時間が来てしまいました。

2021_02_25_233358_a.jpg
2021_02_26_000843.jpg

流れてきた黒の残魂は7個だったので金策として悪くない選択肢だと思いました。というわけで、結局がっつりFF11プレイの2日間であったわけであります。



2021/02/26 (金) / 09:29









------------------------------- 日記件名 -------------------------------
特等席

------------------------------- 日記本文 -------------------------------
remaster_38.jpg

じゃっかん柔らかい素材でできていたので座り心地はよかったです(´・ω・`)

------------------------------- コメント -------------------------------
Tunis > なんでそんなとこに・・・密航ですか?(・w・ (11/09 23:22)
A*****u > ええのお、私もそこに乗りたいんじゃよおw (11/10 23:05)
Astel > 簡単に乗れる時とどうしても乗れない場合がある(ノ∀`) (11/11 16:29)

------------------------------- ここまで -------------------------------


前々回の復元日記「[復元日記#36] 2005/10/03 18:08」と同じネタですな。

ちなみに一緒に写っているキニぽんことKiniasuは私の周りにいたFF11プレイヤーの中で断トツの若さを誇っており、FF11発売時に中2でプレイを開始したという年下ながら先輩プレイヤーでもありました。彼はホームLSの中では、私と私の最古のフレンドであるプレイヤーに次いで3番目に長くヴァナ・ディールにいたプレイヤーでしたが、その彼も2012年頃にはFF11から離れていきました。残念です。



2021/02/25 (木) / 13:00








毎週月曜日になったらやること、といったら結構あると思います。まず大抵MAXの99,999に達しているエミネンスポイントの換金(アケロンシールド)と、ユニティポイントダイヤルキー#SPと交換する作業がありますな。

そして、日にちが変わったら再度受けることができるエミネンス・レコードの受けなおしだったり、今だったらダークマター アーケイン・グリプトキャンペーンのオーグメント付与12回だったりがありますし、フェイスのモンブロー先生への寄付などというのもありますね。

そして忘れてはいけないのがWeeklyのエミネンス・レコードアンバスケード目標で焼き印を回収することです。

ということで月曜日はアンバスの「とてむず」をやっていました。確か遠隔構成で、ナコココ風白でした。

コルセアが3人そろった場合のロールは
カオスロール
サムライロール
ハンターズロール
タクティックロール
ワーロックスロール
ウィザーズロール
の6つという豪華な支援が付きます。

それに加えて、今回は風水士のサポを学者にして範囲化した妖霧の陣を維持するようにしました。これによりレデンサリュートのダメージアップが見込めます。

今回は1戦10分ちょっとかかりましたが、銃弾の補充が間に合わず2戦で終了しました。



今現在だとキャパシティポイントステップアップキャンペーン-HQの恩恵があるので、珍しくジョブポPTをやってみようと思いました。ジョブは、自分のプレイスタイルだとジョブポが稼ぎにくい本体Asthelのコルセアと2垢ジャックの黒魔道士の組み合わせです。

この場合、MBを狙うと効率がよさそうです。

また、狩場も重要です。なぜなら我がワールドAsuraでは非常に多くのt-rを使用していると思われる全自動で24時間稼働しているジョブポイント販売のパーティが狩場を占拠しているからです。

私はそういった混雑をさけてシィの門の Apex Leech がいる広場でやることが多いです。今回もそこでレデンサリュートサベッジブレード一人連携分解を出して、そこにサンダーを撃ってました。VIとVの2発で大体削り終わるのですが、なかなか安定して確実な一人連携を継続するのが難しいのですな。

そこで珍しく、というか初めてジョブポPTメンバー募集のエールをしました。町に戻ったついでのことだったので、応募が付かない状態で再び出発しようとしたところ、お一人コルセアさんからtellが頂けました。相談したところ、レクイエスカットサベッジブレードの連携で分解を出すのが良いということになりました。

2021_02_23_172702_a.jpg

これがなかなか上手くいきまして、1時間で60メリポほど稼いで終わりとなりました。キャンペーン中にもう1度ぐらいはやりたいものですね。



2日に1回やっているオデシーCでのモグセグメントも終わって、そのポイント数が約55,000にまで達しました。今週の土曜からオデシーJ(シェオル ジェール)シグリ(Sgili)討伐の固定活動が始まる予定なのでガンガン消費していくことになると思われます。

さて、この2日間の最後の夜23時付近でまたアンバスケードをやろうと思い立ってエールしたところ、以前、私の開催にご参加いただいたD氏から「4人そろってるので合流しませんか?」というお誘いを頂けました。相談したところ近接構成がよかろうということで忍忍モコ吟白が完成。

近接でバリバリ殴れます
2021_02_23_235440_a.jpg

今月のアンバスケードが初めてという忍者さんがいたこともあり、はじめ2戦は敗退気味でしたがその後は3連勝して有終の美を飾りました。また懲りずに開催すると思います!



2021/02/24 (水) / 12:18









------------------------------- 日記件名 -------------------------------
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

------------------------------- 日記本文 -------------------------------
remaster_37.jpg

日曜にようやくPMをクリアできました。

3,4月から毎週コツコツやりだしたので約7ヶ月ほどかかったか?w
長かったなぁ。。

ボス戦はたいがいナイトで参加していたものの、盾はピンポイントでしかやっていなかったりする。ほとんど忍盾で臨み、自分は極的な殴り装備でケアルしたりフラッシュしたり・・・ええ、楽しかったねww

ラスボス戦のSS、いつものことながら取り忘れたのでエンディング中の一番きれーなところをパチリ
うーん、この人の着ている鎧 ナイトに実装してくれんかなぁw


まぁいろいろ言われてるけど、個人的には世界観がいろいろ明かされる内容でストーリーとかも楽しんでましたよ(・w・)b

残るミッションもサンドリアを残すのみ、アトルガン前にフルコンプだー
.
.
.
.
.
報酬の指輪は"もちろん"ラジャスを選択(´∀`)

------------------------------- コメント -------------------------------
A*****u > おめでとー^^なかなかいい絵じゃのお^^ (10/24 20:59)
Tunis > おめでとーヽ(´ー`)ノ (10/27 23:55)

------------------------------- ここまで -------------------------------


というわけで拡張データディスク「プロマシアの呪縛」の全ミッションをコンプリートしてそのエンディングを見れたよ!という内容の日記ですな。

プロマシアミッションのミッションとしての最後は「呪縛ほどけるとき」が該当するのですが、これが実装されたのが2005年7月19日のバージョンアップだったようですので、それに遅れること約3か月でのクリアということです。

割と早い方だったと思われます。

プロマシアミッションは、世間では絆ブレイクだの酷評されていたような気がしないでもないですが、自分には楽しかった思い出しかないです。絆はむしろ深めてくれましたし。序盤の3国プロミヴォンフォミュナ水道でのMinotaur(みのたうるす)戦こそ野良でクリアしましたが、その後のミッションはLSの有志で固定を組んで進めることになりまして、とても仲良く、時にはエキサイトもしながら進めることができましたから!

ただ、残念ながら当時いっしょにクリアしたメンバーは2021年2月現在では誰も残っていません。第1期プレイ(2004年3月~2013年4月)の末の時点ですでに全員がFF11から離れていたような気がします。

楽しかった思い出としてここに残すものであります・・・。



2021/02/22 (月) / 20:11








時をさかのぼること、この4日ほど前から下記の募集をしておりました。

ツイッターでも告知していました
twitter_2021_02_18_220345_a.jpg

この募集に応募者が現れてくれまして、無事に固定PTが完成しました。毎週土曜21:30からの活動としてなるべく短期で終えて次のオデシーJアイテムの固定が組めるようにしていきたいと考えています。慣れてきたら同時並行で固定PTを別に組むのも良いかなと思っています。

というか、欲しいアイテムごとに固定PTを組まないと満足のいく結果は得るのが難しいのではないか?と考えております。開発陣は何を考えてオデシーJ(シェオル ジェール)の仕様を作ったのか謎すぎます・・・。

他にも土日なので色々しておりました。

復帰2年して今さら気づいた不要アイテムの整理
twitter_2021_02_20_001931_a.jpg
twitter_2021_02_20_001948_a.jpg

ふと日曜の朝に /sea all してみると・・・
twitter_2021_02_21_093921.jpg

なんと4000人弱いました。

ウェルカムバックキャンペーンかつ、欧米のゴールデンタイムに入り始めた時間帯とはいえ、Asuraワールドの盛況っぷりが伺えます。



さようなら。ケット・シー
twitter_2021_02_21_153843.jpg

プレイ日記「1/25(月) マリグナス装備をコンプ(2回目)」に書いたようにリリ活を終えていたのですが、その後は代わりに「猫活」をしていました。すなわち、ケット・シーBFである「★暁よりの使者、再び」の連戦です。

目的は召喚士装備でした。

ただ、この「猫活」をする以前に友達であるGolden893のパルーグクラウン取りを手伝った際に、2垢のジャックはパルーグリングパルーグピアスは取得済みでした。

なので目標は
パルーグクラウンを2つ
・リングとピアスの(2つ目)を1個ずつ
でした。これで2垢の装備が同一に近づきます。

そういうわけで難易度「ふつう」で「猫活」していたのですが20戦ほどでクラウンが2個、50戦行かないうちにリングとピアスが出てめでたく終了となりました



飛命中装備が整ったコルセアを使ってみたかったので、いつものようにアンバスケードの「とてむず」を野良で開催し、今回はナ狩狩コ赤風というPTで3戦して3勝!

カチャッ!カチャッ!キュイーンッッ!
2021_02_21_182353_a.jpg
2021_02_21_182357_a.jpg



さらに日曜の夜はダイバージェンスでした。ダイバージェンス、従来は非レギュラーメンバーだったので参加は任意かつ戦力外だったのですが、最近は一時的に不在のレギュラーが出てしまっているため臨時でレギュラーメンバーとして参画し出しています。ジョブは本体で魔導剣士による釣り盾です。

基本、突っ込んでバニシュガフォイルをするだけです。あとは適当なタイミングでファランクスなどの各種強化魔法を維持するだけの簡単なお仕事であります。

簡単簡単
2021_02_21_230900_a.jpg
2021_02_21_234226_a.jpg

あれ?^^;;;
twitter_2021_02_22_000012_a.jpg

これは、魔導剣士魅了されて盾役が消えた瞬間に青魔道士の足止め系範囲魔法がかかっていないという事態も重なって、その青魔道士が一斉に殴られて次々と戦闘不能になり、文字通り溶けてしまったかのごとく全滅という結果になったものです。たま~にあるようですね!

