FC2ブログ

«プロフィール»

Astel

Author:Astel
●管理者ページ
●Twitter
●Twilog
Profile
Profile

FF11に関する私的ブログですが閲覧・コメント歓迎です。
パン鯖の時は Astel でした。

<<プレイ期間>>
[第1期] 2004年3月~2013年4月
[第2期] 2014年9月~2015年4月
[第3期] 2019年2月~ 現在

«FC2カウンター»

«ブログ内検索»

«最近のコメント»

«最近のトラックバック»

«最新の記事»

«FF11リンク»

«カテゴリー»

«月別アーカイブ»

«FC2ブログランキング»

Tomorrow Never Dies

FF11の私的なプレイ日記




という訳で、前々回のプレイ日記「3/28(日) オーメン4回でカード31枚」に引き続いてのオーメン詰みルートからです。

20時頃から募集を開始しました。日曜日の日中にトリガーを4つ消費しきった事により、今回の夜に2回行き、さらに翌日の3月31日(水)の夜にも2回いけるようなトリガーの補充となるはずです。(※20時間に1個補充されます)

募集開始から約20分ほどで総勢15名ほどになったのでレッツゴーでありました。

さすがにこれだけの早い時間であれば・・・・と思いましたが、それでも待ちは4組ほど居ました。順調に全てのお題をこなして、続けて2回目に行く人だけ残ってもらったところ、ちょっと物足りない戦力となってしまったので私が街に戻り、補充の /yell をすること約10分でかかっと同程度の人数に戻したところで21時10分頃でした。ここからちょっと長い待ちを経て入場し、入場しさえすればお題はすんなり全てをこなすことができまして、2回でカード19枚の大収穫でありました。

これで召喚士ジョブカードを揃え切る目途が立ちました。翌日も同じようにできれば、めでたく両足の両方がAF119+3にアップグレードできるはずです。

この後は相方の、いつか来るであろう次ジョブ用のエンピリアン装束の強化品を欲する日に備えて、早春のアイテムGETアップアップキャンペーンに含まれている印章バトルフィールド ドロップアイテム追加キャンペーンで入手することができるクーポンI-Sealをささっと取りに行くことにしました。

選んだのは、ゼロスオーブで入れる熊爪嶽BFNM「視線恐怖症」です。範囲エレ魔法の打てる青魔道士で行けばギミックも気にせず瞬殺で終わるお手軽感が良いです。実際、1発で沈めました!!

と、ここらで22時を超えてしまったので相方はおやすみなさい。ログアウトとなったわけであります。

そこで私は前日と同様の考えでアンバスケード大典1章の「とてむず」を開催することにしました。さくっと応募で埋まり、剣戦コ風吟白というPTが完成しました。魔導剣士風水士が自分です。

新たに得られた攻略情報を実践してみたところ、非常にスマートにボスの3連携を乗り切ることができるようになりました。最短7分半ほどの戦闘時間でデジョンリングのリキャスト的にも都合の良い感じで周回を重ねまして6戦をこなしたところで24時になったので終了としました。

風水士吟遊詩人も殴っていくスタイル
2021_03_30_232308_a.jpg
2021_03_30_232546_a.jpg

ちなみに新たに得られた攻略情報とは、1つ前の投稿記事「アンバス「Bozzetto Rascal(トンベリ)」備忘録」に書いた内容の事です。詳細はこちらを参照という事で!

ちなみに今回の記事を書いてて気付きましたが、ダメージ上限値の99999を発生させる特殊技は「みんなの怨讐」と「みんなの怨恨」の2種類があるようですね。

------------------------------------------------------------------------------------------------
Bozzetto Monarchは、みんなの怨讐を実行。
→G******に、99999ダメージ。

Bozzetto Monarchは、みんなの怨恨を実行。
→S**に、99999ダメージ。

Bozzetto Monarchは、みんなの怨恨を実行。
→Asthelに、99999ダメージ。
Asthelは、Bozzetto Monarchに倒された……。
------------------------------------------------------------------------------------------------

違いは不明ですが・・・。

にしてもキャンペーン中はいろいろ忙しすぎてデスペナルティ作成の工程が全く進んでいません。所持ギル的には2本を最終段階まで強化できる目途がついているのですが、他の工程部分が進まないとせっかくの所持ギルも持ち腐れです。ただ、どのみち今年のゴールデンウィークもステイホームが決定が間違いない状況ですから、その期間に一気に作成を進めてしまおうかなぁとぼんやり考えております。



2021/03/31 (水) / 18:34








バージョンアップを3日後に控えた昨夜になって知った情報ですが、有益な割に次回のリバイバルで再登場した際に忘れていそうなので、今のうちに備忘録として残しておこうと思います。

アンバスケード大典1章に登場する「Bozzetto Rascal(トンベリ)」についてですが、下記の情報に出会えたのですな。

ありすさん、かぐらさんありがとうございます。
2021_03_31_070736_a.jpg

これはどういうことかと言うと、ボス「Bozzetto Rascal(トンベリ)」は、特殊技「断罪の光(TPリセット)」 ⇒ 胴斬り or 袈裟斬り 胴刈り or 袈裟刈り (が正しかったので訂正しました) ⇒ 背後から半透明の分身が不意打ちの3連携を使用するんですが、この時に受ける連携のダメージが大きく、最後の3撃目の不意打ちを受ける際に半透明の分身に正対して視線を合わせる事で不意打ちを不成立にさせれば「必ず戦闘不能にならない程度のダメージで済む」という錯覚があったという話です。

何が錯覚かというと、胴斬り胴刈り(が正しかったので訂正しました)の追加効果である「防御力ダウン」を受けた状態のままだと、視線合わせが上手くいっても結局3撃目が大ダメージとなり、結果として連携のダメージも大きくて戦闘不能に陥ってしまうというケースがあるのでした。

実のところ、これ自体は認識していて自身の2垢白魔道士の時はイレース連打したり、そうでない時はパナケイア使用を連打していればいいと思っていたのですが、これをやっていると操作が間に合わなかったり硬直があったりで視線合わせの方を失敗してしまう事もあって、結局ダメだったりしていたのですが、これをスマートに解決する方法があるというのがツイートの内容です。

ずばり、魔導剣士単体でも完結する行動です。

エンチャントルーンのゲールス(氷属性を帯びて耐風アップ)×3の使用とバエアロ(耐風アップ)を使用するだけです。

用語辞典先生の「防御力ダウン」の項目をよく読むと、この状態異常属性であることが明記されていました。そもそも用語「状態異常」には一覧で見易くまとめてくれてありました。さすがの先生であります!!

ということで、魔導剣士ならば自前で耐風を上げきる事でスマートに余裕をもって対処できるようになるはずです。

ただし、3連携の連携を無事に乗り切ったとしても、その際にボスみんなの怨念「みんなの怨讐」と「みんなの怨恨」(が正しかったので訂正しました)を合わせてくるとMB扱いなのかダメージ上限値の99999を受けて戦闘不能になるようで、これはもう避けようがないような感じです。が悪かったと開き直りましょう!



2021/03/31 (水) / 13:02








次回のバージョンアップ予定日は4月2日(金)だそうです。

詳細は下記サイトをご覧ください。
https://forum.square-enix.com/ffxi/threads/57993

これは普段のバージョンアップに比べると1週間ほど早いと感じる予定日です。問題と言う程ではないですが、アンバスケードのポイント稼ぎを後回し気味にしていたので、バージョンアップ予定日の前日である4月1日(木)までに可能な限りアンバスケードをやっておく必要があります。

ここで悩むのが2垢のジャックの存在です。普段なら連れて行くところですが、白魔道士の枠は相方で埋まっているので風水士で連れていくしかない訳でありますが、前日のプレイ日記「3/28(日) オーメン4回でカード31枚」に書いた通り、今回のアンバスケード第1章の「とてむず」では風水士吟遊詩人の代わりにはならない事が判明していたので、連れて行くのはひとまずやめにしたんですな。

それで20時頃から野良で募集を開始したところ剣竜竜コ吟白という構成が完成し、自分は魔導剣士での出陣でした。ちなみに竜騎士のうち1人とコルセアはLSメンでした。

このPTでは何度か私が回避に失敗して死んだり、2人いる竜騎士のうち野良で応募してくれた方が21時過ぎで抜けたので代わりにLSメンの竜騎士を補充したりで22時までやって解散、おそらく6戦位はしたはずです。

ここで相方の白魔道士おやすみなさい。で抜けたのを機にパーティはいったん解散し、ちょっと休憩をいれて今度は2垢のジャックも連れて行ってみることにしました。いろいろ考えた挙句、ジャックが白魔道士で出陣する分には問題はなく、そして白魔道士枠を野良の応募者に譲る場合は風水士で出陣させて、代わりにコルセアの枠を削るという考えに改めたのですな。

その結果、剣暗暗風吟白という構成が完成しました。やっぱり自分は魔導剣士でした。前日のプレイにてリベレーター暗黒騎士で遊べたので、まぁいいかというところです。

でぇ、結果としてはこの構成でまったく問題はありませんでした!

ということでバージョンアップ前日の4月1日(木)までに引き続き2キャラでがんがんアンバスケード第1章「とてむず」を開催してしまいたいと思います。

ちなみに、寝る直前に「とてむず」でDD1人募集のエールを見てしまったのでリベレーター暗黒騎士で飛びついて参加することができました。ただ、そのPTの方針で召喚士を倒した後は私1人で連携も活用してすぐにボスを削り始めてほしいとのことだったのでそれに従ったのですが、案の定すぐにターゲットが来て、削りつつ避けるのはWS硬直があり難易度が相当なものですって言い訳を考えているうちに地面をぺロってました。

ボスを最後にしておけば、雑魚を殲滅してる間にジョブがそれ相応の蓄積ヘイトを稼いでいてくれますから、すぐにターゲットが来たりはしないはずです。ですので、DD1人が先行してボスを削る事に利点はないと個人的には思っています。



2021/03/30 (火) / 12:21








3/11(木)から始まっていた「早春のアイテムGETアップアップキャンペーン」は3月31日(水)の23:59頃までということなので、もう残りも少なくなっているのですな。

私が利用したいと思っていたのはオーメンジョブカードゲットキャンペーンだったのですが、いちおう最低限度の目標に定めていたコルセアのAF119+2をAF119+3にグレードアップする事は「3/19(金)~3/20(土) 野良オーメン詰みなど」で書いたように達成できていたのですが、できれば召喚士の各種AF119+1や+2の装備もグレードアップさせたいと思っていた訳であります。

でぇ、この日の昼食後から野良で募集を開始 →オーメン詰みルート → メンバーは自由抜けとして、2回目に行くのに必要な戦力を野良で追加募集 → 2回目の詰みルート → これを繰り返して4回オーメン詰みルートを野良で開催という気合の入ったプレイで召喚士ジョブカードを31枚ゲットすることに成功しました。

まぁ、終わったのは夕方でしたが・・・。。

とはいえ、待ち時間の間はリアル雑務を片付けることもできたので混雑による待ち時間を無為に過ごしていた訳ではありません!もちろん、待ち無しで入れるのが一番なのですが全ワールドの中で圧倒的に人口の多いAsuraワールドでは無理な話というものです。

夕方から夕飯までの間にはアンバスケード第1章の「とてむず」を野良で開催していたのですが、これが私の未熟さゆえに事故死が多発して1勝止まりという過去に類を見ない最低の戦績を残してしまいました。

みんな、ごめんよ・・・
2021_03_28_183003_a.jpg

は懲りずにまた野良で開催したのですが、詩人さんから応募が来なかったので強化は風水士コルセアで十分だろうっていう見切り発車で剣暗暗コ風白という構成を組み、自分は物凄く珍しいことに暗黒騎士で出陣できたのですが、これがPT全体で命中不足が顕著でスッカスカの扇風機状態でした。