といったところのプレイで土日を終えたのでした。



2021/02/22 (月) / 12:54








前回のプレイ日記「2/17(水)~2/18(木) こ、こやつ・・・強い!」の最後に書いたように、ウォンテッドNM「Glazemane(ぐれーずめーん)」に10敗ぐらいしていったん戦略的撤退を選択した訳なのですが、こいつってコンテンツレベルは128なんですよね。

諦めるわけにはいかない・・・!

と思いつつも2垢ソロでいい打開策が思いつかないまま、UchinoLSで短剣クスタウィ+1を取るとコルセアの飛命中が大きく上がるけど、これを落とす「Glazemane(ぐれーずめーん)」に勝てずじまいでした~、とラジオ放送のごとく呟いたところ、チョコボ紳士興味をもってくれまして、一緒に戦ってくれることになりました!

忍 忍 モ/忍 風+フェイス×2の誕生であります
2021_02_19_170715_a.jpg

空蝉の暴力により無事に20連戦ぐらい消化でHQもでました
2021_02_19_175331_a.jpg

目的としていたアイテムはこんな感じです↓
2021_02_19_182239_a.jpg
2021_02_19_182241_a.jpg

これだけで飛命中が+65になるのですな。そして、これを組み込んだ結果、コルセアサポ忍での素の飛命中が1328、飛攻1237まで上がりました。かなり実用的な数値になったのではないでしょうか!

ということで早速、野良のアンバスケードエールに乗ってこのコルセアで出撃してみました。役割は赤巨人に遠隔攻撃レデンサリュートです。

狙えー筒!
2021_02_19_214626_a.jpg
2021_02_19_214653_a.jpg

デスペナルティは持っていないこともあり、私のレデンサリュートはさほどの完成度ではないのですが、無事に1戦12分ぐらいで2連戦をクリア!

そして最後に、野良のオデシーCに参加してみました。実はこの日、21時頃に主催でオデシーCのモグメント稼ぎをエールしていたのですが、まったく応募がつかなかったのでいったん取りやめていたのですな。

そして、アンバスケードが終わると同時にM氏のオデシーCエールを見てすぐに/tellをいれたところ、コルセアでの出撃となりました。イヤッフゥー!

殴りサベッジコルセアです。
2021_02_19_231218_a.jpg
2021_02_19_231951_a.jpg

ちなみにこれが野良でのオデシーCには初の参加だったのですが、M氏はなんと白魔道士サポ踊り子片手棍二刀流でがっつり殴りに参加してました。これはSU☆GO☆I☆!

そして、いまだギフト1000未満のコルセアで参加するとジョブポが旨い旨い!

というわけでたまには野良で参加する側に回るのも良いですな。



2021/02/20 (土) / 17:30








2日に1回、野良で開催しているオデシーCでのモグセグメント稼ぎのやり方をちょっと変えてみました。

今までは説明するのが面倒という事もあり、自身はDDのモンクとして参加して敵は1匹1匹つっていくか、吟遊詩人がいる時は、達ララ釣りをしてもらったりしていて、このやり方だとかなり細かい移動も伴って戦闘の間隔時間が長めに感じていました。さらに、魔法感知の相手だとかなり事故が発生していたので、このやり方を変えてみました。

自身が魔導剣士でまとめ釣り兼役を兼ねて、さらに2垢の風水士からケアルをしてジオフレイルをしっかり敵に効かせるなどの変更をしてみました。

これによりDD枠は1つ減るのですが、敵が1か所に集まる分、戦闘の間隔時間は減って効率は良くなった気がしました。さらに雑魚だけでなく、FF11りがみり報告書で有名なりがみりさんの下記の動画

【FF11】モグセグメント稼ぎ【解説付き】


を参考に獣人サークルとNMもやることにしました。動画の内容からメモ的に抜き出した内容が下記の通りです。
1体目:Chaos Steward 突耐性 タムルトの体液 オディリックサブタ破魔の刃を使う
2体目:Asena 突耐性 サラマの皮
3体目:Lotanu 打耐性 ヒットヘーグの鱗

ただ、この時は1体目しかやれませんでした。野良だとどうしても戦力ややり方でばらつきが出てしまうので仕方がないのですが、この時は変えたやり方に私自身が少し戸惑ってゴールタッチすら失敗していまう始末でした。もう少しうまくならないと野良でのリピーターから敬遠されかねません。頑張りたいと思います。

あとは近接構成でアンバスケード第1章を野良開催していました。構成は前回の「2/15(月)~2/16(火) アンバスを近接構成で!」の時の構成の吟遊詩人コルセアに変えただけの忍忍モ赤コ白だったのですが、前回よりも事故が発生したりで15分以上かかってしまいました。近接構成だと火力だけでなく、慣れの部分でもかかる時間の上下が大きくなりそうです。

自身はモンクで赤と青の両巨人の削り調整です
2021_02_17_233655_a.jpg

他には、召喚士用の装備として本体のAsthelが持っていないパルーグピアス取りにケット・シーBFの「ふつう」を14戦ほどしていました。初めの20戦ほどでパルーグクラウンを2個ドロップさせた反動か、その後の20戦ほどでノードロップ記録を更新で終わりました。

殴るだけなので楽ちんではあります
2021_02_18_021705.jpg

そして、コルセア遠隔攻撃用の装備としてクスタウィ+1という短剣があることを知り、これのオーグメント最終強化版だと飛命がなんと+65にもなるというのですな。

これは取りに行かねば!

これをドロップするのはウォンテッドNM「Glazemane(ぐれーずめーん)」というモンスターで、さっそくぶっ転がしにいったところ、

殴れー!殴れー!
2021_02_18_141742.jpg

んが!

負けました。

それも10回ぐらい。

こやつ・・・強い・・・!!

ま、負けを認めたんじゃないからね!また来るんだからね!!

orz



2021/02/19 (金) / 19:51








前回にて2011年4月下旬に完成したウルスラグナ(Lv90)までの振り返りが終わりました。この丁度2年後の2013年4月末頃にいったんFF11から離れることになり、第1期プレイとして区切りがつくことになるのでそこまでを振り返ってみたいと思います。

●2011年6月25日
エインヘリヤルLSの活動が終了>

はっちん(Hatu)からLSの運営を任されていたエインヘリヤルLSの活動が終了しました。記録に残っていないので正確な設立時期は不明ですが、おそらく2008年の6月には活動を開始していたはずなので約3年間の活動でした。最後まで残ってくれたメンバー全員で記念のSreenShot(SS)を撮って終わりとなりました。

未だ現役のプレイヤーはモザイクを入れております
2011_06_26_012611_a.jpg
2011_06_26_012651.jpg



●2011年月9月20日
<レベル上限突破クエストにてあのNPCと再会>

この日はバージョンアップでした。内容は用語辞典先生の「2011年9月20日のバージョンアップ」にある通りなのですが、その中にレベル上限が90から95への引き上げがありまして、限界突破クエスト「東方の秘術!」も実装されたのですな。

このクエストで Atori-Tutori というNPCが登場するのですが、このNPC、実は黒帯を取得する際のクエスト「武に賭けた想い」で関わることになるのです。このクエストをコンプリートしているとその時にこのNPCと関わっていた事実をしっかりとこの限界突破クエスト「東方の秘術!」に反映してくれていて、特別のお言葉を聞くことができました。

再会を覚えてくれていて素直に嬉しかった!
2011_09_20_232908_a.jpg

このようにストーリー性をしっかりと作っていてくれるところはFF11の素晴らしい点だと思います。



●2011年9月25日
<サンドリアの全ミッションをクリア>

出生国はウィンダスな私ですが、ウィンダスの全ミッションをクリアした後は移動の利便性を求めてバストゥークに移籍して、そこでも全ミッションをクリアしていました。さらにジラートの幻影などの拡張版のミッションも全てクリアしていたのですが、3国ミッションはこのサンドリアだけ未クリアだったのですな。

そこで移籍して一気にクリアしてしまおうと思いまして、ついに最後のランク10のミッションをクリアしたのがこの日でした。この事は当時のUchinoBlogにも下記の記事として投稿されておりました。
サンドリアMクリア

この記事でも言及していますが、これらの3国はアルタナの神兵における過去三国クエストにも通じる各国の性格が表れている感じです。

詳細は上記の記事参照ということにしておきます。



●2012年2月19日
ウルスラグナ(Lv95)への強化が完了>

実装されたのが2011年9月20日のバージョンアップですから、それに遅れること約5か月での達成でした。

ヘヴィメタル1500個の納品直後
2012_02_19_005035.jpg

時間がかかった理由はギルの不足ではなく、単純にヘヴィメタルの絶対数が少なく、買い取りに時間がかかったというのが大きかった気がします。



●2012年2月頃
<白魔法オーラに注目し始めました>

この頃は、2011年9月20日のバージョンアップで実装された学者専用の白魔法であるオーラに注目し始めていました。というのも、2011年12月15日のバージョンアップで追加されたアンブラルマロウというアイテムがあったのですが、これはレリックウェポンをLv95からLv99に強化する際に5個必要だったのですな。

ドロップするのはデュナミス-ザルカバードArch Dynamis Lord(ADL)で、これを如何にして安定して数多くを狩れるかが当時所属していた金策LSでの課題となっていました。

オーラはそれを解決する最も有力な方法の1つでした。詳細は用語辞典先生のオーラの「仕様変更について」の部分を参照してもらうとして、とにかくこの当時では破壊的な力をもたらす神魔法だったのですな。

ただ1つ問題というか難題があって、学者がレベル99かつ両手の部位以外で強化魔法スキルが500に達していないと最高性能を引き出せないという点でした。この条件を満たせるキャラクターを持っているプレイヤーは金策LS内には1人もおりませんでした。

最も近い位置にいたのが私の2垢ジャックで、その強化魔法スキルは484でした。この後、約1か月をかけてこのジャックの学者を仕上げてついにSVブレーサー+2を装備した状態での令狸執鼠の章を発動した状態で強化魔法スキル500以上になる装備品を揃えることができ、金策LSにおけるADL狩りで大いに役立ってくれました。

その頃のUchinoBlogの記事として下記が投稿されておりました。
学者のオーラ

この白魔法オーラは、後に新ナイズルという通称で実装されたナイズル島未開領域踏査指令でもフルに活用されることになります。



●2012年3月頃
Arch Dynamis Lord(ADL)狩りの金策化に成功>

前述の経緯があり、アンブラルマロウを積極的に販売して金策にしようという企画が立ち上がり、実際に安定してADLを数多く狩れるようになって金策化に成功しだしたのがこの頃でした。以後、約1年ほどこの金策は続くこととなり、2021年2月現在の私の生涯で稼いだギルの半分か3分の1ぐらいはこの1年で稼いだ気がします。

当時の金策LSのトップアタッカー達(の一部)
2012_03_04_130437.jpg



●2012年3月7日
ウルスラグナ(Lv99)への強化が完了>

2012年2月14日のバージョンアップで追加されたウルスラグナ(Lv99)への強化が完了しました。といっても、さすがにアフターグロウなしの方でしたが。

見ての通りスカンピンになりましたが完成
2012_03_07_204732_a.jpg

実装から約3週間での強化完了ですから、かなり早い部類だったと思います。少なくともAsuraワールドでは他に所持していたプレイヤーは見かけませんでした。リフトシンダーを自力で取得したり、現地で買い取りするためにVW(ヴォイドウォーカー)Botulus Rexを野良で何度も開催したりしておりました。その甲斐あってか、全所持ギルと引き換えに達成は割と早かったと思う次第です。



●2012年4月~5月頃
<新ナイズルを固定で開始>

新ナイズルという通称で実装されたナイズル島未開領域踏査指令の最高峰の報酬であるタウマス装束などを得るために当時所属していた金策LS内で固定PTが発足し、それに参加したのですな。

この新ナイズル、世間ではすこぶる評判が悪かったようですが、適正ジョブと適正武器の両方を持っていた身としては、パーティ6人全員の全力で攻撃だ!!で何とかクリアできる絶妙なバランスのゲームで割と楽しかったです。

ここで言う適正ジョブとは、前衛で言うと移動速度アップ効果のある真龍脚を装備できることが条件の1つでした。(当時は)真龍脚を装備できるジョブであればパウダーブーツも装備できたので、このパウダーブーツを常時使えるように複数個を用意しておくのも条件の1つだったのですな。

暗黒騎士はこの条件をクリアしていましたし、この暗黒騎士が装備できた当時のトワイライトサイズは通常攻撃が常時無属性でした。これは新ナイズルの一部モンスター(黄色プリン)を倒すのに最も有効な武器でした。

さらに!

アポカリプスを持っていた場合は単独行動でマップの隅々を走り回る事が前提の新ナイズルではとても有利でした。固有WSのカタストロフィで自己回復が可能だったからです。

そして後衛で適性のあるジョブと言うと、SVブレーサー+2を装備して令狸執鼠の章を発動した状態における強化魔法スキルが500以上になる学者のみが該当しました。

私はこれらの適正ジョブと適正武器の全てを持っていました。
(全くの偶然ですが)

なので新ナイズルを思う存分楽しむことができたのですな。

ちなみにこれが適正ジョブの正装でした。
2012_05_13_150551.jpg
2012_05_13_150608.jpg
2012_05_13_151216.jpg

当時の被ダメージ-(マイナス)装備をかき集めるとこのような姿になるのでした。



●2012年5月29日
スターオニオンズ団の団長と並び立った!>

スターオニオンズ団呼ばれるNPCの団体がおり、彼らがたむろってる場所があるのですが、その団長が立っている場所に上ることができると特別なセリフが聞けるのですな。

ただそれだけのSSです。
2012_05_29_210942.jpg
2012_05_29_211016.jpg

ちなみに飛空艇の欄干など、通常の移動では登れない箇所をポリゴンの歪みか何かを利用して乗り上がることが可能だったりする箇所が存在します。これを利用して小物の上に乗ったSSを投稿するツイッターのタグ
#すべてのヴァナディールの小物の上に登れ
というものも存在するぐらいです。



●2012年6月24日
<ヴァナ☆フェス2012に行ってきました>

そう、この公式イベントに参加していたのですな。それも1人で。当時のUchinoBlogに下記の記事が投稿されていました。
ヴァナフェス2012

一緒に行く人がいたらそれはそれで楽しかったと思いますが、今読み返したり、当時撮ってきた写真を見る限り十分楽しんでいたようですのでこれはこれで良かったと思います。



●2012年8月頃
<金策LSでレギオンの攻略が本格的に開始>

この頃になるとLSの戦力が整ってきて2012年3月27日のバージョンアップにて導入されたコンテンツレギオンを攻略できるようになっていました。

そして天衡の間アレイズメテオの魔法スクロールを大量に仕入れることができるようになったのですな。これが当時はかなりの高値で売れたのですが、天衡の間というのは30分制限の中で際限なく敵を倒し続けることで第何陣までたどり着けるかというスコアアタックの要素もありましたので、フルアライアンスの全力で攻撃だ!!が必要なコンテンツでした。

この2か月後の10月になると天衡の間の第7陣2匹目まで出現させることができるようになったようで、当時のUchinoBlogとして下記の記事が投稿されていました。
【レギオン】天衡の間 7-1 クリア

最終的には9-2(第9陣の2匹目)まで行けた気がします。

実を言うと、このレギオンというコンテンツが非常に好きでした。アライアンスメンバーの全員が一致団結して全力を振り絞る必要があり、それがスコアという形になって表れて、しかもそれが金策にもなったからです。アンブラルマロウ取りも似たような要素がありました。1回の突入で15個とかのドロップを得て、1個20~30Mで売っていた気がします。



●2012年9月2日
モグハウス内に理想の革細工店を設置>

革細工カウンター革工サインボード黄金の羊の毛皮、それにハイドストレッチャの4つを手に入れることに成功したため、かねてより考えていたデザインで配置してみたのですな。

応援の実用性は無視しています。
2012_09_02_182323.jpg
2012_09_13_210728.jpg

この配置は非常に気に入っているため、2021年2月現在もこの状態を保っています。



●2012年9月29日
<色々なフィギュアを撮影>

何故かわかりませんがフィギュアを飾ってSSを撮りまくっていたようです。拡大してみてもかなり精緻に作られているように見えます。

良く撮れていた3枚のみ。
2012_09_29_194339.jpg
2012_09_29_194352.jpg
2012_09_29_194359.jpg

改めてじっくり見たくなります。



●2012年9月頃
<初のミシック作成を決意>

この頃になると非常にギルを持て余すようになっており、ギルがカンストに達する前に使おうということで初のミシックを作成することを決意したのですな。なんとも後ろ向きな理由でしたが、この目標のためにまず着手したのがクエスト「盗まれた皇宮の宝」で出される課題のうち、唯一未クリアだったMedusaの討伐でした。

この頃になると、プレイヤー側のレベル上限が99になったためビシージで蛮王が倒されてしまうことが多く、その場合は敵の本拠地で蛮王が不在という事態も頻発していました。この時のMedusaがまさにその状態で、何度か存在を確認しにいってようやく10月21日になって出会うことができました。同じ立場のプレイヤーも多くいたのでその場でパーティを組んでの討伐となりました。

これだけいれば勝利は確実!
2012_10_21_205955.jpg
2012_10_21_210612.jpg
2012_10_21_210925.jpg

3つ目のSSにある英語では、「彼は9日間ここにいたけどやっと離れることができるね、おめでとう。」的なことを言っているのですな。それだけ遭遇するのが当時は難しかったのです。その当時の苦労はUchinoBlogに下記の記事として投稿されていました。
称号:ゴーゴンストーンサンダラー



●2013年1月6日
ミーブル・バローズの最終ボスを撃破>

金策LS内の有志で固定を組んでいたミーブル・バローズの最終ボスの2体のうちの1つである破級プログラム(ソロムグ原野)をクリアすることに成功しました。もう1体の破級プログラム(バタリア丘陵)のクリアも同時期だったと思われます。

初のイェズターグ族であるUmagrhkが最終ボスでした。
2013_01_06_172424.jpg

ミーブル・バローズはこの後も、2垢のジャックでもクリアさせるべく2垢持ちの有志3人が集まって3人6キャラでさらにもう1周することになります。HAIJINに休む暇はないのです。



●2013年1月13日
リベレーター(Lv75)が完成>

シンプルにSSのみ!
2013_01_13_054756.jpg
2013_01_13_060447.jpg
2013_01_14_153252.jpg



●2013年1月19日
リベレーター(Lv99)が完成>

レベル75のリベレーターの作成から1週間弱でマルシバースコリアの納品を終えて無事にリベレーター(Lv99)が完成しました。

それでもなお、かなりの所持ギルがありました。
2013_01_19_002219.jpg

この当時のことはUchinoBlogにも下記の記事として投稿がありました。
リベレーター99



●2013年2月21日
守りの指輪をゲット>

この日から遡ること1年とちょっと前の2011年5月10日のバージョンアップにて、キングベヒーモスはトリガーポップに変更されたのですが、ドロップ率は低いままだったのですぐには取りに行かなかったのですな。

ただ、リベレーターも無事に完成して資金に余裕ができたことから、わざわざトレジャーハンターのためにシーフをしっかり準備してキングベヒーモスの連戦に挑んだところ、1戦目であっさりとドロップしてくれました。

あっさりしすぎて感動も特になし
2013_02_21_225227.jpg

この事はUchinoBlogにも下記の記事として投稿がありました。
守りの指輪

ちなみに2021年2月現在でこそ、守りの指輪のドロップ率はトレジャーハンターの有無によらず固定値という「噂」があるのは知っていますが、この当時はそのような「噂」のかけらもなかったのでシーフで臨んでいた次第です。



●2013年3月25日
<初のギルのカンストが目前になりました>

金策LSでの儲けが順調だった結果、この日ついに所持ギルがカウントストップ直前の9億5517万7725ギルにまで達しました。

記念に思わずSSを撮っていました。
2013_03_25_200543.jpg

ただ、この3日後の2013年3月28日から拡張データディスク「アドゥリンの魔境」が実装されたこともあり、金策LS内における主だった金策活動もいったん休止状態になり、これ以上ギルが増えることもなくなったまま、第1期プレイを終えることになるのは約1か月後のことです。



●2013年4月頃
<FF11の第1期プレイを終了>

「アドゥリンの魔境」のサービスが開始された3月28日にモリマー台地で撮影した下記のSSを最後に第1期プレイを終了したのですな。

コピペした地形ですか・・・?
2013_03_28_203039.jpg

同日にUchinoBlogにも下記の記事が投稿されていました。
モリマー台地

拡張データディスクの中身の薄さに落胆してしまったというのもありますが、実はこの頃リアルでの仕事が非常に忙しくなってしまったので、ギルもたくさんあることだしこれは温存したまま「アドゥリンの魔境」のミッションやコンテンツがある程度実装されるまでFF11の課金を停止することにしたのですな。

ただ、課金を止めると再開することを思いつかなくなってしまい、そのまま第1期プレイの終了という形でいったん終えることになった次第です。結果的にこの行動が私にとっては非常に良い選択肢だったことが第2期プレイや第3期プレイで判明することになるのは後の話です。
(続く)



2021/02/19 (金) / 14:04








私自身は固定活動を持っていない自由の身なので、代わりに何かやるときは2垢ソロか、自身で野良開催することがほとんどなのですな。今は主に下記の2つの活動を野良開催しています。
・オデシーCでのモグセグメント稼ぎ
・アンバスケード第1章

オデシーはあらかじめモグパケットを前日にもらっておいて、当日は2連戦でやっております。アンバスケードは攻略方法を確立するまでは開催しなかったり、試行錯誤ありという文言を入れてエールしたりするんですな。

でぇ、今回は新作という事もあり、最初はやはり試行錯誤でした。前回のプレイ日記「2/12(金)~2/13(土) 召喚士の準備(続き)」でも書いたように、巷で言われているような遠隔構成が良かろうとナコココ風白で1戦18分ぐらいだったのですな。

それを今回は近接構成に変えて時間短縮に成功しました!