ハンターズロールジオトーパーを組み合わせれば命中はキャップに達すると踏んでいたのですが、これが全くの見当誤りでスッカスカの扇風機の原因となってしまいました。

そこでもう1人の暗黒騎士さんに申し訳ないことに吟遊詩人にチェンジして頂いた上で風水士をクビにして、野良でDDの補充をかけたところ、これまた暗黒騎士さんから応募がすぐに来て今度は剣暗暗コ吟白という構成で歌はマチマチメヌマド、これにハンターズロールを加えたところ命中はキャップしたようで無事にガンガン削れる状態となった訳であります。

と言っても死者はポンポン出ていましたが・・・
2021_03_28_211114_a.jpg
2021_03_28_211318_a.jpg

今度は5勝ほどしたところで予定イベントのある22時になったので無事に解散となりました。ちなみに久しぶり、というか装備をある時にチューンナップして以降、まったく実戦で出す機会のなかったリベレーター暗黒騎士だったのでログを解析にかけてみました。

これ↓のPlayer1(暗)が私です。
2021_03_28_21-21_anon.txt

ちなみにもう1人の暗黒騎士さんはカラドボルグを振っていました。とりあえず、リベレーター暗黒騎士としては十分に仕上がっている感触を得られた感じで満足であります。

22時からは固定のオデシーCに本体のAsthelのコルセアで2回参加してきましたが、こちらの方は特筆するほどの事はないので省略です。



2021/03/29 (月) / 02:40








というわけでいよいよ最終回となります。

時期としては第2期プレイの2014年9月~2015年4月となります。

ただ、この時期って前回の「FF11個人史を振り返る⑧」までの期間と比べると、残っている記録が極端に少ないのですな。

まず、UchinoBlogに記事が1つも無いのです。これはFF11の存在を思い出したものの、UchinoBlogの存在までは思い出せなかったからだと思われます。

そしてScreenShot(SS)もそんなに撮っていませんでした。そこまで重要な場面がなかったからなのか、単に撮り忘れかは謎ですが、とにかくプレイに関するそういった記録が無かったり、少なかったりするので記憶頼りの話になってきます。


●2014年9月10日
ウェルカムバックキャンペーンで復帰>

これは日にちを特定することができました。ログ取得ソフトが自動で機能し続けていたのでファイルとして日付が残っていたのですな。ウェルカムバックキャンペーンに気づいた理由はスクウェア・エニックスからのEmailでのお知らせだった気がします。

普段だと目を通さずにフィルタリングで自動的にフォルダに振り分けされるだけなのですが、たまたまEmailソフトの見直しをしていた時にこのお知らせメールが目に留まり、FF11の存在を思い出すとともに無料ならばまず入ってみようと思ったのですな。

そしてそのまま第2期プレイとして再開したわけであります。

ただ、再開して間もなく私自身に激震が走ります。金策LSの面々のほぼ9割近くがFF11から去っていることを知りました。具体的に言うと、リーダー以外は2~3人しか残っていませんでした。フルアライアンス規模の人数・キャラクターがいたLSだというのに、私が不在の1年半で何があったというのか・・・。

ついでに言うと、もともと少人数で私しかいない時間が多かったホームLSからも完全に人が居なくなっていました。

それらのLSとは別に、金策LSやホームLSとは別にパールをもらっていた裏LSを母体としていたもう1つのたホームLSには友達含めて人が残っていたのでそのパールをメインに付けてプレイすることにしました。これは本当に幸いなことでした。このLSまで人が居なかったら第2期プレイをしていたかどうかすら怪しいです。



●2014年9月のどこか
<ワープ開放を全面支援してもらえました>

2021年3月現在においても、長期間の休止から復帰したプレイヤーの大半が経験するであろう「ワープ開通の儀」が私にも該当したのですな。FF11用語辞典大先生のHome Point(HP)の項目を読むとHPによるワープ機能が実装されたのは2013年12月11日のバージョンアップだったそうで、まさに課金を止めていた期間ドンピシャの時期に実装されていました。

また、このHPワープだけでなくウェイポイントも全てが未開通という状況でした。このため、本来なら相当「ワープ開通の儀」で苦労するはずだったのですが、復帰したての私に/tellをくれたお友達がいました。その方はIorineさんという方で、パンデモニウム時代はIoriさんというキャラクター名だったと思います。

彼(もしくは彼女)は、私が2009年末から2010年1月にかけて野良で開催していたデュナミスに何回か参加してくれた方で、その後、偶然町でお会いした際に話し込んでフレンド登録していた方で、ちょくちょく雑談する仲だったんですな。

彼曰く、私の開催した野良でのデュナミスが初めての裏への参加だったらしく、その割にスムーズに攻略できて楽しかったので話しかけてくれたところ意気投合した感じだったのです。そして、私が復帰したところをフレンドリストで気づいて/tellをくれた次第でした。

私は復帰の経緯や、復帰後の周囲の状況を話したところ、まずはワープを開放しましょう!ということを提案してくれて、アドゥリン全エリアのHPワープウェイポイント開通の案内役を買って出てくれたのです。

彼は、昔お世話になったお返しがしたいのだと言ってくれました。

嬉しくて涙が出そうになりました。

というわけで、第2期プレイの第1歩であたる「ワープ開通の儀」は滞りなく、最短で終えることが出来たのでした。本当にありがたいことでありました!



●2014年9月のどこか
<所持していた武器のIL119化を完了>

実装時期は不明ですが、レリックウェポンミシックウェポンエンピリアンウェポンのIL119化の強化が実装されていたのですな。私の持っていたアポカリプス<リベレーターウルスラグナも強化でIL119にすることが出来ると知り、すぐに強化を完了しました。

この頃に知ったのですが、拡張データディスク の発売後、約1か月か2か月後に次々と実装されたメナスインスペクターなどで得られるユニクロ装備的な武器群を前に、レリックウェポンミシックウェポンエンピリアンウェポンがゴミのような存在と化した時期があり、それに落胆したプレイヤーの多くがFF11から離れることになったらしいのですな。

俗にアドゥリンショックというらしい?です。私は偶然ながらこれが発生する直前にFF11から別の理由で離れていたので、このショックを経験せずに済んだのですな。経験していたらどういう行動に出ていたかは謎です。

ともあれ、そんな事情も知らないまま強化したばかりのリベレーターを手に、当時のLSで固定活動として行われていたインカージョンにもアタッカー専門として参加させてもらえることになった訳であります。

リベレーターを作成した2013年の1月は、当時まだ機能していた金策LSでレギオンADL(Arch Dynamis Lord)狩りが行われていたので、リベレーターを出す機会があるにはあったのですが、全体装備のやマクロ・動きの調整が未完成という事を理由にあまり、リベレーターで出撃していなかったのですね。

つまり、せっかく作った割にあまり使いこまずにいたのですが、この時にIL119化したリベレーターは、当時ホームLSが主体となって開催されていたインカージョンという最前線コンテンツでアタッカーとして採用されることになり、活躍の場が存分に与えられることになりました。これにより第2期プレイは出だしから楽しくプレイできる環境に恵まれたのでした。

他にもメナスインスペクターも参加できました!
2014_10_09_231106_a.jpg



●2014年11月のどこか
アドゥリンミッションをコンプリート>

復帰してすぐに着手し始めたことの1つにアドゥリンミッションがあります。クエスト・ミッション好きな私がやらないはずはないのであります。ちょうど復帰から2か月程のこの頃にあった2014年11月10日のバージョンアップアドゥリンミッションが完結したのですな。

ほんと、ちょうどいい時期に復帰できたと思います。

集中プレイにより一気にアドゥリンミッションをコンプリートさせたわけであります。



●2014年11月21日
オルンミラトルクが2つ同時にドロップ>

RaExハンターとしての腕は健在でした
2014_11_21_071411.jpg

ちなみにこれが挑戦1回目でした。伊達に物欲センサー回避スキルが青字ではないのです。



●2014年11月24日
モグタブレットを発見>

丁度タブレットが飛んでいく瞬間を激写
2014_11_24_025910.jpg
2014_11_24_025915.jpg

この頃からタラリアを求めてモグタブレットを積極的に探しに行くようになりました。



●2014年末頃
<とあるビッグプロジェクトを開始>

前述のように、私はアドゥリンショックを受けずに済み、その直前まで属していた金策LSで稼いだギルをほぼ温存したたままFF11の課金を止めていました。そして復帰したわけですが、すでにアドゥリンのコンテンツ群は成熟に入っており、エピオラトリーイドリスも実装済みでした。

その一方で、魔導剣士ジョブとしてまだまだ未完成で発展途上の状態だったようでジョブは俗にイーハンと呼ばれるイージスオハンの両方のを持ち、かつブルトガングを持っているナイトが圧倒的に優勢でした。

そしてレベルの高いコンテンツで快適に遊ぶにはこのジョブがあった方が良いと悟ったのですな。それでいて、これまでそうしてきたように新しく出た拡張データディスクで実装された新ジョブは最低1つはきちんと育てて遊びたいという思いがありました。

「ジラートの幻影」においては忍者を、「アトルガンの秘宝」がにおいては青魔道士を、そして「アルタナの神兵」においては学者を上げてしっかりとそのジョブで遊びました。

そういった背景やプレイ方針があり、この頃にとあるビッグプロジェクトをスタートさせたのです。

それはナイトのためにイージスオハン、そしてブルトガングの3つを作成し、さらに2垢のジャック用にヤグルシュを作成するというものでした。さらにさらにエピオラトリーイドリスの両方も作成するという計画でした。当時、これだけのことを可能とするだけのギルを所持していたのですな。

当然、ワークスコールは全くの未着手からのスタートでレジェンドと全ワークスコールのコンプリートを目指し始める必要があり、すぐにこれを着手しました。

またギルさえあれば容易に完成できるイージスを作成し、レベル99まで強化を終えました。同時にオハンを作成するために鋼鉄の鎧板集めを開始したのでした。

このビッグプロジェクトは順調に進んでいたのですが、進行途中で第2期プレイを終えざる絵を得ない状況となり、プロジェクトは第3期プレイに引き継がれることとなったのです。ちなみにその引き継ぎの際にナイトに関わる部分はほぼ停止ということになりました。2021年3月現在の情報でいうと、オハンは出番がないと判断し作成は諦めました。そしてブルトガングは作ったもののLv75のまま未強化で止めているという状況です。

結果的にですが、無駄なことは最小限に抑えつつ第3期プレイにおいてこのビッグプロジェクトがいちおう完結し、それがさらなる飛躍のきっかけとなってくれたので大成功だったといえるでしょう。



●2015年1月10日
Arch Dynamis Lordシーフソロで狩れるようになる>

2個ドロップでまいうー!って感じで何回かやってました
2015_01_10_162616.jpg



●2015年1月26日
<前衛装備を一通り集め終わりました>

この第2期プレイ中は主に暗黒騎士に力を入れていて、その最終装備品の中でメスヨヒホーバーが候補の1つだったのですが、これがドロップする上位ミッションバトルフィールド「★デルクフの塔再び」は当時なかなかの難易度を誇っていてので取るまでに苦労したのですな。

取得に成功した姿がこれであります
2015_01_26_215925_a.jpg

今見るとセンスを疑う姿ですが、当時はロックスタイル機能をよく理解しておらず使いこなしてもいなかったのでありのままの姿でいた結果がこれだったわけです。



●2015年5月14日
<第2期プレイを終了して再び課金を停止>

FF11シリーズ完結の最終ミッションと呼ばれるヴァナ・ディールの星唄の最初の実装が行われた日でした。私はこれのオープニングを見た時、「アルタナの神兵」が完結するまでに約3年の月日が必要だった事実を思い出しました。

さすがに長期間すぎて物語の内容を忘れがちな状況で追加された部分をその都度終わらせていたあの日々のことを思い出したわけです。ちょうどリアルも忙しくなってしまったため、いったん課金を停止して、このヴァナ・ディールの星唄が完結した頃に課金を再開して一気にクリアしようと企んだのですな。

賢い企みだと思うのですが、なんとまたFF11の存在を忘れ続けて思い出すことなく月日は流れ、実際に第3期プレイとして再開できたのは課金停止から約4年後の2019年2月、ヴァナ・ディールの星唄が完結編が実装されたのは2015年11月10日のバージョンアップだったらしいのでそれから約3年と3か月後になって復帰したわけであります。

というか、実装から半年ほどで完結させてくれていたのですね。そうと知っていれば課金停止はしなかったと思います。

(;´Д`)

そして私の物語は「[第3期] 復帰日記」の初投稿である2019年2月2日の投稿「 復帰しました」へとつながっていくわけであります。

以上、長々と続いたFF11個人史の振り返りでした!