構成は忍忍モ赤吟白です。

すでに動画でアップされていた下記2つを参考にさせて頂きました。

【FF11】アンバス1章 鉄巨人 とてむず


【少人数】FF11 アンバス1章「鉄巨人」2人で簡単攻略


見ればわかる内容となりますが、参加者にも説明したポイントをざっと書き連ねてみたいと思います。

2体の鉄巨人を仮に赤巨人と青巨人と呼ぶことにすると、赤巨人がマイティストライクを使用し魔法攻撃に弱く、青巨人が魔力の泉を使用し物理攻撃に弱いです。

この2体はお互いの残りHPが10%未満であれば特殊技はタービンハリケーンのみになり、他のやっかいな特殊技は封印できることになります。また、通常攻撃も内部では特殊技扱いらしいのですが、範囲は前方のみであり後方から近接で殴る場合、この通常攻撃は食らいません。

さらに!

タービンハリケーンは発動時に距離を大きく取ることで避けれます。そして、忍者であれば通常攻撃もタービンハリケーンも空蝉で避けれて蝉回しも余裕があるらしいです。

忍者2人で赤巨人と青巨人のターゲットをそれぞれ受け持ち、お互い受け持ち以外から攻撃を受けない程度に距離を離して通常攻撃でターゲットを維持します。特に、赤巨人を担当した場合はWSを連打にすることで連携が発生し、これが弱点属性になるので都合がよいです。

つまり!

この体制であとは削り要員を加えるだけです。今回は赤巨人の削りに赤/忍がエンウォータIIで、青巨人の削りにモ/戦という形でしたが、これだと青巨人が削れすぎるのでモンクを担当した私は無想無念を赤巨人に使用したりで調整役をやっていました。今回のように赤/忍で空蝉がある場合は背後から殴り続けてもよいですが、そうでない場合は赤線が見えたら殴ってる後方からさらに後方へ大きく距離をとってタービンハリケーンを避けましょう。

ちなみに!

青巨人の魔力の泉ブリザジャを使ってくるのですが、これが即死級ダメージです。これに備えて必ず身替の術を張っておいてもらうのと、魔力の泉が来たら白魔道士から女神の聖域をもらったり、マラソンに切り替えて距離を大きく取って詠唱範囲外に逃げたりといった工夫が必要になります。

また、モ/戦などで削る場合はタゲを取らないようにシテレアパールなどで敵対心を下げるのが良いでしょう!

今月も近接構成が通じて安心の絵
twitter_2021_02_16_220405_a.jpg
twitter_2021_02_16_225246_a.jpg

といったところで新作のアンバスケード第1章の話は終わりなのですが、気がついたらツボチャージが25,000点を超えていました。そこにアブダルスコアいりませんか?買ってくれませんか?エールがあり、1個15万だったので不足分の60個ほどを購入して2垢ともどもパルスアームズギルルを入手し、これをトーレットに変換したりしていました。

さらに公式イベント「ヴァレンティオン・デー」をやったり、銘入りチョコレートをもらったりとありましたが、そのあたりの詳細は省略であります。



2021/02/17 (水) / 16:03









------------------------------- 日記件名 -------------------------------
ついに自分にもできた!!

------------------------------- 日記本文 -------------------------------
remaster_36.jpg

コツを掴んだぁって言いたいところだけど
2回目試してもだめだった(´・ω・`)ヤッパグウゼンカ

------------------------------- コメント -------------------------------
Esa > 背後にアスさんを突き落としたと思われる、レザーグラの男g (10/04 16:14)
------------------------------- ここまで -------------------------------


ひとつ前にあるべき [復元日記#35] は中身がFF11と無関係だったので復元を飛ばしましたので #36 です。この #36 は飛空艇の欄干に上るというバグ技?を利用して通常なら行けない位置に降り立つことに初めて成功したところなんですな。

バグ技というか、ポリゴンの隙間を狙うとできる感じで、飛空艇以外の他の場所でも可能な箇所がいくつか存在するようです。ツイッターのハッシュタグ #すべてのヴァナディールの小物の上に登れ でも存在するほどのネタです。

ということで未経験の人はレッツチャレンジ!



2021/02/15 (月) / 20:38








この2日間も召喚士の開業準備をしていました。

まずは本垢用に2個目のパルーグクラウンのためケット・シーBFこと「★暁よりの使者、再び 」の「ふつう」を連戦をしておりました。

殴るだけですが「ふつう」でも負けることがありました。
2021_02_12_192933.jpg

無事、20数戦目ぐらいで2個目がドロップ!

次にルガルバンダピアスを取るためにKe(桂馬)を野良で開催しました。

エール内容はこんな感じでした↓
twitter_2021_02_13_130039_a.jpg

募集の結果、4人6キャラでモ赤風コ吟白という理想構成が集まりました!

あとは倒すだけ!
twitter_2021_02_13_143501_a.jpg

そしてドロップ!
twitter_2021_02_13_143731_a.jpg

さらにリフレシュ装備用にアシドゥイズボン+1を取りに行ってきました。ちょうど開催中のキャンペーン「春寒料峭でも元気に育成キャンペーン」ヴォイドウォッチキャンペーンも含まれていたので報酬の箱が2個入手できるのですな。

落とすのはウォンテッドNM「Intuila」です。
2021_02_13_103425.jpg

これもキャンペーンの恩恵であっさり入手に成功!

といった報酬報告ばかりになってしまいましたが、物欲回避センサースキル青字は伊達ではないことを証明しつつ、アンバスケード第1章新作の開催もしておりました。いろいろ試行しますという宣言のもとに集まって頂いたのですが、最終的にはナコココ風白に落ち着き、1戦18分ぐらいで「とてむず」をクリア!

ズガーン!ズガーン!
2021_02_12_233748_a.jpg
2021_02_12_233749.jpg

初回としてはまぁ勝てただけでもよしと思いました。

ちなみに2/14(日)は放置バザーで商品を売りさばいていただけで、準レギュラーとなったダイバージェンスも開催無しだったのでプレイ日記もなしとなります。



2021/02/15 (月) / 12:52








という訳でダイジェスト版のプレイ日記であります。

といっても、2日に1回のオデシーC雑魚でのモグセグメント稼ぎ2連戦と、バージョンアップ前の駆け込みアンバスケード以外は召喚士の開業準備に徹していました。

特にニルヴァーナの強化7回目のお題「Long-Armed Chariotを3匹討伐」のために銀海遺構に行く必要があったのですな。

ブレインジャック避けが不要なのは楽でした!
2021_02_10_161709.jpg

さらに、エンピリアン装束119のコンプリート2キャラ分に必要なカラボスの小石を10個取りに行ったり・・・。

赤弱点突きと言えば忍者の出番です。
2021_02_10_175228.jpg

2/10(水)のバージョンアップを跨いでこなしていた感じです。

バージョンアップ直後は運よくビシージが来たので参加したり、ついでに貯まりにたまった互助会引換券・銀の一気にビーナスオーブ変えての箱明け大会などをしていました。

余裕をもってビシージを待つの絵。
2021_02_10_193945.jpg

ほとんどカスワックでした!の絵。
2021_02_10_211820_a.jpg

そんなこんなでニルヴァーナの強化も最終段階まで終わり、ダブルニルヴァーナR15となりました。おかげで所持ギルの半分近くが吹っ飛んだ気がします。

2つ同時に活躍させられるかというと疑問があったりしますが・・・
2021_02_11_030700_a.jpg
2021_02_11_030728_a.jpg

最後、2/11(木)の夜はダイバージェンスだったのですが、いつもの寄生枠ではなく、レギュラー枠の空きを埋める形で久しぶりに魔導剣士で盾をしてきました。主にWave2のNM狩りでした。

久しぶりでもマクロさえしっかりしてれば機能するものですな。
2021_02_11_223723_a.jpg
2021_02_11_233622_a.jpg

レア物としてヴォルトキャップがドロップしましたが、ロット200台というなんともコメントしづらい数値で当然のごとく負けました。

んが!

どうも欠員は今後も続く見通しらしく、いったんレギュラー枠でダイバージェンスに参加し続けることになりそうなので今後に期待であります。



2021/02/12 (金) / 15:20









------------------------------- 日記件名 -------------------------------
シリさんが狙ってみごとゲットしたアイテムが欲しくなったので狙いにいきましたよっと。

------------------------------- 日記本文 -------------------------------
remaster_34.jpg

張ってると1時間ほどでPOP(σ´∀`)σ

シレンやりながら適当こいてやってたものなのでPOPしたのに気づかずレベリング中のケモノさんに取られていたのですが、何も言わないで側で見ていたら/tellが来て返して?頂けました。
うーん、出来た人もいるものです・・・・自分ならそのままくぁwせdtgyhjこlp;:

とまぁ、若干のハプニングもありつつ戦闘を開始。
知ってはいたけど9割以下から減りません減りません(ノ∀`)
敵のレベルは75から見て練習に近い相手らしく被ダメはたいしたことがなかったから予定通りファイナルスピアが来るまでの持久戦モードでしたが・・・・・・w

私の歓喜の悲鳴?を聞いたキニさんとアハさんに駆けつけてもらい、撃破という形でゲットできました。ありがとう!
パママ猿棍in墓 のためにもう少し命中が欲しい内藤でした ノw・

------------------------------- コメント -------------------------------
Kageshogun > おめえー 足装備がキニなるイ寺がここにいます。 (08/15 06:52)
Rook > おめぇ ヒロイックブーツじゃない?そういう意味で気になるじゃないか(ノ∀`)? (08/15 09:50)
A*****u > おめー^^なんか手伝わなくてもキニさんと2人で余裕っぽかったなw (08/15 18:52)
Astel > トレハン2という最高の増援がっっ(゚∀゚)  ちなみに足はルークさんのいったものっぽw (08/16 00:15)
Kageshogun > あら、ヒロイックだったのか 装備したことあるのに ハズカシ(ノ∀`) (08/16 07:10)
Tunis > おめー^^ アハメスのトレパンって聞くと、どうしても白パンツ想像しちゃいますよ(ノ∀`)w (08/16 23:36)

------------------------------- ここまで -------------------------------


チフィアスティングというアイテムを取ったという内容です。ただそれだけなのですが、狙っていたアイテムが取れて嬉しいというのはこのゲームの根幹を成しているのでネタは尽きない訳であります。



2021/02/10 (水) / 15:21








ニルヴァーナの愛の千本ノックが終わり強化が進んでいくに伴い、召喚士の他の開業準備も進めています。

装備品が召喚士でしか使わない or 使えないものばかりなので、考えを整理するためにも実際の想定をメモに書き出してみました。準備段階でここまでしたのは召喚士が初めてです。

以下、記事を書いている時点で本垢のAsthelだけが持っていないものはオレンジ、2垢のジャックが持っていないものはグリーン、両者ともに持っていないものは赤字で着色してみます。ちなみに空白の部分は何を装備しても良い部分です。各アイテムのプロパティは関連部分のみ抜き出してあります。

【移動装備】--------------------------------------
武器:デイブレイクワンド(リフレシュ+1)
サブ:
遠隔:
投擲:
頭 :BCホーン+1(神獣の加護効果+3 リフレシュ+2) or CNホーン+3(召喚魔法スキル+19 リフレシュ+3 召喚獣:命中+41 魔命+41 ヘイスト+10%)
胴 :唱門師浄衣改(リフレシュ+3) or APダルマティカ+1(リフレシュ+4)
両手:アステリアミトン+1(ユニティランク:リフレシュ+1(1位の時+2))
両脚:アシドゥイズボン+1(ユニティランク:リフレシュ+1(1位の時+2))
両足:クライヤーゲートル
首 :召喚士の首輪+2R25(被ダメージ-5% 履行ダメージ+10 召喚獣:命中+25 飛命+25 魔命+25 ALL BP+25)
左耳:パルーグピアス(召喚魔法スキル+5 リフレシュ+1 召喚獣:命中+7 飛命+7 魔命+7)
右耳:
左指:スティキニリング+1(魔法スキル+8 リフレシュ+1)
右指:スティキニリング+1(魔法スキル+8 リフレシュ+1)
腰 :風鳥の帯(潜在能力:リフレシュ+1)
背 :


【維持装備】--------------------------------------
武器:ニルヴァーナ(維持費-8 履行ダメージ+40 召喚獣:命中+30 魔命+30)
サブ:エランストラップ+1(履行ダメージ+5)
遠隔:
投擲:エピタフサシェ(履行間隔II-5 履行ダメージ+16) or サンカスサシェ+1(履行間隔II-7 履行ダメージ+15 召喚獣:命中+20 飛命+20 魔命+20)
頭 :BCホーン+1(神獣の加護効果+3 リフレシュ+2)
胴 :唱門師浄衣改(リフレシュ+3 履行間隔-8) or APダルマティカ+1(リフレシュ+4)
両手:ラマスミトン+1(維持費-5 召喚魔法スキル+22 ケット・シー:Lv+1 召喚獣:魔命+26 ALL BP+30 命中+40 魔命+40)
両脚:
両足:CNピガッシュ+3(契約の履行ダメージ+10 召喚獣維持費-6 召喚獣:命中+40 魔命+40 回避+40)
首 :コーラーペンダント(召喚魔法スキル+9 召喚獣:リゲイン+25) or インカンタートルク(魔法スキル+15) or 召喚士の首輪+2R25(被ダメージ-5% 履行ダメージ+10 召喚獣:命中+25 飛命+25 魔命+25 ALL BP+25)
左耳:ルガルバンダピアス(履行ダメージ+10 召喚獣:命中+15 飛命+15 魔命+15)
右耳:パルーグピアス(召喚魔法スキル+5 リフレシュ+1 召喚獣:命中+7 飛命+7 魔命+7)
左指:スティキニリング+1(魔法スキル+8 リフレシュ+1)
右指:スティキニリング+1(魔法スキル+8 リフレシュ+1)
腰 :王将の帯(被ダメージ-3% 召喚獣:攻+20 魔攻+10 コンビネーション(召喚獣のみ):命中+ 飛命+ 魔命+)
背 :コンベイケープ(召喚魔法スキル+8(+1~5 契約の履行ダメージ+1~5 履行間隔II-1~3) or カンペストレケープ(履行ダメージ+5 召喚獣:Lv+1 命中+30 攻+30 ヘイスト+10 被ダメージ-5)


【スキル装備】------------------------------------
武器:トゥマフィリッグ(召喚魔法スキル+7)
サブ:ヴォックスグリップ(召喚魔法スキル+3)
遠隔:
投擲:
頭 :CNホーン+3(召喚魔法スキル+19 リフレシュ+3 召喚獣:命中+41 魔命+41 ヘイスト+10%)
胴 :BCダブレット+1(召喚魔法スキル+14 維持費-6 履行ダメージ+11)
両手:ラマスミトン+1(維持費-5 召喚魔法スキル+22 ケット・シー:Lv+1 召喚獣:魔命+26 ALL BP+30 命中+40 魔命+40)
両脚:BCスパッツ+1(召喚魔法スキル+20 ブラッドブーン+12 召喚獣:TPボーナス+600)
両足:
首 :コーラーペンダント(召喚魔法スキル+9 召喚獣:リゲイン+25) or インカンタートルク(魔法スキル+15)
左耳:パルーグピアス(召喚魔法スキル+5 リフレシュ+1 召喚獣:命中+7 飛命+7 魔命+7)
右耳:アンドアーピアス(召喚魔法スキル+5)
左指:エボカーリング(召喚魔法スキル+10 維持費-1)
右指:スティキニリング+1(魔法スキル+8 リフレシュ+1)
腰 :句芒の帯(魔法スキル+8)
背 :コンベイケープ(召喚魔法スキル+8(+1~5 契約の履行ダメージ+1~5 履行間隔II-1~3)

【履行短縮装備】----------------------------------
武器:エスピリトゥス(履行間隔II-2)
サブ:
遠隔:
投擲:エピタフサシェ(履行間隔II-5 履行ダメージ+16) or サンカスサシェ+1(履行間隔II-7 履行ダメージ+15 召喚獣:命中+20 飛命+20 魔命+20)
頭 :
胴 :CNダブレット+3(履行間隔-15 履行ダメージ+16 召喚獣:命中+45 魔命+45) or 唱門師浄衣改(リフレシュ+3 履行間隔-8)
両手:
両脚:
両足:GLピガッシュ+3(履行間隔II-3 召喚獣:命中+36 攻+89 魔法クリティカルヒット+13% 特修履行魔法クリティカルヒットダメージアップ)
首 :
左耳:エヴァンズピアス(履行間隔-2 維持費-2)
右耳:
左指:
右指:
腰 :
背 :コンベイケープ(召喚魔法スキル+8(+1~5 履行ダメージ+1~5 履行間隔II-1~3)


【物理履行装備】----------------------------------
武器:ニルヴァーナ(維持費-8 履行ダメージ+40 召喚獣:命中+30 魔命+30)
サブ:エランストラップ+1(履行ダメージ+5)
遠隔:
投擲:エピタフサシェ(履行間隔II-5 履行ダメージ+16) or サンカスサシェ+1(履行間隔II-7 履行ダメージ+15 召喚獣:命中+20 飛命+20 魔命+20)
頭 :パルーグクラウン(履行ダメージ+10 召喚獣:命中+38 飛命+38 魔命+38 魔攻+38)
胴 :CNダブレット+3(履行間隔-15 履行ダメージ+16 召喚獣:命中+45 魔命+45)
両手:マーリンダスタナ(履行ダメージ+5+8or10 召喚獣:攻+20 魔攻+20)
両脚:エンタイサーパンツ(履行ダメージ+12 召喚獣:ダブルアタック+3% クリティカルヒット+5% TPボーナス+650 +オーグメント)
両足:CNピガッシュ+3(契約の履行ダメージ+10 召喚獣維持費-6 召喚獣:命中+40 魔命+40 回避+40)
首 :召喚士の首輪+2R25(被ダメージ-5% 履行ダメージ+10 召喚獣:命中+25 飛命+25 魔命+25 ALL BP+25)
左耳:ルガルバンダピアス(履行ダメージ+10 召喚獣:命中+15 飛命+15 魔命+15)
右耳:ゲロスピアス(履行ダメージ+5)
左指:ヴァラールリング+1(履行ダメージ+4 ペット:命中+10 飛命+10 ストアTP+6)
右指:パルーグリング(被ダメージ-5% ペット:命中+12 飛命+12 魔命+12 ダブルアタック+5%
腰 :王将の帯(被ダメージ-3% 召喚獣:攻+20 魔攻+10 コンビネーション(召喚獣のみ):命中+ 飛命+ 魔命+)
背 :コンベイケープ(召喚魔法スキル+8(+1~5 契約の履行ダメージ+1~5 履行間隔II-1~3) or カンペストレケープ(履行ダメージ+5 召喚獣:Lv+1 命中+30 攻+30 ヘイスト+10 被ダメージ-5)