2021/03/28 (日) / 14:06








オデシーCでジョブポイントががっつり稼げるとわかってから、再開業しようと思っていたジョブがあります。

それは学者です。

レベル99時代は、オーラの使い手として、また赤線スタンの使い手として最前線で使っていたジョブですが、第1期プレイの終焉と共にお役御免となり、ジョブとしては放棄した状態になっていたのですな。

これを再開業したいと思った次第です!

でぇ、ひとまずはオデシーCで使えればいいので黒のグリモア系の連携などの整備は棚上げして、範囲可したリジェネ用の装備や、強化魔法スキル500以上かつ両手装備にABブレーサー+1を採用した状態というのを達成しておく必要があります。

以前のレベル99時代の装備でもこれは達成できているのですが、さらに強化魔法効果時間の延長を付けた状態にするのがベストなんですな。これを達成するためにはメインウェポンガーダを装備させたいという事で早速取りに行ってみました。

相手は醴泉島ギアスフェットNM「Old Shuck」です。

わんわんお!わんわんお!
2021_03_27_170313.jpg

・・・撃破は容易だったのですが、トレジャーハンター+2+2だと8戦やってもガーダのドロップがなく、トリガーアイテムのリッジの大箱×2は、後々イオニックウェポンを作りたいと思った時に使う可能性があるのでこれ以上の消費は避けたいところでした。

なのでこれで解決しました・・・!
2021_03_27_173049_a.jpg

初めからケチらずにドメインポイントを使っておくべきでした(;´Д`)

さて、オデシーCを1回やったのちに固定活動のオデシーJ(シェオル ジェール)でSgliの連戦でした。

固定活動としては3回目なので撃破はもう慣れたものです。

解析結果としてはこんな感じでした↓
2021_03_27_21-04_Sgili_anon.txt

魔導剣士グラウンドストライクを撃ち、コルセアレデンサリュートにつなげて連携を出してストーン系のMBしているのですが、この連携のダメージ自体がイナンデーションの効果もあってか相当なダメージ源となっていますな。

1戦平均で6分29秒にまで縮まってきました!
2021_03_27_224517_a.jpg

今回の活動結果でここまで強化が完了
2021_03_27_234205_a.jpg
2021_03_27_234208_a.jpg

惜しむらくは、活動の開始時刻が土曜日の21時半からなので混雑の影響をもろ受けして、これだけ戦闘時間を短縮しても5戦しか行えないことですな。10戦ぐらいはやりたいところなのですが・・・。



2021/03/28 (日) / 10:26








また個人的な考察ものです。

長いです。ごめんなさい。

ホームLSって言葉がありますよね。私はこの言葉の定義が曖昧だなぁって思っています。とりあえず私自身の勝手な定義付けを行うと、「目的別LSとは違って、特に目的は無くても常時着けているリンクパールのLSのこと」といった辺りです。

ここで新たな言葉「目的別LS」というのが出てきましたが、これは定義が明確だと思います。言葉が表すそのままの意味です。具体例を挙げるなら、
裏LS→Lv75時代に存在したデュナミスの攻略を目的としたLS
空LS→Lv75時代に存在したトゥー・リアのNM、すなわち四神と麒麟の討伐を目的としたLS
リンバスLS→Lv75時代に存在したリンバスの攻略を目的としたLS
といったあたりが有名だと思います。

これら目的別LSでは、活動の時間帯が固定で決まっていて、その時間帯だけそのLSのパールを付けて、活動が終わればそのパールを外して元のホームLSのパールを付けるというのが一般的で普通の利用方法だったと思います。

なんでこんな話をし出しているかと言うと、ツイッターでやたらと「LSで〇〇に行った/連れてってもらった/手伝ってもらった/仲間外れにされた/装備面で格差が生じている」などと言うツイートが目立つ気がしたのですね。これが目的別LSだったら問題だなぁと思いますが、ホームLSでなら発生しようがない問題にしか私には見えないのですな。しかし、どうも目的別LSではなくてホームLSのような話っぷりもしているという、私から見たら矛盾を抱えたツイートなのです。

で、ふと気づいたわけです。

私にとってホームLSとは単なるチャットチャンネルに過ぎないけど、他の大多数のFF11プレイヤーにとっては、何故か私には理解できない理由により「ホームLSで何かをしなければならいという目的があるけど目的別LSではない」という状況が生じているんだなぁと理解しました。

例えばですけど、私がオデシーCやアンバスケードをやりたいと思った時に野良で該当するエールがなければ、自身で開催します。その際 /yell する前に2つのホームLSそれぞれでこう聞いています。「〇〇やるけど、行きたい人~?」

これに反応した人は誘いますし、無反応で終わることもあります。

別にホームLSなので離席も自由ですし反応しなければならない義務もないわけで、ここに何も問題は発生しません。せっかくならLSメンを優先して誘うという程度の認識ですから、反応が無ければ即 /yell して野良で公募するわけであります。

このような遊び方がFF11の世界に浸透していれば、さぞ野良での開催が活況となってやりたい時に対応する /yell が存在してくれる私にとって住み心地のよい世界になってくれると思うのですが、現実はそうなっていないので「何かやりたい場合はホームLSのみでやらなければならない」という考えが横行しているのでしょうな。

もしくは野良で主催するのが面倒なので、閉じこもったコミュニティ内で慣性的に存在する体制に依存し続けることに慣れきって引きこもり状態に陥っているといったところでしょうか。

野良で主催して成功するとプレイヤーとしての公的な名声が上がってシステムから報酬がおりるとかとかの制度でもない限り、私の望む世界にはなりそうもないです。

何が言いたいかと言うと、アシストチャンネルなどと言うまるで使えない機能は廃止して、3つ目4つ目のLSを付けれるようにしてくれと言う話です。チャットチャンネルは4つぐらいあっていいなぁというのが私の感覚です。



2021/03/27 (土) / 15:45








なんと次回のバージョンアップ予定日は4/2(金)らしいです。通常よりも1週間は早い感じがします。そして、もうこの時点で残り1週間を切っているという事でこの日はアンバスケードを野良開催しておりました。

野良開催、といったものの /yell する前にLSで声をかけたところ2人から反応があり3人4キャラから募集を開始して完成したのが剣モ竜コ吟白という構成でした。

あまり特筆することはないのですが、自分が2垢白魔道士で忙しすぎて、最後のボス中に避けが間に合わずほぼ毎回死んでいたこと以外は至極順調でした。自身が死ぬと白魔道士集中できるのでかえってそれ以降の戦闘不能者は出さないで済んだりといった具合です。

本当は暗黒騎士で出陣したかったです;
2021_03_26_221619_a.jpg

だいたい1戦8分だったと思います。

やる前から火力はほぼ予想がついていましたが解析にかけてみると予想通りの結果でした。つまるところ、LSで募って参加してくれた竜騎士コルセアのしっかりした火力に助けられた感じです。

2021_03_26_21-36_rep.txt

仮にモンクが自分自身のモンクと同レベルだったら5分切るぐらいで終わっていたと思われます。野良だと火力にばらつきが出るのは致し方ないとしても、募集する側からすると、ジョブから/tellが来なくてやむなく魔導剣士を出して、それでいて火力の低いPTしか完成できなかった時ほどがっくりするものはありません。

逆にDDの火力が十分なら吟遊詩人は3曲で十分なんですけどね。募集要項に「3曲可」と書いても3曲の吟遊詩人から応募が来た事は一度もないです。もちろん、全力でプレイしてくれることが条件の1つではありますが!

2時間弱やったものの、累積ホールマーク数は未だ7万5千ほどなのでもう2~3回は開催しないと10万超えすら怪しいところです。問題はいつやろうかなってところですね。



2021/03/27 (土) / 13:01









------------------------------- 日記件名 -------------------------------
季節モノということで話しかけてみたところ

------------------------------- 日記本文 -------------------------------
チャット回数:416566
NPCに話しかけた回数:69196
パーティ参加回数:2199
戦闘回数:62368
戦闘不能回数:460
敵を倒した回数:31659
GMコール回数:7

7回もコールしてた(´~`)

------------------------------- コメント -------------------------------
Tunis > Σ(゚Д゚;)死んだ回数が私の半分だっ

------------------------------- ここまで -------------------------------


これも復元するほどの内容ではないのですが、ついでに復元です。こういうデータは毎年のデータを蓄積して並べてみないとあまり分析にし甲斐もないのですな。そこで過去の記事やScreenShot(SS)のさかのぼって確認できる限りのデータを抜き出してみました。

■2006年
チャット回数:416,566
NPCに話しかけた回数:69,196
パーティ参加回数:2,199
戦闘回数:62,368
戦闘不能回数:460
敵を倒した回数:31,659
GMコール回数:7


■2007年
チャット回数:558,813
NPCに話しかけた回数:101,777
パーティ参加回数:3,125
アライアンス参加回数:864
戦闘回数:88,162
戦闘不能回数:1,043
敵を倒した回数:46,926
GMコール回数:7


■2008年
チャット回数:706,460
NPCに話しかけた回数:132,927
パーティ参加回数:4,306
アライアンス参加回数:1,373
戦闘回数:113,197
戦闘不能回数:1,553
敵を倒した回数:59,991
GMコール回数:7


■2009年
チャット回数:779,450
NPCに話しかけた回数:159,904
パーティ参加回数:5,210
アライアンス参加回数:1,965
戦闘回数:133,938
戦闘不能回数:1,965
敵を倒した回数:71,246
GMコール回数:9


■2010年
チャット回数:828,827
NPCに話しかけた回数:186,224
パーティ参加回数:6,585
アライアンス参加回数:1,879
戦闘回数:156,920
戦闘不能回数:2,485
敵を倒した回数:82,968
GMコール回数:9


■2012年
チャット回数:889,645
NPCに話しかけた回数:230,210
パーティ参加回数:8,117
アライアンス参加回数:2,422
戦闘回数:200,494
戦闘不能回数:3,486
敵を倒した回数:115,585
GMコール回数:9


■2019年
チャット回数:968,443
NPCに話しかけた回数:300,174
パーティ参加回数:9,611
アライアンス参加回数:2,885
戦闘回数:239404
戦闘不能回数:4,580
敵を倒した回数:149,599
GMコール回数:11

となりました。これだと何がどれだけ増えたか分かりにくいので下記のように整形してみます。

●チャット回数
2006年:416,566
2007年:558,813 (前回比 + 142,247 )
2008年:706,460 (前回比 + 147,647 )
2009年:779,450 (前回比 + 72,990 )
2010年:828,827 (前回比 + 49,377)
2011年:なし
2012年:889,645 (前回比 + 60,818)
2019年:968,443 (前回比 + 78,798)
2020年:なし


●NPCに話しかけた回数
2006年:69,196
2007年:101,777 (前回比 + 32,581 )
2008年:132,927 (前回比 + 31,150 )
2009年:159,904 (前回比 + 26,977 )
2010年:186,224 (前回比 + 26,320 )
2011年:なし
2012年:230,210 (前回比 + 43,986 )
2019年:300,174 (前回比 + 69,964 )
2020年:なし


●パーティ参加回数
2006年:2,199
2007年:3,125 (前回比 + 926 )
2008年:4,306 (前回比 + 1,181 )
2009年:5,210 (前回比 + 904 )
2010年:6,585 (前回比 + 1,375 )
2011年:なし
2012年:8,117 (前回比 + 1,532 )
2019年:9,611 (前回比 + 1,494 )
2020年:なし


●アライアンス参加回数
2006年:なし
2007年:864
2008年:1,373 (前回比 + 509 )
2009年:1,965 (前回比 + 325 )
2010年:1,879 (前回比 + 181 )
2011年:なし
2012年:2,422 (前回比 + 543 )
2019年:2,885 (前回比 + 463 )
2020年:なし


●戦闘回数
2006年:62,368
2007年:88,162 (前回比 + 25,794 )
2008年:113,197 (前回比 + 25,035\ )
2009年:133,938 (前回比 + 20,741 )
2010年:156,920 (前回比 + 22,982 )
2011年:なし
2012年:200,494 (前回比 + 43,574 )
2019年:239404 (前回比 + 38,910 )
2020年:なし


●戦闘不能回数
2006年:460
2007年:1,043 (前回比 + 583 )
2008年:1,553 (前回比 + 510 )
2009年:1,965 (前回比 + 412 )
2010年:2,485 (前回比 + 520 )
2011年:なし
2012年:3,486 (前回比 + 1,001 )
2019年:4,580 (前回比 + 1,094 )
2020年:なし


●敵を倒した回数
2006年:31,659
2007年:46,926 (前回比 + 15,267 )
2008年:59,991 (前回比 + 13,065 )
2009年:71,246 (前回比 + 11,255 )
2010年:82,968 (前回比 + 11,722 )
2011年:なし
2012年:115,585 (前回比 + 32,617 )
2019年:149,599 (前回比 + 34,014 )
2020年:なし


●GMコール回数
2006年:7
2007年:7 (前回比 + 0 )
2008年:7 (前回比 + 0 )
2009年:9 (前回比 + 2 )
2010年:9 (前回比 + 0 )
2011年:なし
2012年:9 (前回比 + 0 )
2019年:11 (前回比 + 2 )
2020年:なし


こうして比べてみると1年ごとの増加数はさほど大きな変化はないことが多かったようです。ただ、アライアンス参加回数の2008年と2009年が多いのは、おそらく裏LSとリンバスLSの活動時期だったからだと思われます。



2021/03/27 (土) / 00:21








という訳でプレイ日記よりもプレイ自体を優先していた結果、ダイジェスト版になってしまったわけであります。と言っても大したプレイはしていない訳ですが・・・

ほとんどオデシーCしかやっていない気がしますが、最近ようやく気付いたこととして、野良開催で雑魚メインだとモグセグメントで4,500あたり、報酬のギルで91万ギルあたりで頭打ちになるかなぁといった感触があります。

雑魚の配置運がよければもう少し上も狙えると思います。

ただ、これ以上は獣人サークルをやったり、今はNM1匹だけやっているところを2匹目、3匹目とやっていかないとならないでしょうが、これはジョブを入れる必要が出てくるのですな。それだと野良開催では火力にばらつきがあるので、かえってスコアは低く出てしまう可能性の方が高かったりします。事故率も上がりますし、ここらへんで妥協せざるを得ません。

今の構成でもちょっとしたミスでこんな姿に・・・(^0^;)
2021_03_22_205340.jpg

そんなこんなでオデシーCばかりやっていたところ、本体のAsthelのモグセグメントがついに8万を突破して83,043に達しました。
2021_03_25_214653_a.jpg

明らかに消費するよりも早いペースで貯めているのでオデシーCはしばらくお休みにしてもいいかもしれません。野良での開催者からすると今のオデシーCって時間効率が悪いんですよね。2回連続で開催することでちょっとは効率を良くしているつもりですが、野良の応募者の全員が2回できるわけではないので2回目をやる前に募集し直しがあったり、募集し直したら説明のし直しも必要だったり・・・・何より吟遊詩人さんからの応募/tellがない時はとにかく応募がくるまで待つしかないのでそれが時間のかかる要因になったりもします。

残念ながら風水士だと白魔道士のMPが足りなくなるのですな。つまり代替の効かないジョブなので吟遊詩人はダウルダヴラのない3曲で構わず、実際にエールの内容にも「3曲可」を入れているのですが、3曲詩人さんからの応募は未だにないです。うーむ・・・。

no 吟遊詩人, noオデシーC

ちなみに日曜日のことですが、Twitter友達と偶然出会ったので記念写真を撮っていました。

めずらしく暗黒騎士の格好でいた自分
twitter_2021_03_21_074640_a.jpg

ところで、月曜日になるとエミネンスユニティポイントをまとめて交換しているのですが、ユニティポイントダイヤルキー#SPに変えているのですな。そした今回はそのダイヤルキー#SPで本体のAsthelがパルスアームズエフェメロンを入手する事ができました。

いわゆるアンバス武器の素体になる方のパルスアームズです
2021_03_22_070119_a.jpg

やったー!!と言いたいところですが、アンバスケード武器は必要なものはすでに下記の通り揃ってしまっている感があります。
短剣トーレット
片手剣ネイグリング
両手剣ナンダカ
片手棍マクセンチアス
グリップコーンスー

なぜ両手剣ナンダカがあるかというと、エピオラトリーを取得する過程で適当な武器がなかったのでこれを作ったんですな。今思えばOboro製ジョブ専用装備エーティルでよかったと思いますが、その頃はその存在を思いつくことができずに作ってしまったと言う訳であります。

話がそれてしまいましたが、パルスアームズエフェメロンをどのアンバスケード武器にするかはちょっと悩みどころなわけです。

将来のからくり士用の武器として格闘カランビットにするか、いっそ両手槍シャイニングワンにして竜騎士をやってみようかという考えもあります。

私のメインジョブは、本体のAsthelだと
モンク
暗黒騎士
魔導剣士
の3つなのですが、DDとしては打属性斬属性の2つに該当します。これに突属性を担当するジョブがあってもいい気がします。

ただ、今でさえモンク暗黒騎士の出番が少ないというのに、そこに竜騎士を増やしてどうするの?という考えも出てきますし悩みものです。

他にはジョブカード目的でオーメンを野良開催したりしていました。そのおかげでコルセアのカードが50枚集まり、LKフラック+3が作れることになった!はずだったのですが、2垢のジャックはなんと香車の小札が1枚もありませんでした。

以前、イスクルゴルゲット目的で周回した際のプレイ日記「1/21(木) Kyou(香車)周回が終了」によるとあまりにあっさりと終わり過ぎてジャックで小札をゲットし損ねたいたようであります。面倒ですが、もう1度開催する必要がありそうです。



2021/03/26 (金) / 18:17








金曜日は可能な限り早くにオーメンを野良開催して入場の待機を無くそうと試みたところ、20時過ぎから募集を開始することができまして、あれよあれよと13キャラクターが集まってのゴー!となりました。

それでもなお、待ち数は4でした。
Asuraワールドの混雑度おそるべし・・・。

3回はやりたかったのですが、2回目の突入時点で待ち数が10以上、実際の待ち時間が30分ほどに達してしまったので3回目の入場はあきらめました。お題は順調に解消できたのでカードは2回で17枚ぐらい取れていたと思います。

そのおかげでこれが完成しました!
2021_03_20_142727_a.jpg

ラストスタンド用の装備となりますな。なんとかキャンペーン中に不足分のカードを集めて+3の品にしたいものです。

オーメンの後は2垢のジャックでオデシーCを2回やってました。街に戻った時に丁度 /yell で残り1人を募集している方がいたのでそれに応募して参加、2回目は自身で野良開催してジョブポうまーで終わりでした。

毎日分のトリガーをきっちり消費しているおかげでジャックのコルセアの消費ジョブポイントはあっという間に 1,531 に達しました。このままジョブマスターとなってしまう前に、オデシーCの参加ジョブとして学者吟遊詩人を投入できるようにした方が良い!ということで、レベル99時代でほぼ止まっていた学者を再開業すべく、マクロや装備セットの整備を始めました。

もうちょっとで実戦投入できるようになりそうであります。

土曜日はそんな整備をしつつ、オデシーJ(シェオル ジェール)の固定活動をこなしてきました。

対象NMはAT1のSgli(シグリ)です。

前回と同じ構成の剣コ赤風黒白で挑み、3回目の活動にして慣れたものでVeng+15を5連戦での討伐を危なげなく完了しました。というか、もっとやりたかったのですが21時半から活動を開始して終わったのが24時過ぎで、1回の突入にかかった時間は10分程度だったんですな。つまり待ち時間だけで100分ほどあったという事です。これはAsuraワールド混雑しすぎですよ!!

倒すのは簡単になりました
2021_03_20_214940_a.jpg

分析ネタということで5戦分の解析結果のテキストファイルは下記の通り。
2021_03_20_21-33_rep_Sgili.txt

簡単に言えることとしては、2垢の赤魔道士でも十分なダメージソースとなっていること。そして、上記結果からは読み取れませんが2垢のジャックで撃っているインパクトもレジストされること無くきっちりステータスDownまで効いているという点があります。所詮はオデシーJの入門編にあたるAT1の敵といったところでしょうか。

ともあれアイテムの強化が下記まで進みました!
twitter_2021_03_21_001626_a.jpg

このアイテムだけだとオデシーJとしては物足りないのでそのうちシェレピアスオブシテナサッシュにも手を出し始めると思われます。



2021/03/21 (日) / 12:03









------------------------------- 日記件名 -------------------------------
裏ザルカrep

------------------------------- 日記本文 -------------------------------
赤NM↓
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
倒した数:1 平均獲得経験値:0.0 (+0.0) 総獲得経験値:0 平均戦闘時間/間隔:1318.0 / 0.0
時給:0.0 狩り時間:0.4 総獲得ギル:0

与ダメ__________ __全部 __通常___________ __遠隔___________ その他___________ __魔法______
Astel___________ ___297 ______[____/____] ______[____/____] ______[____/____] ___297[__17]
Milkcookie______ ____87 ____64[___2/___6] ______[____/____] ____23[___1/___1] ______[____]
Rook____________ __2823 __2268[_180/_554] ______[____/____] ___555[___8/___8] ______[____]

与ダメ・通常____ __累計 __平均[最大/最小] __命中___________
Milkcookie______ ____64 __32.0[__32/__32] _33.3%[___2/___6]
Rook____________ __2268 __12.6[__45/___0] _32.5%[_180/_554]

与ダメ・遠隔____ __累計 __平均[最大/最小] __命中___________

与ダメ・その他__ ____________________ __累計 __平均[最大/最小] __命中___________
Milkcookie______ 追加ダメージ________ ____23 __23.0[__23/__23] 100.0%[___1/___1]
Rook____________ スピリッツウィズイン ____86 __86.0[__86/__86] 100.0%[___1/___1]
________________ 迅__________________ ___469 __67.0[__97/__17] 100.0%[___7/___7]

与ダメ・魔法____ ____________________ __累計 __平均[最大/最小] ____数_
Astel___________ ALL_________________ ___297 __17.5[_114/___2] [__17]
________________ エアロIII___________ ____28 __14.0[__16/__12] [___2]
________________ ストーンIII_________ ___114 _114.0[_114/_114] [___1]
________________ ドレイン____________ ___126 __25.2[__52/__16] [___5]
________________ バイオII____________ ____29 ___3.2[___7/___2] [___9]


被ダメ__________ __全部 __通常___________ __遠隔___________ その他___________ __魔法______
Astel___________ __1263 __1140[___5/___8] ______[____/____] ___123[___5/___5] ______[____]
Milkcookie______ ___122 ___107[___1/___2] ______[____/____] ____15[___1/___1] ______[____]
Rook____________ __5001 __3079[___9/_226] ______[____/____] ___473[___5/___5] __1449[___9]

被ダメ・通常____ __累計 __平均[最大/最小] __命中___________
Astel___________ __1140 _228.0[_359/__16] _62.5%[___5/___8]
Milkcookie______ ___107 _107.0[_107/_107] _50.0%[___1/___2]
Rook____________ __3079 _342.1[_480/_268] __4.0%[___9/_226]

HP回復系________ __累計 __平均 ___数_
Astel___________ __2334 _179.5 [__13]
Milkcookie______ __3680 _230.0 [__16]
Septas__________ __1357 _193.9 [___7]