【魔法履行装備】----------------------------------
武器:ニルヴァーナ(維持費-8 履行ダメージ+40 召喚獣:命中+30 魔命+30)
サブ:エランストラップ+1(履行ダメージ+5)
遠隔:
投擲:エピタフサシェ(履行間隔II-5 履行ダメージ+16) or サンカスサシェ+1(履行間隔II-7 履行ダメージ+15 召喚獣:命中+20 飛命+20 魔命+20)
頭 :パルーグクラウン(履行ダメージ+10 召喚獣:命中+38 飛命+38 魔命+38 魔攻+38)
胴 :CNダブレット+3(履行間隔-15 履行ダメージ+16 召喚獣:命中+45 魔命+45)
両手:マーリンダスタナ(契約の履行ダメージ+5+8or10 召喚獣:攻+20 魔攻+20)
両脚:エンタイサーパンツ(履行ダメージ+12 召喚獣:ダブルアタック+3% クリティカルヒット+5% TPボーナス+650 +オーグメント)
両足:CNピガッシュ+3(契約の履行ダメージ+10 召喚獣維持費-6 召喚獣:命中+40 魔命+40 回避+40)
首 :召喚士の首輪+2R25(被ダメージ-5% 履行ダメージ+10 召喚獣:命中+25 飛命+25 魔命+25 ALL BP+25)
左耳:ルガルバンダピアス(履行ダメージ+10 召喚獣:命中+15 飛命+15 魔命+15)
右耳:ゲロスピアス(履行ダメージ+5)
左指:ヴァラールリング+1(履行ダメージ+4 ペット:命中+10 飛命+10 ストアTP+6)
右指:パルーグリング(被ダメージ-5% ペット:命中+12 飛命+12 魔命+12 ダブルアタック+5%
腰 :王将の帯(被ダメージ-3% 召喚獣:攻+20 魔攻+10 コンビネーション(召喚獣のみ):命中+ 飛命+ 魔命+)
背 :カンペストレケープ
--------------------------------------------------

物理と魔法で履行装備を分けていますが、今は混乱を防ぐために同一にしています。そして、よく見たらグリーンになるもの、すなわちジャックだけが持っていないものはありませんでした。また、メモを書き出し終えてからこの日のプレイ中に手に入れたアイテムがいくつかあるのですが、特に下記2点は運よく手に入った感があります。
・ジャックでパルーグクラウン
・Asthelでパルーグリング

この2つはケット・シーBF戦である「★暁よりの使者、再び」のドロップ品で、難易度「ふつう」で装備品によるトレジャーハンター+2+2で連戦したらあっさりとドロップしたのですな。「むずかしい」以上だと勝てそうもないし、ラッキーだったと思います。

本体のAsthelでもまだパルーグクラウンパルーグピアスが必要なので、しばらくの間はこれに通い詰める必要がありそうです。また、本体のAsthel用のルガルバンダピアスも必要ですが、これを落とすのはオーメンKei(桂馬)です。

オーメンKei(桂馬)と言えば、昨年の夏頃、2垢ジャック用のアムラピシールド取りのために通い詰めましたが、勝利するのに非常に苦労させられた記憶があります。容易に手に入るとは思えないのでまずはエンピリアン装束119一式を先に揃えてしまおうかと思います。上述のメモには一部しか載っていませんが、アビリティの効果アップ目的で結局すべての部位を使いそうなので!

ところでエンタイサーパンツを取りにシニスターレインに行ったのですな。タイミングよくLSメンが開催してくれていたところにまだ1人空きがあったので滑り込んだ次第であります。

いつもながらアシェラを殴るのは気が引けます・・・
2021_02_08_234050_a.jpg
2021_02_08_235821_a.jpg

という心優しさが通じたのか、どうやらオーグメントの全値がMAX値の再良品を引くことができました。冷静に言ってますけど非常に興奮するあまり、次戦のトリガーをもらい忘れて突入の邪魔となっていたぐらいです。

エンタイサーパンツはMAX値になり易いという情報あり
twitter_2021_02_09_001930_a.jpg

ちなみにオーメンKei(桂馬)にも行ってみたのですが、ボスどころか中ボスのGlassy Gorger(ぐらっしーごーじゃー)にすら勝てずに2回敗退、ボスに1回敗退という惨憺たる結果でした。あっふーん。



2021/02/09 (火) / 18:10








本垢と2垢によるダブル・ニルヴァーナが完成したので金夜~日曜までを使って、愛の千本ノックをやっておりました。ニルヴァーナの千本ノック練習メニューは以下の通りです。

1回目:ビースト類に対し200回ガーランドオブブリスを使用
2回目:アルカナ類に200回ガーランドオブブリスでとどめをさす
3回目:プラントイド類に300回ガーランドオブブリスでとどめをさす
4回目:ヴァーミン類を300回ガーランドオブブリスでとどめをさす
5回目:リザード類を400回ガーランドオブブリスでとどめをさす

合計1400回なので厳密には千本ノックどころではないのですが、大昔の回数が緩和される以前はこれが1回目から1500回だったのですから温い温い;

YouTubeなどの「ながら」プレイでひたすらノック
2021_02_05_205647.jpg
2021_02_06_010512.jpg

メイジャンの試練の6回目は
「ニルヴァーナを装備している状態でSarameyaを3匹討伐」
なのですが、Sarameyaが100%ドロップするサーラメーヤの皮は、もしかしたら次のミシックを作ろうと思った時に必要となるので2個は自身で回収するとしても3個目が流れてしまいます。

これはもったいないお化けでちゃう!

という事で、召喚士の履行装備用にマーリン両手(マーリンダスタ)のオーグメントをやりながら売りシャウトをしたところ、2.5Mで外国人の買い手が現れました。

彼曰く、「ベッドに入ろうとした頃で君のシャウトを見たんだよ。これは買わないといけないと思って/tellしたんだよ。ハハハーッ!」という感じの事を言っていました。

なにはともあれ換金できるのはありがたい!

2021_02_07_201016.jpg

ちなみにオーグメント試行回数100~200程で下記のものが出来たのでオーグメントはいったん終了としました。

本垢用
2021_02_07_170520_a.jpg

2垢用
2021_02_07_193238_a.jpg

ひとまず実用に耐えうるものが作れたと思います。

さらに召喚士維持費軽減装備として、オーグメントMAXのラマスミトン+1を作ろうと思いまして、ウガレピ寺院ウォンテッドNM「Azure-toothed Clawberry」を狩ってきました。

みんなの怨みで2回ほど即死しました・・・
2021_02_07_140227.jpg

維持費軽減装備としては、マーリン両手(マーリンダスタ)のオーグメントで付属する数値でも十分なのですが、装備セットとアイテム保管の運用上、やむを得ずこのラマスミトン+1を作成した感じです。ちょっとギルがもったいない気もしましたが、まぁ良いでしょう。



他にも2/4(木)のプレイでやり終えなかった、オデシーJ(シェオル ジェール)Henwen(ヘンウェン)を討伐したりしていました。

白い猪さんでちょっと神々しい
2021_02_05_211601.jpg

難易度(Veng)を上げての周回プレイに移行したいと思いますが、モグセグメントをかなり消費してしまったので、また貯めるためにしばらくはオデシーC雑魚狩りに通い詰めることになりそうです。



2021/02/08 (月) / 14:17








ついにオデシーJ(シェオル ジェール)に初挑戦しました。

結果から簡潔に書いてしまうと、2人3キャラ+フェイスのパーティで全てのアトーンメント1のボスと、アトーンメント2の「Henwen」以外のボスを倒すことができました。「Henwen」は時間が足りずに次回に持ち越すこととなりました。

倒し方云々はさておき、理解が進んでいない事として参加条件の1つ
「パーティー人数×3種以上の重複していないLv99のジョブがあり、かつ1人が3種のジョブをLv99にしていること。」
の解釈がよく分からないでいます。

今回、2人3キャラで入場しようとしたら参加条件を満たしていないというメッセージが出て入場不可でした。その時点でメンバー中で最もLv99ジョブが少ない人のLv99ジョブ数は2でした。急遽パワーレベリングを行ってLv99を1つ増やしたら入場可能となりました。

これは上述の参加条件の後半にある
「かつ1人が3種のジョブをLv99にしていること」
を満たしたから入れるようになったと仮定するならば
「かつ全員が3種のジョブをLv99にしていること」
と書いてあるべきだと思いますが、どうなんでしょう?

そもそも今回の2人3キャラでの入場は、条件文の前半にある
「パーティー人数×3種以上の重複していないLv99のジョブがあり」
に当てはめると
「3人×3=9種以上の重複していないLv99のジョブがあり」
になると思うのですが、これだと急遽パワーレベリングを行ったメンバーは条件を満たしていないことになり、よく分からなくなってきます。この部分はパーティ全員のLv99を合わせたものが対象ならば納得なのですが。

サポートジョブが無効という仕様も理解しがたいものがありますし、何なんでしょうね。私の理解力が低いのでしょうか・・・。

そんなこんなでオデシーJは入場条件部分以外は問題なく進められたので、次回は残したボス「Henwen」の討伐と、難易度(Veng)を上げての周回プレイに移行することになるかなと思います。



~おまけ話 その1~
ダイバー入場前にパパラッチマンがおりましたので、逆に激写してみました。

パシャッ!パシャッ!パシャッ!パシャッ!
twitter_2021_02_04_222453_a.jpg
twitter_2021_02_04_222551_a.jpg
twitter_2021_02_04_222555_a.jpg
twitter_2021_02_04_222558_a.jpg

おそらく獣写器をロックスタイルで指定しているのだと思われますが、本来の目的で使用する時は主観モードなので実物を見たことがない気がしてきました。実際にカメラの形をしていたのは盲点だったーと思いつつ小ネタです。



~おまけ話 その2~
ダブル・ニルヴァーナ!!
twitter_2021_02_05_013637.jpg

ということで召喚士を開業しようと思います。まずは愛の千本ノックからですが!



2021/02/05 (金) / 19:33








前回まででアポカリプスの完成までの振り返りが終わり、そろそろエンドロールが流れてもおかしくないところでしたが、実のところ私の個人史はまだまだ続くのでした。

●2010年1月下旬
<野良でボスディンを開催>

2垢をデュナミス-ザルカバードに連れて行けるようにクリアコースでの開催でしたが、自身が作った裏LSでさんざんやったことなので問題なく達成。この後もどんどん2垢キャラを充実させて愛を注ぎこんでゆくことになります。



●2010年1月下旬
<とある帝龍BC金策LSに加入>

時を遡ることこの2~3か月前に相棒とも相方とも言える存在をなくし、そしてアポカリプスを完成させてしまった私は、まだまだやる気があったものの停滞感を味わっていました.

アポカリプスがあってもアポ暗としての装備でまだ不足していたものがあり、それを取得する必要があったからです。具体的には下記の2点が不足していました。
ジャスティストルク
暗黒の耳
トルクは自力で野良開催するとしてもドロップ運に左右されます。耳は取り直しになるので神威の再戦が必要で、開催者が見当たらなければこれも自身で開催しなければなりません。

つまり、いずれもすぐにどうにかできるようなことでもなかったので安穏として停滞していたのですな。装備が不完全であることを理由に武器メリポを両手鎌を4振りから8振りに振りなおすのを先お送りにしていたぐらいです。

それよりも心機一転で何かやることがないか考えていたものの、良い考えは出ず、代わりにサーチコメントで何か募集がないか探す日々でありました。

そこに帝龍BC、正式にはBF「帝龍降臨」のことですが、これを金策として専門に行うLSのメンバー公募がサーチコメントでヒットしたのですな。

幸い黒魔道士もできるし帝龍BCの経験がありましたから、アポ暗の不足装備の準備を進める傍ら、ちょっとした気分紛らわしに丁度良いだろうと思いそのLSに加入を希望したのですな。軽い気持ちからの行動でしたが、これがFF11個人史において非常に大きな転機になりました。

この金策LSは、当時のPandemoniumuワールド内でも屈指の金額を稼いでいたLSであり、かつミシックウェポン所有者を複数抱えているという最前線中の最前線にあるようなLSだったのですな。

この翌年ぐらいの話になりますが、ヴァナ・ディール国勢調査の [リンクシェルで所持しているミシックウェポンの個数] の項目で全ワールド1位の7つを達成したLSでもありました。

当時2011年のヴァナ・ディール国勢調査結果の下記ページに個数7個、Asuraでメンバー23名を抱えているLSがそれです。
http://www.playonline.com/ff11/guide/development/census/10/8.html



●2010年2月上旬
マートキャップの取得を決意>

一時的に3垢を操れる環境になりまして、当時一部で流行っていたMMMアスフロを利用したレベル上げでマートキャップを取得することを決心したのですな。

マートキャップアポ暗用のWS装備としても申し分がないものでしたし、せっかく地霊胴HQまで装備させているのだからとことん装備を突き詰めようという事にしたのですね。

ちなみにアポカリプスを完成させて以降、結局メリポPTで使ったことは1度もありませんでした。何というか、すでに結果が分かり切っていたのであえてメリポPTで確認しなくてもよいかなという思いがあったのですな。どういうことかというと、モンクサポ戦士で専門の外部ケアル付きという状況でアポ暗と何度も組んでメリポPTをしていたので、どの程度強いかはもうデータが出そろっていました。

なのでメリポPTに興味が沸かず、結局メリポPTでは一度も使わずにレベル75時代を終えることになりました。もともと芸術作品みたいな意識でアポ暗を完成させたいという思いが強かったので、使わずとも満足していたのであります。

そういう訳で、レベル75時代にはまったくアポカリプスを使わなかったものの、後年になってがっつり出番が与えられることになるのですが、それはまた別の話として書こうと思います。



●2010年2月14日
Pandemonium Wardenを初討伐>

前述の帝龍BC金策LSに属していたおかげで、なんとPandemonium Warden(ぱんでもにうむ うぉーでん)を初討伐することに成功しました。主体が帝龍BC金策LSでリーダーのリンさんが当時のレリック武器持ちを結集して討伐を企画してくれたのですな。

彼らにとっては初めてではないらしく、非常に洗練された戦術と実行力で見事に討伐できたのでした。しかも自分自身はアポ暗での参加でした。命中力の高く、かつ火力の高い前衛が何人も必要だったのですな。

背を向けているのは作戦の一部です。
2010_02_15_001239.jpg

軽い気持ちで参加した金策LSでこのように楽しいイベントに出会えるとは全く予想していませんでしたし、リンさんのLSにはその後も第1期プレイを終了するまでの間はずっとその活動で参加することとなり、非常に楽しい思いをさせて頂いたので今でも感謝でいっぱいです。リンさんのプレイヤーキャラクター名は何回か変わっているのでここではリンさんという表記のみにしておきますが、彼は私が個人的に勝手に認定している3人のGreatPlayerの1人で3人目となります。



●2010年2月28日
トロール傭兵団を初討伐>

とある野良開催に応募して参加できたのですな。自分は赤サポ忍で護衛のキープ役だったので気楽なポジションでしたが、フルアライアンス人数で敵地の奥まで侵入してを倒すというのは楽しいイベントでした。

ワーワー
2010_02_28_143447.jpg

チラ見しつつ
2010_02_28_143554.jpg
2010_02_28_145249.jpg

討伐を見届けました。
2010_02_28_152331.jpg
2010_02_28_152401.jpg



●2010年3月23日
<サーバー統合によりキャラクター名の強制変更が発生>

なんとPandemoniumサーバー廃止されてAsuraへ統合されることになってしまったのですな。その際、同じキャラクター名が統合先のAsuraで使われていた場合は強制的にキャラクター名が変更されるという最悪のイベントが発生した訳です。

もちろん、すぐに確認しにいきました。そして自身のキャラクター名 Astel はAsuraで使われていることが発覚し、その上でそのキャラクターが積極的に使われているメインキャラクターなのか倉庫キャラクターなのかといった調べも進めました。

当時のUchinoBlogに下記の記事がありました。
・一気にやめる人多そう
・世の中ゴネ得がまかりとおってるので
・やぁやぁわれこそは
・さらばパンデモニウム
・Asthel

見ての通り非常に憤慨しておりました。今思い返しても腹立たしいイベントでした。ちなみにこの当時のAsuraにおける Astel は上述の通り他人のキャラクターでしたが、第2期プレイ中に確認したらこのキャラクターが消えてくれていたので、私の倉庫キャラで名前を占有しました。よって2021年2月現在のAsuraにいる Astel というキャラクターのプレイヤーは私自身です。ワールド移転を使って元の名前に戻すこともちょっと考えましたが、お金がもったいなく馬鹿らしいのでキープのみでやめにしました。



●2010年4月18日
シェンロンバグナウをゲット>

上述の活動の一環として再びPandemonium Warden(ぱんでもにうむ うぉーでん)を討伐しまして、ドロップしたシェンロンバグナウを20Mで購入してゲットしたのですな。

これでモンクとしても「ほぼ」最高峰の位置に達したぞー!!と言いたかったのですが、このシェンロンバグナウは買って後悔したものランキング第1位です。理由は最高峰としての寿命があまりにも短かったからです。もちろん、寿命にとどめを刺したのはアビセアでの装備群でした。



●2010年4月28日
<ようやくアポ暗を完成させる事を決心>

どういう事かは当時のUchinoBlogの下記に記事がありました。
決めました

この記事の中にある「・メイジャンをさっさとやる」というのは、愛の千本ノックとして認知されつつあった忌まわしきメイジャンの試練のことです。いまでこそ、アポカリプスの1回目の試練であるNo.1045の内容は「アンデッド類に対し200回カタストロフィを使用」ですが、これが200回ではなく1500回でした。次の試練も回数は1500でした。それどころか、3番目と4番目の試練の回数は2000でした。(たしか)

愛をもって臨まないと達成不可能な数値でした。

いや、正直に言いましょう。愛があっても達成は難しいですハイ。なので割と早く回数は緩和された気がしますが愛の千本ノックは紛れもなく経験したことなのでトラウマでもあります。この年の9月15日のことですがUchinoBlogに下記の記事があったぐらいです。
ノックとは愛である

闇(病み)を感じさせます。



●2010年5月5日
<野良開催してジャスティストルクをゲット>

このことはUchinoBlogの下記の記事に詳細が書いてありました。
けっこうがんばった

しっかりと参加者が集まってるあたり、このアイテムの人気度の高さが伺えますな。愛のノックも嫌々ながらしっかり進めていたようです。



●2010年5月15日
<RaExハンターとしてマートキャップをゲット>

2021年現在においては、Maat戦に勝つのは容易になっており、レベル上げも然りですが、この当時はまだまだ取得難易度は高かったと思います。

帽子強奪の儀
2010_05_15_180104.jpg
2010_05_15_180113.jpg
2010_05_15_180140.jpg
2010_05_15_180211.jpg

に、似合ってない・・・
2010_05_15_180235.jpg

残念ながらコーディネート的にはしっくりきていませんが、この色のコンビネーションは今現在のモンクの普段着にも採用しています。

その恰好がコチラ↓
twitter_ff11_prof.jpg
twitter_ff11.jpg

こちらは非常に気に入ってる恰好です。



●2010年6月22日
禁断の地アビセアがサービス開始>

この頃になるとFF14の発売が控えていたせいか、周りからFF11プレイヤーが少しずつ消えていった気がします。そんな中で発表&発売されたアビセアシリーズの第1弾である禁断の地アビセアのサービスがついに開始されたのがこの日です。

とはいえ、サービス開始当初はその仕様がよく分かっておらず、アビセアに入場して遊ぶことはほぼありませんでした。しかし、その仕様が明らかにつれてアビセアフィーバーとも言える波がFF11に押し寄せることになり、私もその波に乗って大いにどっぷりとアビセアに浸かったプレイに興じることとなります。



●2010年8月7日
神威耳の取り直しを完了>

アポ暗の完成形として最後に残していた課題である神威耳の取り直しのための神威再戦をクリアし、暗黒の耳をゲットしました。

直前にイブノイル様から「よく考えて選べ」的な嫌味を言われてます
2010_08_07_162955.jpg

ともあれ、芸術作品としてのアポ暗は完成したのであります。

UchinoBlogにその頃の記事が下記の通り投稿されていました。
FFXIEQが更新されてました

んが!

アビセアフィーバーの勃興と共にアポカリプスの有用性が相対的に下がり、完成したアポ暗は結局ほぼ使わずこの年を終えることになります。

これはどういうことかというと、アビセアの世界を進めていくと、圧倒的なパワープレイが可能となるのですな。命中は簡単にキャップに達するためレリック両手武器に付いている命中プラスのプロパティは意味をなさず、使い切れないほどの容量のMPとそのMPの自動回復の機構が容易に準備可能で、それが大ケアルシャワーの連発を可能とし、アポカリプスの固有WSであるカタストロフィに付属しているHP吸収効果の優位性を皆無にしてしまいました。

もしかしたら、私以外のアポ暗使いの人は、こうした世界を目の当たりにしてやる気をなくして消えてしまったのかもしれません。このような事情は他のレリックウェポンミシックウェポンにも当てはまったのかもしれませんし、真相はあくまで分かりません。

ただ、幸いにして私のメインジョブはこの年に「モ青」から「モ暗」に代わったものの、裏を返すとアポ暗は使わなくてもモンクはメインジョブとして残っていたのですな。

そして、このモンクの性能がアビセアの仕様と非常に相性がよくて楽しく遊べるジョブでした。なので、芸術作品として仕上げたアポ暗が使えなくてもまったく気落ちしなかったのですな。

それに2垢のジャックに愛を注ぐのが楽しかったというのもあります。

8月8日 ミュモルのヒロイン・ショーにて撮影
2010_08_08_123927.jpg
2010_08_08_123933.jpg
2010_08_08_123934.jpg

ジャックかわいいよジャック・・・。



●2010年8月~2011年4月頃
<どっぷりとアビセア生活>

あまりScreenShotに記録を残しておらず、またUchinoBlogにも記事の投稿のなかった時期なのですが、間違いなくアビセア世界にどっぷりと浸かった生活を送っておりました。2垢ジャックの防具とジョブを充実させまくったのはこの頃だと思います。


●2011年4月下旬
ウルスラグナ(Lv90)が完成>

アビセアで遊び始めた初期の頃は、まだまだエンピリアンウェポン作成の敷居は高かったので手を出さずにいました。代わりに代替武器の位置にあった、いわゆるコイン武器格闘Rフィスト+1をお試しで作成しまして、これを使ってみたところWSのビクトリースマイトを含めて素晴らしいという結論に至ったのですな。ならばウルスラグナを作ろうと決心した訳であります。

ちょうど前述の金策LS内で有志によるエンピリアンウェポン作成の固定活動が始まったのでそれに参加しての作成となりました。以後、完成から2021年2月現在に至るまでメインウェポンとして使い続けています。

ウルスラグナは作って本当によかった!