リジェネ系______ __累計 __平均 ___数_
Milkcookie______ __3040 _304.0 [__10]

MP回復系________ __累計 __平均 ___数_
Astel___________ ____93 __18.6 [___5]

リフレシュ系____ __累計 __平均 ___数_
Astel___________ __2400 _150.0 [__16]
Septas__________ __3200 __59.3 [__54]
-----------------------------------------------------------------------------------------------------

黒NM↓
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
倒した数:1 平均獲得経験値:0.0 (+0.0) 総獲得経験値:0 平均戦闘時間/間隔:867.0 / 0.0
時給:0.0 狩り時間:0.2 総獲得ギル:0

与ダメ__________ __全部 __通常___________ __遠隔___________ その他___________ __魔法______
Astel___________ ___148 ______[____/____] ______[____/____] ______[____/____] ___148[__15]
Rook____________ __2603 __1450[_115/_370] ______[____/____] __1153[___2/___2] ______[____]

与ダメ・通常____ __累計 __平均[最大/最小] __命中___________
Rook____________ __1450 __12.6[__41/___0] _31.1%[_115/_370]

与ダメ・遠隔____ __累計 __平均[最大/最小] __命中___________

与ダメ・その他__ ____________________ __累計 __平均[最大/最小] __命中___________
Rook____________ スピリッツウィズイン __1153 _576.5[_644/_509] 100.0%[___2/___2]

与ダメ・魔法____ ____________________ __累計 __平均[最大/最小] ____数_
Astel___________ ALL_________________ ___148 ___9.9[__31/___0] [__15]
________________ ドレイン____________ ___120 __20.0[__31/__16] [___6]
________________ バイオII____________ ____28 ___3.5[___7/___3] [___8]


被ダメ__________ __全部 __通常___________ __遠隔___________ その他___________ __魔法______
Milkcookie______ ____92 ____92[___1/___1] ______[____/____] ______[____/____] ______[____]
Rook____________ __2632 __1252[___4/_142] ______[____/____] __1018[___4/___4] ___362[___2]

被ダメ・通常____ __累計 __平均[最大/最小] __命中___________
Milkcookie______ ____92 __92.0[__92/__92] 100.0%[___1/___1]
Rook____________ __1252 _313.0[_377/_215] __2.8%[___4/_142]

HP回復系________ __累計 __平均 ___数_
Astel___________ ___697 __87.1 [___8]
Milkcookie______ __3057 _169.8 [__18]
Septas__________ ___209 _104.5 [___2]

リジェネ系______ __累計 __平均 ___数_
Milkcookie______ ___960 _240.0 [___4]

MP回復系________ __累計 __平均 ___数_
Astel___________ ____27 __27.0 [___1]

リフレシュ系____ __累計 __平均 ___数_
Astel___________ __1650 _150.0 [__11]
Septas__________ __3520 __60.7 [__58]
-----------------------------------------------------------------------------------------------------


ダメージ源はほぼスリップダメのみ。赤NMは約23分、黒NMは約15分ぐらいかかってるのかな?
通常攻撃は忍2にしてメヌメヌいれるとまぁまぁ削れそうな気がするけど、うーむ(・w・)

------------------------------- コメント -------------------------------

------------------------------- ここまで -------------------------------



これも復元するには値しない日記かなと思いましたが復元日記「 [復元日記#42] 2006/04/08 05:48」にも書きましたが、この頃は少人数ザルカと呼んでいた活動をしていたのですな。これは3~4人でデュナミス-ザルカバードに入場して、お目当てのレリック装束を落とすNMだけPOPさせて撃破するという【狙い撃ち】戦法のことで、例えば、私の場合はデュエルシャポーが欲しかったので対応するNMである Duke Berith を倒すといった具合です。

上のRepデータのうち、赤NMがすなわち Duke Berith のことで、黒NMが Marquis Orias のことです。この2匹を倒す方法を手探りのトライ&エラーをしていた時期の日記というわけです。やっぱりやってみないと分からないことが多いので、自分はそういう分からないことに出くわしたら積極的に自身の目で確かめに行く派でした。



2021/03/20 (土) / 23:04








「FF11用語辞典」というWebサイトがあります。
ULRは下記の通りです。
http://wiki.ffo.jp/

UchinoBlogの記事内ではよく「用語辞典先生」などと呼んでおります。今回はこの大先生の重要性を考えてみたいと思います。

まず呼称についてですが、たまに「wiki」と呼んでいる人もいるようですね。URL自体に wiki の文字列があるので決して誤りとは言えないのですが、実は wiki と言うと他にも該当する存在があるんですな。今では機能しなくなっていますが、一時期は「FF11用語辞典」と並行稼働していて、どちらがに最新情報が載っているのか分からず両方を参照していた時期もあります。

もはや残骸と言えますが、実物として下記が残っておりました。
Final Fantasy XI Wiki*
https://wikiwiki.jp/ffxi/

最終更新日時が 2016-05-10 (火) 18:56:55 とありますからもはや機能していないのは明白であります。
→コメントで指摘がありました。これはFrontPageのみの更新日時なので中身はちょくちょく更新があるそうです。失礼しました。訂正しておきます。

その一方で用語辞典先生は今もなお頻繁に更新が行われて最新の知識と情報を入手できる状態になっています。これは大変ありがたいことであると同時に、運用年数を考えると管理者様の偉大なる功績と言えると思います。

ところで、前述の wiki が衰退してしまった理由は、用語辞典先生の方がタイトルが示すようにFF11の用語1つ1つに対応する静的な html を生成するタイプの動作だったので、利用者側からも編集者側からも使いやすかったというのがあるのではないでしょうか?と思ったりしています。

私など、頻繁に参照する用語のページは、Webブラウザの複数タブを開いた状態にしていつでもすぐに参照できるようにしているぐらいです。他にも、FF11で分からないアイテム名などの用語に遭遇したら「ぐぐる」のではなく「用語辞典先生に聞け!」というのがあるかと思います。これは要は「FF11用語辞典」内の検索機能を利用する事ですな。

初心者も上級者も、この利用方法については平等に恩恵を得ていることと思います。

さて、この神サイトとも言うべき「FF11用語辞典」ですが、あくまで有志の方の善意による運営だと思われます。ただ、ここまで書いてきたように今のFF11のプレイはこれなしでは成り立たないという程の情報を収容しているので最重要のインフラの1つといっても過言ではないですよね。

何が言いたいかと言うと、そろそろ公的な支援があって然るべきなんじゃないかという事です。正直、「FF11用語辞典」の運用が停止となると引退を考えだすプレイヤーがいてもおかしくないです。だって、どうプレイすればいいのか?という疑問に最適解を与えてくれる機能がなくなり、1人ひとりのプレイヤーが効率の悪いプレイに陥るであろうことが明白だからです。要は、プレイするのが非常に面倒になる、ということですな。

最重要インフラという事で、FF11の課金の中に月額10円~100円ぐらい上乗せするだけでサーバ維持費とかが賄えるのであれば、私はその公的な支援を支持しますね。というか開発フォーラムなんていらないから、是非とも支援してほしいなぁというのが本音なのであります。



2021/03/20 (土) / 08:52








この日の起床象直後の早朝プレイにおいて、待ち時間なくハザルム試験場へ入場することに成功していたのですな。これにより2垢のジャックも闇血のアンプルも10万ポイントを超えることになり、めでたく2キャラともくハザルム試験場を卒業することができました。

だいたい10日間ぐらい通ったでしょうか!
twitter_2021_03_18_060032_a.jpg

そしてこの日のは20時頃から本垢のAsthelでオデシーCの開催をしたのでした。

最近やり始めたこととして、このオデシーCでの殲滅ゲームがスコアアタックの要素と切り離せない部分があると認識するに至り、数年ぶりにログを解析して数値的にいろいろ分析するといったことをしています。

この日1回目のオデシーCの解析結果が下記のTEXTファイルです。
2021_03_18-20-45_rep.txt

ここで注目すべきは与ダメージの順位とその量の割合です。

この回で1位の暗黒騎士さんはリピーターとして私の野良開催によく応募してくれる方で、武器はカラドボルグを使っています。動きも含めて仕上がったプレイヤーさんと思われ、実際に数値としてそれが表れています。

2位の竜騎士はLSメンの複垢タルタルなのですが、実は装備スペックは良く知らないです。装備スペックを出し切る動きは出来ているプレイヤーさんです。

そして3位が私のコルセアなのですが、前述の2人の純粋なDDとは異なり、ファントムロールは回しますし、空蝉もしっかり張りなおして余計な被弾を避けつつ、それでいて吟/忍の手が回りきらない部分の釣りを補助して次の敵に遠隔攻撃を行ったりと、与ダメージを下げる要因がいくつか存在している中での数値です。それでいて与ダメージの割合が23.59%に達しているので、自身も仕上がっているプレイヤーと認定して問題ないでしょう。

実は装備面で与ダメージを伸ばす余地が少しあって、マリグナスシャポーからアデマボンネット+1に、マリグナスタバードからアデマジャケット+1にそれぞれ換装するとDPSは上がると思います。

んが!

そこまでしなくてもいいか~っと思って今は様子見中です。

今回で残念なのは4位のモンクさんですね。明らかに与ダメージが低いです。装備などのスペックは分かりませんが、明らかに動きが良くなかったです。殴り始める早さとか、非戦闘状態を作らない動きの追求とかが出来ていないように見えましたし、解析結果を見ると、なんでそんなWSを撃ってるの?というツッコミもしたくなります。決してモンクというジョブが弱いわけではないです。私のモンクを出せば1位争いをするぐらいのダメージは出せて見せますから!!

分析から得られる客観的な情報は積み重ねの大事さを教えてくれたりもします。

まぁさすがにこの解析結果をもって次回の参加をお断りしたりとか、応募者を選別するわけでもないですが、頼りになるリピーターさんだなぁと確信したらフレ登録を持ち掛けて、野良で /yell する前に先誘いするぐらいはするかもしれませんな。


この日2回目のオデシーCの解析結果が下記のTEXTファイルです。
2021_03_18-19-32_rep.txt

1回目と同じメンバーは竜騎士Pと吟遊詩人白魔道士です。

この竜騎士Pを基準にして1回目と比べてみると、竜騎士P自身の与ダメージ総累計にあまり差はないので比較対象が取りやすいですね。戦士さんが素晴らしい火力を誇っているのが分かりますし、何故か私の与ダメージが大きく低下しているのもわかります。たぶん、動きがあまり良くなかったのだと思います・・・・。

竜騎士Dさんがとても低いのは3回も戦闘不能になっているからです。おそらく被ダメージカット装備を全くしていないか、その切り替え運用がよろしくないのでしょう。

「◆被ダメ通常と総計」の項目で被ダメージの平均値を確認できますが、これが竜騎士Pが 195 で済ませているところを竜騎士Dは 330 と約1.7倍にも達しています。解析するとこういう分析もできるようになるのですな。

どんなにいい装備を持っていても、「死なないDD」より「死ぬDD」の方がDDとして劣るのは明白です。ギリギリ死なない程度、ヒーラーのMPを枯らさない程度に被ダメージカット装備を切り替え運用して最大火力を追求できるDDがGoodPlayerと言えるはずです。

と言うわけでしばらくの間は解析結果を分析し、GoodPlayerに出会えたら素直に喜びたいと思います。



2021/03/19 (金) / 12:14








月曜日は本体でオデシーCを1回、2垢のジャックで2回野良で開催し、どちらも無しのDD構成で雑魚オンリーという無難なやり方でモグセグメントとギルを稼いだ後は、早春のアイテムGETアップアップキャンペーン オーメンジョブカードゲットキャンペーンが含まれていることを思い出して、ひとまず混雑具合だけでも確認すべくいつも詰みルートをやっている青魔道士で行ってみたところ、約30分待ちでようやくオーメンに入場できたという有り様でした。

野良開催で参加者を募ってみんなでのりこめー^^するならば、遅くとも22時には開催 /yell を開始したいところであります。といったことを考えつつ闇血のアンプル稼ぎのためのハザルム試験場通いも合間に混ぜつつこの日のプレイを終えたのでした。

そして火曜日は本体のAsthelでオデシーCを2回開催した後はオーメンでのジョブカード取りを /yell で公募してみました。すると10分ほどで12人2PTがあっという間に完成!やはり皆さん、このキャンペーンを心待ちにしていた感じです。

さっそくのりこめー^^したところ、やはり約20組待ちにより入場まで約30分の待ちが必要でした。できれば2回、3回と連続で入場したいところですが募集の開始時刻が22時だとそれは無理なわけであります。Asuraの混雑っぷりは全くドイヒーで困った問題です。ただ、お題は順調にこなせたのでお目当てのコルセアジョブカードは9枚ゲットできました。必要な枚数にはまだまだ達していないので今後もなるべく開催できたらなぁと思っています。

水曜日はまずアンバスケードの「とてむず」を野良で22時までという条件で20時頃から開催しました。構成は剣戦コ風吟白で自分が魔導剣士でした。コルセアの部分は純粋なDDに置き換えても問題ないと思います。いちおう、初めの説明時に「2回目のアストラルフロウを食らう場合は、PTの総合火力不足なので難易度を むずかしい に落とさなければなりませんがご了承ください。」という宣言をしておきました。火力不足は自身が魔導剣士で出撃だとどうにもならないからです。

結果から言うと、アストラルフロウは2回くらったものの、その後の雑魚の殲滅速度とボスの撃破っぷりからギリギリ及第点という事で「とてむず」を周回することにしました。ただ、ボスの特殊技3連携の3発目の不意打ちを私が100%避けることができず、失敗した際に死んでそこから戦士コルセアも順次倒されるという事態が発生してボスの撃破には時間がかかってしまうことが多かったです。結局、1戦15分~20数分かかり、トリガー取りと恨み消しの移動も含めると1周30分かかっていた回もあり、3回ぐらいしかできなかった気がします。

あっふーん。

アンバスケードの後は2垢のジャックでオデシーCを2回開催したのですが、外国人からの参加に頼らざるを得なく、2回目のPTに至っては6人中4人が外国人でした。オデシーC雑魚オンリー程度であれば英語での説明も苦ではないのですが、今回、やたら動きの悪い吟遊詩人の外国人を引いてしまって、アイタタと思っていたら他の外国人PTメンバーから/tellがあり、吟遊詩人白魔道士の中身は同じ人だと言うのです。

こいつは迂闊だったぜフゥハハー!

・・・二度と誘わないプレイヤーキャラクター認定となりました。キャラクター名を知りたければ私に/tellしてください。お教えします。

ということもあり、そんなにジョブポイントもウマウマ稼ぎはできなかったものの開催しさえすればモグセグメントコルセアギフトは着実に貯まり続けているので良しとします。

問題は稼いだモグセグメントをどのNM周回につぎ込むか、どう固定PTを組むかという点ですね。これは非常に悩ましい問題です。



2021/03/18 (木) / 12:02








※最初の投稿時は下書き保存のつもりでしたが誤って 14:07 の時点で公開してしまいました。その時は張られていなかった画像などを加えたり、htmlタグに誤りがあった部分を修正して改めて保存しなおしています。



業者とギルの流れについて考えてみたいと思います。

いきなり、なぜこれをしだすのか?

それはAsuraにいる限り業者とギルの流れの影響を必ず受けるからです。

まずは下記の画像をご覧ください。
twitter_2021_01_17_085248_a.jpg

画像の右側はブラックリスト機能でスパム /yell を消した状態です。よく他のワールドからAsuraへ来た人が /yell の多さ(賑やかさ)にびっくりした、などという感想を言うことがありますが、その /yell の大半はスパムなわけです。そしてこのスパムの実行キャラクターたちは、個人的な推測からツール使用の業者か、または半業者のプレイヤーと断定しています。

JP(ジョブポイント)売りの現場まで見に行けば分かるのですが、JP売りを実行しているパーティは完全自動化された無人のサービスになっています。そもそも /yell に "autoinvite" すなわち「自動的なPT誘い」まで売り文句にしている /yell すらあるぐらいです。JP売りは中身が人間というプレイヤーではなく、ツールやBot使用者と断定してよいでしょう。

この推論と断定に反対意見があるとは思っていません。

考えたいのは何故このようなスパム /yell が存在し続けるか?ということです。取り締まるべき者が任務を放棄しているからでしょうか?そういった面もあると思いますが、最大の要因は「買うプレイヤーがいるから」です。モノであれサービスであれ、買う者がいるから売る者が存在するのです。市場原理というやつですね。

ここでJP(ジョブポイント)を買う行為が悪い事なのか否かを考察してみたいと思います。まず、FF11の規約で禁止されているかというと、FF11ではRMTが禁止されており、ギルやモノでもないとは言えJP稼ぎというサービスもその禁止対象に含まれるとみてよいでしょう。

しかしながら、実際にはこのJP(ジョブポイント)の売買でやり取りされているのは現地の「ギル」ですからRMTには該当しません。

つまりJP(ジョブポイント)の売買自体は規約違反ではないということになります。では、売っているのがツールやBot使用者だったらどうでしょうか?

それは規約違反ですよね。そして、私はJP(ジョブポイント)を売っているのは中身が人間というプレイヤーではなく、ツールやBot使用者と断定しています。

そして、それらにギルを渡してサービスを買っているプレイヤーも個人的には悪と見なしています。

反論として「いや、ツールやBotを使用している証拠はないのだからグレーゾーン。だから買ってもいい。」などと言うプレイヤーがいたとします。そのプレイヤーに対して私はこう言うでしょう。「24時間365日、延々と単調な動きで敵を狩り続けるキャラクターを動かしているのが実際のプレイヤーだなんて考える馬鹿は貴方か?そういう馬鹿がいるからRMTが無くならないんだよ!」と。

さて、私の推論通りJP(ジョブポイント)売りがツールやBot使用者だった場合、垢バン(強制的な退会処置のこと)の危険を冒してまで何故行うのでしょうか?

理由として考えられるのが第1にRMTです。すなわち稼いだギルを現金化して生活費にするなりお小遣いにするなりで、これらをFF11を生業にしているという意味で業者と呼びます。業者ですから、所持しているキャラクターは単なるリアルマネーを儲けるための道具に過ぎず愛着もなく、垢バンされたらまた作り直せばいいという考えで動いている事でしょう。

第2に考えられるのが、稼いだギルをそのままゲーム内で使うことを目的にしたプレイヤーによるもので、これを私は半業者と呼んでいます。前者と後者、どちらが多いのかは推論も立てられないのですが、ゲーム内の動きとして2020年6月10日のバージョンアップで一週間のうちに交換できるエミネンスの上限が100,000ポイントに設定されるという変更が加えられたことがありました。

これが何を意味しているかというと、2,755エミネンスで交換可能で、かつ約28,000ギルでNPCの店に売却が可能だったアケロンシールドを利用したシステムから直接ギルを引き出す行為に上限値が存在するようになったという事です。

この変更を境に、エミネンスのNPCに定期的に通い詰める /anon で統一的な装備品とまるで同期しているかのごとき動きをしていたキャラクター群が姿を消しました。そして、姿が消えた分、JP(ジョブポイント)売りの /yell スパムが明らかに増えました。増えすぎて値下げ合戦まで始まったぐらいです。

ギルの流れとして、システムからの大口のギル流入源がなくなった影響としてAsuraのヴァナ経済ではインフレ傾向から明らかなデフレに転向がありました。実際のアイテムでいうと、餅鉄1S(99個)の競売価格が約半額の70万ギルになりました。雷の塊の1D(12個)の競売価格も約半分の10万ギルになりました。

2020年6月10日のバージョンアップによる変更は、業者に影響を与えたことは確実ですが、彼らのギル入手方法を減らしたにすぎず、JP(ジョブポイント)に転職したと思しき業者により /yell のスパムは増加し、それどころかそれぞれでサービスの向上や値引きが発生しました。これは購入側にとってお得な状況になったことを示します。

何が言いたいかというと、JP(ジョブポイント)を買っているプレイヤーは業者に加担してその存在を生き永らえさせる行為と断定できるので私は悪と見なしているというお話です。

買っているプレイヤーの言い分や言い訳があるなら聞いてみたいぐらいですが、自己防衛に徹してグレーゾーンを叫ぶだけの無力な反論だと思われるので聞くまでもないかなとも思っています。まぁ買っているプレイヤーのうち、RMTでギルを購入しているプレイヤーの有無や多寡も気になるところです。

さて、ここで外販の話をしようと思います。

私自身は外販は金策の1つであって何も問題はないと思っています。そもそも冒頭で述べた通りJP(ジョブポイント)の売買自体は規約違反ではなく、もしツールやBotを一切しようしていない中身がプレイヤーによる販売であれば私も業者とはみなさず、悪とは見なしません。

んが!

そのような販売をするプレイヤーがいるわけない。

けど、外販はある程度の仲間を集めれば実行可能かつ分配により金策として機能するので悪でも何でもないです。システム上、可能なことなので真っ当です。ただ、個人的には買うより自分で取る計画を立てて実行する方がよっぽど楽しいので私は外販で売る側にいたとしても買う側にはならないということです。実際に何度も外販で売りました。

外販はRMTを助長する行為だ!と意見する人がいそうですが、それは競売RMTを助長する存在だ!と言うのとまったく同じ質の話になるので無意味と考えます。極論を言えば、ギルという制度を無くすしかないです。(それでもギルにとってかわる疑似通貨が生まれてくると思いますが)

以上、業者とギルの流れについての長い長い考察でした。



2021/03/17 (水) / 17:45








たまにはプレイ日記以外のことを書いてみようと思います。

オデシーJ(シェオル ジェール)のクリア報酬品が最近のバージョンアップで続々と追加されており、ツイッター界隈の話では「〇〇Veng+▲▲を倒したやったー!!」的なツイートをよく目にすると同時に、「のりおくれた。もう追いつけない;;」的なツイートも見たような気がします。

私から言わせるとどちらのツイートもナンセンスな話であって、オデシーJの本質をまったく捉えていない話でしかないと感じています。この話の本質は、いかにしてRP(リエンフォースポイント)を大量かつ安定的に稼げるかが焦点となるべきであって、この課題の前にはたった1度倒せばよいだけのフラグ立てなど有って無きが如くと言っていいほど低い障壁に過ぎません。

そもそもRPで未強化な状態ではほとんどの装備品が使い物になりませんから。

この事実に気付いているのか、気付く力がないのか、気付いているけど新装備だからという理由だけで踊りたいのか、正直なんで騒いでいるかが分からないというのが私の本音です。ちなみに最終強化まで必要なRPは最高難易度のVeng+でRPを稼ぐことを前提にしても30回以上の討伐成功が必要なレベルなようです。3回や10回じゃないです。30回以上です。その1回を出来る出来ないと騒いでいる事自体が不思議でならないのです。

さて、ではオデシーJの装備品を賢く強化していく方法とはどんな形態でしょうか?なにせNMごとにしかRPを貯められない仕様な上に30数回の周回が必要となると、自身に不要な周回をするのは愚策中の愚策ですよね。

となると自然と答えは、自身が強化したいアイテムの対応するNMだけを最高難易度で周回するということになります。

んが!