当時のUchinoBlogに下記の記事が投稿されていました。
ウルス90

固定活動以外でも自身で野良開催して積極的に素材を収集していた様子がうかがえます。同梱されているニコニコ動画の紹介ですが、今見ても面白いですねこれ。



といったところで、アポ暗を芸術作品として完成させようとしていたのが2010年の前半であり、2010年前半~2011年前半はアビセア三部作を遊び尽くしていたという時期なのでした。(続く)



2021/02/05 (金) / 18:08









------------------------------- 日記件名 -------------------------------
ホスピタラーピアス狙いつつミザレオへ珪砂取りに行ってきました。

------------------------------- 日記本文 -------------------------------
remaster_33.jpg

目論見どおりNM2匹やってピアスゲットしたころに珪砂×6もそろい金魚鉢合成へ(σ´∀`)σ

下が拾ってきたレシピなんですが
---------------------------------------------------------
メインスキル  木工 10?  サブスキル 鍛冶 ?  錬金 ?
光 : ブロンズインゴット / ラワン材 / クロウラーの石 / ジーグリンデパテ / ガラス板 / 金魚水セット / 金魚 / 黒出目金

ガラス板 : 錬金術 56  : 炎 : 岩塩×1 / 胡粉×1 / 珪砂×6
ジークリンデパテ : 錬金術 55? :  土 : 亜麻仁油×2 / 胡粉×2 / 亜鉛華×1

亜鉛華 : 彫金 2? : 炎 : 亜鉛鉱×3
胡粉 : 骨細工 : 風 : 貝殻×3
亜麻仁油 : 裁縫 15? : 水 : 亜麻×2
---------------------------------------------------------

広く浅く合成スキルをあげた自分には全部自作できそう(★∀★)
・・・・っとドキドキしながら合成したところ全部割れなしでいけましたヽ(´ー`)ノ

しかし、鉢に放り込まれるこの金魚2匹が本当に生きているのかが本当に【気になります。】
(いちおうピクピク動いてはいたけどw)

------------------------------- コメント -------------------------------

------------------------------- ここまで -------------------------------


調度品にまつわる話で結んでいますが、調度品って今や沼コンテンツですよね~・・・いつか調度品で部屋のデザインを楽しもうと倉庫キャラに片っ端から調度品をため込んでいるのですが、どういうデザインかを確認するには用語辞典先生に画像が掲載されているか見て、掲載されていない場合はいちいち設置して自身の目で確認する必要があります。

きっとそれが楽しいだろうと予想して未来のその日に向かってひたすら調度品を貯め続けているのが現在なのですが沼っぽい感じがしないでもないという・・・。



2021/02/04 (木) / 22:19








という訳で更新をさぼっていたので1/29(金)~2/3(水)の6日間のプレイ日記のダイジェスト版となります。

●2021年1月29日(金)
<未だに詰みルートで

最近はオデシーC雑魚でのモグセグメント稼ぎを2連戦するか、そうでなければオーメン詰みルートを青魔道士2人3キャラでジョブポイント稼ぎとしてやっています。

その第3層(最後の層)を時計回りで殲滅すると最後にパノプト族アンシーリー族が配置されているのですが、ここでよく返り討ちに合うのですな。

返り討ちに合った結果です。
2021_01_29_212757_a.jpg

その後はアンバスケード第1章「とてむずず」を近接構成で野良開催しました。だいぶ慣れたので余裕の勝利であります。

「オーラオラオラオラオラァッ!」
2021_01_29_223150_a.jpg

「タルタルなんですぐ死んでしまうん?;」
2021_01_29_223334_a.jpg

その後、さらにニル召喚構成でジョブを求めるアンバス第1章とてむずの野良公募があったので、自分の魔導剣士で参加してみたのですな。パッセ構成だとどういった感じ、タイムになるのかを知るためでした。

最後はマーヒーです。
2021_01_29_231546_a.jpg

まぁタイム的にはどちらでもいいと思うのですが、MMMでSPアビを回復させるのは若干面倒なのと、ニルヴァーナ持ちの召喚士に絞って参加を募る分、近接構成の方がジョブ構成が緩いので集まりやすくて開始しやすいかなぁっというのが正直な感想です。



●2021年1月31日(日)
<2垢の黒コでジョブポPT>

コルセアを仕上げたものの、出番が中々見いだせずジョブポ稼ぎが課題となりそうでしたので、2垢の黒魔道士と組ませたジョブポPTを試してみました。残りはフェイスでラストスタンドサベッジブレードによる連携サンダー5or6でMBを狙う形です。

業者やtーrーのいない場所を選びました。
2021_02_01_193312.jpg

悪くない暇つぶし程度でしたが、これをメインの遊びにするのはどうかなぁと思いました。2キャラ+フェイスの構成でしたから中身のあるプレイヤーキャラクターで置き換えると稼ぎも良くなってやる意味も出てくるかもしれませんが・・・。



●2021年2月2日(火)
<ダブルコルセア完成の記念撮影>

本体のAsthelと2垢のジャックのコルセアの装備品がほぼ同レベルで完成したので記念撮影です。最後にフォーマルハウトをR15に強化するかを迷っていたのですが、中途半端はよくないという事で2キャラともR15に強化しました。

ベタですがロックスタイルはこの服装にしようと思います。
2021_02_02_231226.jpg
2021_02_02_231150.jpg

ちなみにR15にする際にその存在に気付いたのですが、強化をしてくれるNPC Oboro を利用したトレードトラップのプレイヤーキャラクター(PC)が配置されていました。

そのトラップの名は Odoro です。
twitter_2021_02_02_225109.jpg
twitter_2021_02_02_225112.jpg
twitter_2021_02_02_225114.jpg
twitter_2021_02_02_225115.jpg

誤って大切な素材をトレードしてしまわないように注意しましょう。どうやらAsuraワールド以外にも設置されているようでツイートしたら注意喚起として何度かリツイートを頂きました↓
https://twitter.com/Astel_Asura/status/1356609731960446980



●2021年2月3日(水)
<発展途上の野良アンバスに参加>

ちょっとやることがなくなって手を余した際にとあるエールがあったのですな。それはアンバスケードの難易度「ふつう」をやるので経験者さん助けて!!的な雰囲気の内容でした。エールの主はよくそういった内容のエールをしているのを目にした覚えがありました。

思い返すこと約2年前、自分も難易度「ふつう」で野良開催してたなぁっと心に触れる部分があったので助力のつもりで参加を申し出ました。結果から言うと、モンクでばりばりに産強石・三毒石のみを視線避けしてフルボッコ、最後のFriggも魅了ダンスのみをほぼ避けて「ふつう」は完勝!これを受けて難易度を「むず」にあげてもやはり完勝でした。

前衛の技量で難易度が上下するのは間違いないと思います。
2021_02_03_223645_a.jpg

と言いつつ産強石を食らって白さんに見事な蹴りポーズでテラーの図
2021_02_03_233039_a.jpg
2021_02_03_233045_a.jpg

そんなこんなでアンバスケードが終わったところで、アレキサンドライトの収集を再開しました。実はこの3日間ほどで買い集めていたのです。

ついにニルヴァーナを作成することを決意したのです。それも2キャラ同時です。たぶんギルは間に合います。そして何より、他の人のお手伝いをしていたうちにアレキサンドライト以外の項目は達成済みだったので作っておかないともったいない気がしてきたのですな。

んが!

YouTube見ながら適当に買取していたらミスを犯しました。誤落札ってやつです。35万ギルで入札すべきところを350万ギルで入札してしまいました。315万ギルの損失です。

あっふーん。
2021_02_04_022513_a.jpg

とはいえクエストは無事に進みました。

「ルンタカターン♪」
2021_02_04_023937_a.jpg

本業の10日分の利益を吹っ飛ばしてくれた感じです。なんてことだー /(^o^)\ フッジサーン



2021/02/04 (木) / 16:31









------------------------------- 日記件名 -------------------------------
Astel は

------------------------------- 日記本文 -------------------------------
remaster_32.jpg

Silivis を倒した。 ペットのハチともどもプチっと(´∀`)
















まぁ冗談はさておき、相当張り込んだ甲斐がありましたのぅw
シリさんおめおめ(★∀★)

------------------------------- コメント -------------------------------
Tunis > シリヴィ、おめぃ!w (07/31 14:53)
Ah*****u > おおー^^、おめでとー^^
------------------------------- ここまで -------------------------------


これはどういう状況だったかというと、Demonic Tiphia(でもにっくちふぃあ)という2005年7月19日のバージョンアップで実装された新しいNMでチフィアスティングというアイテムをドロップするのですな。

このチフィアスティング投てき武器でして、当時のモンクにとっては最終装備といえるものでシリさん(Silivis)が取得するのをお手伝いしたという内容の日記です。

ちなみにシリさんが死んでいる原因は最後にファイナルスピアを食らった結果と思われます。伊達にNMではないのでくらうと即死級のダメージを叩き出していたのですな。



2021/02/01 (月) / 16:19





HOME

Copyright(C) 2019 Tomorrow Never Dies All Rights Reserved.
FF11画像⇒Copyright(C)2002-2019 SQUARE ENIX CO.,LTD.All Rights Reserved
当Blogに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標もしくは商標です。