これを野良開催でやれるかというとはなはだ疑問です。野良開催となれば必要なジョブや装備を有したプレイヤーばかりから応募が来るとも限らず、開催するごとにNMを倒す方法の説明から始めなければなりません。1回の開催で4~5戦できたとしましょう。それでも6回以上の開催をしなければなりませんし、時には失敗することもあるでしょう。野良で主催するにはあまりにだるい仕様です。

となると、固定PTを組むのが賢い方法となります。幸い6人までしか入場できないのであえてLSパールを用意する必要性もなく、発起人であるリーダーが定刻になったら他の5人を誘ってすぐに目的のNMを周回すればよいのです。この固定を如何にして組めるか、最高難易度をどれだけ短時間で周回できる固定PTを組めるかが焦点となってくるはずです。

というわけで武防具の購入フラグが立ったごときでは何も思わないというのが私の感想なのでした。そして、私自身はこの固定PTをすでに組み終えていて、これはプレイ日記の「2/27(土) Sgli(シグリ)Veng+15の初討伐」「3/4(木)~3/6(土) Sgliの連戦でR10まで強化!」で書いた通りで、2~3か月後にエピタフサシェの最終強化品が手に入るはずです。

もう1品並行してやりたいところですが、どれを選ぶかは慎重さが求められますな!



2021/03/17 (水) / 15:56








という訳で月曜~日曜までのまとめ書きのプレイ日記となります。


月曜日
ヴぁもちがいちおうの復帰を果たしたという事もあり、水曜日のバージョンアップを前に週次のエミネンス・レコードで焼印の回収を兼ねて最後のアンバスケードをやってまいりました。

構成はナモコ赤風白でした
2021_03_08_210449.jpg

イージスナイトであれば、魔力の泉発動時のブリザジャで死ぬ心配もないのでその意味で面倒はないのですが、その分火力が下がるのも間違いないので最短でも12分ぐらいだった気がします。まぁ身内のパーティだったのでよいでしょう!



火曜日
2日に1回やることにしているオデシーCの開催後は翌日のバージョンアップに備えて未クリアだったエミネンス・レコードマンスリー目標をやっておりました。

AAGKさんはデカすぎです!
2021_03_09_215304_a.jpg

実際の身長にすると3メートルぐらいありそうです。



水曜日
この日はバージョンアップ当日だったわけですが、前日の夜に寝落ちして早朝の4時過ぎにUKフレであるGolden893からの/tellの音で目が覚めました。
Golden893 >> イレデアンブレード興味?
>> Golden893 興味があります。
→急遽、マスタートライアルBFの「暗晦の王」へ拉致られることに!

入場前に外部キャラから強化をもらっています
2021_03_10_044411_a.jpg

私はモンクサポ忍での削り兼ターゲット保持が担当でした。そんなに大変ではないのですが、通常攻撃の追加効果でデスが発動することがあるそうな?なので可能な限り空蝉で避けなければならないらしいです。

分身されても慌てずに空蝉の張り直し
2021_03_10_044730_a.jpg
2021_03_10_044859_a.jpg

モクシャカウンター、それにガードもあるモンクはサポ忍でのキープにも向いているという訳であります。

むしろより強いのがオーク
2021_03_10_052427.jpg

として鎮座してるかの如くお姿
2021_03_10_052857_a.jpg

ともあれ31分53秒で無事にクリア!

エクセリオンブレードを手に入れた気分です
2021_03_10_053523.jpg
2021_03_10_053531_a.jpg

ここまでが早朝の出来事でありました。

はLSメンバーのリセラさんがカルンウェナンメイジャンの試練目的でティンニンを3回倒しに行くというのでティンニンの牙買取目的で便乗させてもらいました。

相が生えそろうまでがだるい相手です
2021_03_10_182654_a.jpg



木曜日

相変わらずのオデシーC、と言いたいところなんですが、最近やり方を変えました。これまではジョブを用意して、雑魚+獣人サークル+NMをやるとしていたのですが、私のやり方が下手なこともあって中々安定しないので、をなくしてDD構成で雑魚(+1層でNM1匹)オンリーとする方針に変えました。

DDでのりこめー^^
2021_03_11_213820_a.jpg



金曜日
というわけでDDでオデシーCに参加していたのですが、気づきました。本体もコルセアで参加でよいな、と。ジョブポが旨いのですからこれを利用しない手はありません。

などと考えていたら椅子代わりにされていました
2021_03_12_211602_a.jpg

ともあれ、1回で70万~90万ギルと50~60ジョブポがはいってまいうー!です。



土曜日
ハザルム試験場にこもりきりの生活。
2021_03_13_091433.jpg



日曜日
土曜~日曜はFF11できないかもなぁっと思いつつ、日曜の夜にオデシーCを本体で1戦、2垢のジャックで2戦、そしてアンバスケードとてむずを2回やるという怒涛のプレイなのでした・・・・。

後ろの正面、だーあれー?
twitter_2021_03_14_225000_a.jpg

ScreenShotはしっかりとBossの3連携の3発目の不意打ちを無効にしている瞬間をパチリ。もうばっちりですよ!!



2021/03/16 (火) / 00:27








私のコルセアは、今年の1月21日に投降した「2020年振り返りプレイ日記」の最後の方に記載があるように昨年2020年9月に開業したのですな。

その際に選んだ遠隔攻撃としてのメインウェポンフォーマルハウトの1本で行こうと決めて、これを最終段階のR15まで強化していたわけです。

レデンサリュート用の装備はそこそこそろえていたものの、あまり真剣に考えずにいたためせっかく持っていた國崩しを捨ててしまっていたりと、やらかしプレイもあったり・・・何が言いたいかというと、私のレデンサリュートは弱い。

ただ、2垢のジャックのギフトが実戦のみで900を超えるようになった辺りでコルセアが楽しいと思うようになりまして、もっと思い切って使うためにはレデンサリュートも極めたいと思うようになりました。

そんなわけでデスペナルティを本体と2垢のそれぞれで合計2本作製することを決めたわけであります。そうと決まれば早速、購入したものがあります。これ↓です。

当然ながらこれも2個購入しました
2021_03_07_081352_a.jpg

素体となる武器も引き出しました
2021_03_07_103342_a.jpg

2垢と合わせてお会いするのは6回目ですが覚えてないですか??
2021_03_07_105821_a.jpg

というわけで6個目、7個目のミシックウェポン作成の旅が始まるのであります。アレキサンドライトアンバスケードで入手可能な分をつぎ込んで足りない分を購入するとしてトークン闇血のアンプルは現在のスタート時点で以下の状況でした。
トークン:Asthel 46,004 Jackrio 60,958
闇血のアンプル:Asthel 11,500 Jackrio 260

達成率24%といったところでしょうか。

花鳥風月のみサーラメーヤの皮が2キャラとも既に所持している状態で、他の下位トリガーアイテムもぼちぼち持っているのでこれは容易に達成できそうです。



話が変わるのですが、H氏が /yell でMboze(ムボゼ)のVeng+5を野良募集していところをみかけ、募集ジョブと合致していたので本垢の魔導剣士で参加してみました。たまたまですが、入ったらラサ姉の2垢のターマがいました。ターマだけにたまたま・・・。

たしか構成は剣コ暗侍吟白だったと思います
2021_03_07_144558_a.jpg

納刀状態でと言われたので抜刀して後ろ向きで盾してました
2021_03_07_145425_a.jpg
2021_03_07_145325_a.jpg

見ての通り前衛が死んでます。ティーンバーなる特殊技が非常に強力で、これにやられてしまったようです。こうなると時間も足りなくなり、1個目のモグパケットIIの時間を使い切ってしまったため、2個目も使う連戦でジョブをチェンジしての継続となりました。すでに使用されたジョブは選べないという縛りが生じます。

私はなんと召喚士での出陣でした!
2021_03_07_150639_a.jpg

まぁ負けましたハイ
2021_03_07_151511_a.jpg



そして夜はいつものダイバージェンス組とは別にオデシーJ(シェオル ジェール)の攻略に分かれるということで、自分はオデシーJの戦力として招集されました。

相手はKalunga(カルーンガ)のVeng+0です。記録で入場できるのが私のみでしたが、私もアトーンメント1と2のVeng+0をクリアしているのみに過ぎなかったので難易度の選択肢はなかったのですな。

これはScreenShotを撮り忘れたのですが、珍しく暗黒騎士での出撃でした。何やら死んだ気もしますが、鬼の削りを見せてひとまずクリア!強化できない状態で武防具を買う気はないのですがひとまず本体で サクパタフィスト サクパタソード サクパタ装束 を購入できるようにはなりました。



2021/03/09 (火) / 18:10








という訳で3日分のプレイ日記のまとめです。

1日目はアンバスケード第1章の「とてむず」を近接構成でやってました。遠隔構成だとどうにも時間がかかるなぁってことでチョコボ紳士を誘って足りない面子は野良で補充し忍忍コ吟白ができあがりました。

背後から殴ってハリケーンを避けるだけ
2021_03_04_214419.jpg

まぁ楽勝なわけであります
2021_03_04_220614.jpg

チョコボ紳士忍者で参加するのは初めてだったらしいのですが、青巨人の担当はやはり上手い人だと安心です。

初回こそ魔力の泉に気付かずブリザジャを食らって即死してしまいましたが、2回目からは魔力の泉に即応して全力の失踪で射程圏外に逃げるプレイに成功してくれました。これさえできれば後は楽勝なんですな。



2日目は、2日に1回のオデシーCでのモグセグメント稼ぎでした。

この中に偽装キャラがいます
2021_03_05_203047_a.jpg

右のオスラミスラ踊り子に偽装していますがこれは殴り吟遊詩人です。二重偽装であります。



3日目は、2021/03/01に投稿したプレイ日記「2/27(土) Sgli(シグリ)Veng+15の初討伐」にも書いた通り、オデシーJ(シェオル ジェール)で購入可能なエピタフサシェに対応するNMであるSgli(シグリ)のみを対象として新規結成した固定PTの活動日でした。

2回目となる今回は、前回はSPアビリティ込みでVeng+15を倒して終わりにしていた続きという事で、今度はSPアビリティ無しでモグパケットII1個分の時間である15分以内に倒せるか?を試してみました。構成は変わらず剣コ赤白黒風です。

Veng+15の選択肢が一番上に配置されているのはありがたい
2021_03_06_220522_a.jpg

試すにあたって今回から下記の戦術を取り入れました。
赤魔道士によるインパクト全ステータスDownの付与
②開幕のレイクガンビット後にランダムディールをもらって可能な限りレイクガンビットを入れた状態を長くする。
魔導剣士グラウンドストライクからコルセアレデンサリュートをつなげて連携をだしてMBする。

結果はと言うと・・・

「どりゃあっ!」
2021_03_06_231658_a.jpg
2021_03_06_231701_a.jpg
2021_03_06_231703_a.jpg

4戦して4勝の完勝でした!

SPアビリティ無しでも2分残しぐらいで勝てたので、その後はSPアビリティは使用できる時に積極的に使う方針に切り替えたところ、最後の4戦目は10分ちょっとで倒せていた気がします。

後半2戦分のRepデータを眺めてみました。こちら↓です。
FF11_2021_03_06 Sgili.txt

戦闘時間とかは正しく反映できていませんが、精霊魔法赤魔道士風水士でもレジなく十分にダメージを与えられることが分かりますね。

ちなみに今回の4戦で得たリエンフォースポイント(RP)は 1戦392 × 4戦 = 1568 で、これらを全て強化にまわしたところ、エピタフサシェのランクが10まで強化されました。

2021_03_06_235240_a.jpg

最後のランク20まではまだまだ遠いですが楽しみであります。

さて、このオデシーですが、野良 /yell は1つか2つしか見ない割りに入場口の周りは人でいっぱいです。

右手前のエル♀さんや頭文字がある人は知り合いです
2021_03_06_222954_a.jpg

AsuraにいるJPの2割ぐらいはこの周りにいそうです
2021_03_06_232106.jpg

と言った3日間のプレイでした。



2021/03/07 (日) / 10:14









------------------------------- 日記件名 -------------------------------
最初の延長像を倒す前後のログをそのまま張り張り(・w・)

------------------------------- 日記本文 -------------------------------
==============================================================
当エリアの占有期限まで、あと3分です。
Astelのリフレシュが発動。
→Astelは、リフレシュの効果。
(Rook) 時計ぴったりぽいナw
★★★ リフレシュ OK ★★★
(Milkcookie) 5分も言ってほしーな
(Astel) はーい 早口言葉はいりまーす(´Д`) 【連続魔】
Astelの連続魔!
装備を変更しました。
装備を変更しました。
Astelは、Tombstone PrototypeにブリザドIIIを唱えた。
AstelのブリザドIIIが発動。
→Tombstone Prototypeに、458ダメージ。
Tombstone Prototypeが遠くにいるため、ブリザドIIIが実行できない。
Tombstone Prototypeが遠くにいるため、ブリザドIIIが実行できない。
Vanguard Eyeは、フロストを唱えた。
Kindred Paladinは、プロテスIVを唱えた。
Astelは、Tombstone PrototypeにブリザドIIIを唱えた。
Astelの詠唱は中断された。
(Rook) 5-5-・w・
魔法を唱えることができない。
魔法を唱えることができない。
Astelは、Tombstone PrototypeにブリザドIIIを唱えた。
Vanguard Eyeは、ブラインを唱えた。
魔法を唱えることができない。
幻影1体がAstelの身替わりとなって攻撃を受けて消えた。
Kindred Paladinの攻撃→Astelに、0ダメージ。
Kindred PaladinのプロテスIVが発動。
→Kindred Paladinは、プロテスの効果。
幻影1体がAstelの身替わりとなって攻撃を受けて消えた。
AstelのブリザドIIIが発動。
→Tombstone Prototypeに、456ダメージ。
Astelは、ストンスキンの効果がきれた。
Vanguard Eyeの攻撃→Astelに、201ダメージ。
Kindred Paladinの攻撃→Astelに、245ダメージ。
Astelは、Tombstone PrototypeにブリザドIIIを唱えた。
当エリアの占有期限が30分延長されました。
Vanguard Eyeの攻撃→Astelに、307ダメージ。
Vanguard Eyeのブラインが発動。
→Astelは、暗闇の状態になった!
Kindred's Vouivreの攻撃→Astelに、163ダメージ。
Vanguard Eyeの攻撃→Astelに、247ダメージ。
(Milkcookie) おおおw
Astelは、Vanguard Eyeに倒された……。
AstelのブリザドIIIが発動。
→Tombstone Prototypeに、455ダメージ。
Astelは、Tombstone Prototypeを倒した。
(Astel) うし
==============================================================

ログだとレジ無し氷3が3発だけど、みてたときのダメージは2発でほぼ瀕死だったから
雷3なら2発でいけるかもなぁ?・w・

------------------------------- コメント -------------------------------

------------------------------- ここまで -------------------------------


この日記は復元対象とするべきでもなかったかなぁと思いつつ、この頃は少人数ザルカと呼んでいた活動をしていたのですな。これは3~4人でデュナミス-ザルカバードに入場して、お目当てのレリック装束を落とすNMだけPOPさせて撃破するという狙い撃ち戦法のことで、例えば、私の場合はデュエルシャポーが欲しかったので対応するNMである Duke Berith を倒すといった具合です。

少人数で問題になるのが時間延長の石像を如何にして倒すか?という課題があり、入場して一番近くにある延長石像を赤魔道士連続魔精霊魔法連打で倒せないかを実験した時のRepというわけです。

この試みは上手くいくようになって、最終的にはパウダーブーツを使用してとんずら状態になってから石像に近づき、精霊魔法ギリギリの範囲から連続魔ブリザドIIIを叩き込んで、倒した後は戦闘不能状態からリレイズで起き上がれるところまで戻り、POPした雑魚に殴られて死ぬまでを1人で行えるようになり、これはその後の中人数ザルカでも大いに役立つ戦法となりました。

という、お話になるわけです。



2021/03/05 (金) / 17:37








火曜日は週次のエミネンス・レコードアブダルスの焼印を回収すべく、アンバスケード「とてむず」を遠隔構成で野良開催しておりました。

構成はナコココ風白が集まりました。

私が青巨人担当でラススタをズガーンズガーン
2021_03_02_204942_a.jpg
2021_03_02_204949_a.jpg
2021_03_02_204951_a.jpg

悪くない火力が集まったと思ったのですが、いざやってみると15分以上かかってしまい「あれぇ??」って感じでした。しかもナイトが青巨人の魔力の泉発動下におけるブリザジャを食らって死ぬという事故というか、イージスを持っていながらどうやって死ねるのだ??という事件も発生したりでやり直しもあったんですな。

さすがにこのままだと時間がかかることに私自身が辟易しそうだったので、自身のコルセアモンクに変えてタービンハリケーンはバックダッシュで避けつつ近接で削って時間を短縮しようとしたんですな。

やはり近接の方が削りが早いです
2021_03_02_211257.jpg

んが!

またナイトが青巨人の魔力の泉発動下におけるブリザジャで死にました。そして、全滅排出されると抜けていきました。英語人ってほんとピンキリで上手い人とそうでない人の差と態度の開きが凄いですので野良だとギャンブル性が一層高くなりますな。

ひとまず最低限度の目標だった焼印の回収だけは終えたのでこれで良しとしました。

そして、水曜日オデシーC三昧でした。まず、野良で募集があったところに2垢のジャックのコルセアで参加することに成功し、その後は本体のAsthelで2戦を野良で主催。さらにその後、2垢のジャックで野良主催をしました。合計4回分ですな。

本垢での開催時は魔導剣士やることが多いです
2021_03_03_215110_a.jpg
2021_03_03_215119_a.jpg

ただ、野良で公募してもジョブの魔導剣士ナイトのどちらからも/tellが来ないのが実情で、そこが2垢での野良主催でつらいところです。

そこでどうするかというと、狩る相手を雑魚のみとするのですな。雑魚のみなら4層まで進んでもDDでもなんとかなります。ただし、吟遊詩人バラードが必須と言えるほどケアルのMPが必要になってきますが・・・。

ちなみにこんな応募の /yell をしています
2021_03_03_220642_a.jpg

雑魚のみとしていますが、実際は1層でNMを1匹倒しております。この回ではゴールへの道すがらいる雑魚のうち、厄介な雑魚であるソウルフレア・インプ・ダハク・クロット・鎌骨・アプカル・プディング・サソリ・青オバケ・赤モルボル・雄羊などをスルーして最後は2分ほど余してゴールタッチ。70万ギルぐらいだった気がします。

というわけで、野良でオデシーCを開催する時はジョブから/tellがこなくても開催できるという確信が持てたのでした。

おわり!



2021/03/04 (木) / 19:50









------------------------------- 日記件名 -------------------------------
骨100に音速で到達した【エサ】にさっそく合成依頼(・w・)

------------------------------- 日記本文 -------------------------------
remaster_41.jpg

土曜日・土クリ合成・上級サポ、さらに私の信じるオカルト法を実践してもらいましたがさすがにHQは来ませんでしt

無事割れなかっただけで感謝なのですが解呪品だと【エサ】の銘が入らないのが残念無念 ノw・
今度はスコハネHQたのみます^^^^^^^^^^^

さっそくサポシで装備したらSTRが110とキリのいい数字に・w・b

------------------------------- コメント -------------------------------
A*****u > おめでとー^^、キニさんに続いてアスさんもヘカトンか^^胸のウサちゃんがええなあw (12/21 20:40)
Tunis > ウサぴょんヽ(´ー`)ノわーい (12/22 00:17)
Astel > あれやっぱウサギなんか・・・・(ノ∀`) (12/24 14:30)

------------------------------- ここまで -------------------------------


エサというのは当時のLSメンバー兼フレンドで、最も親しく遊んでいたプレイヤーの1人であるRainheartの第2キャラのEsaのことです。ちょうどTabキー変換で一発ででるのでエサと呼んでいたのですな。

このエサ骨細工師範だったので、素材持ち込み依頼にて呪われた帯鎧を合成してもらったというお話でした。

とは言え、この時点で装備できるジョブはナイトのみであり、殴り仕様のパラニン用の装備でしたから取得したものの使用頻度は言わずもがなの低さだったと思います。この画像の状態は丁度WS装備で固めた時の装備状態ですな。STR+42とDEX+22とあり、当時としては最高峰のブースト状態だったと思います。

武器は両手剣サブドゥアだと思われます。当時のナイトだけではなく、暗黒騎士戦士にとってもレリックウェポンラグナロクを除けばこれが最強の両手剣だったのでした。

ちなみに、コメント欄にあるウサギとは呪われた帯鎧を解呪して得られるこの画像のヘカトンハーネスの、人体でいうと「鳩尾(みぞおち)」部分あたりにあるマークがどうみてもウサギに見えるという話です。

おわり!



2021/03/03 (水) / 19:06








前回のプレイ日記「2/27(土) Sgli(シグリ)Veng+15の初討伐」にも書いたように、次回のSigli(シグリ)戦ではマジックバーストの導入を検討しています。

構成上、学者を入れられる余裕があるか微妙なので魔導剣士両手剣コルセア射撃連携を出そうと思いFFXI連携サーチで適当に検索したらレデンサリュートトアクリーバーが出ることを認識。
→よく考えずに「これでいいじゃん!」

そして、魔導剣士両手剣を持った状態でウェポンスキルの一覧にトアクリーバーがないことを確認。
→「あれ?このエンピリアンWS覚えてないのか!」

ここで致命的なミスを犯していることに気づかずに、クエスト「クポフリートの秘術<両手剣>」をコンプリートして覚えようと各種アイテムを買ったのですな。

ミスに気付かず武器の素体を入手した自分
2021_02_28_082743_a.jpg

あれ、トレードしても反応ない;;
2021_02_28_091705.jpg

おかしいと思ったら、そもそもこの武器の装備ジョブがナイト暗黒騎士であるように、魔導剣士ではトアクリーバーを覚えられないことにここでやっと気づいたのでした。

そして、すでにクエスト「クポフリートの秘術<両手剣>」をコンプリート済みだったため、トレードしても反応がなかったわけであります。

実費で170万ギルほどを損した次第です(;´Д`)

ちなみに2/28(日)はこれ以外はほとんどプレイせずに終わり、日曜日夜のダイバージェンスは月曜日早朝の都合もあり休みを申請したのですが、その時の反応がこちら↓でした。

皆、私を何だと思ってるんだい?;;
twitter_2021_02_28_221028_a.jpg

そして翌日3月1日の月曜日は、もはやルーティンの1つと化した2日に1回のオデシーCでのモグセグメント稼ぎを野良で2回開催しました。これはもう特筆することはないですが、基本的には↓な感じでやっています。
・ゴールまでの道中にいる雑魚
・1層と2層の獣人サークルとNM
・NMは1層と2層で"Chaos Steward"と"Asena"
・最後はゴールタッチを目指す

ゴールタッチを目指さない分、モグセグメントの稼ぎは減りますが、代わりに70万~80万ギルに加えて色褪せた羽の箱が入手できるので、いつの間にか小金持ちになれるという利点があります。

さて、最後は前々からやろうと思っていた飼育モンスターの入れ替えです。これまでは本体のAsthelも2垢のジャックもモンスターの思い出で最後の取得対象になったキトルルスや完熟アデニウムなどのマンドラゴラ族4匹をそのまま放置していたのですが、これを本体では廃止して代わりにウィルム族で埋めつそうという計画です。

ちなみに我がモグガーデンから生きて出られたモンスターは皆無です。

きちんと責任ある対処を実施
2021_03_01_234503_a.jpg
2021_03_01_234507_a.jpg

そんな装備(木の棒)で大丈夫か?
2021_03_01_234516_a.jpg
2021_03_01_234519.jpg
2021_03_01_234552.jpg
2021_03_01_234619.jpg
2021_03_01_234643.jpg

ドラゴンパピーで一杯になりました。
2021_03_02_001505.jpg

もちろん責任をもって大切に育てますよ・・・!



2021/03/02 (火) / 23:01









------------------------------- 日記件名 -------------------------------
やヴぁwwwだせwwwww

------------------------------- 日記本文 -------------------------------
remaster_40.jpg

ほぼこのカッコで最終装備まで過ごすはず・・・(ノ∀`)

------------------------------- コメント -------------------------------
Esa > モンクさん^^;;;; (12/16 09:11)
A*****u > モンク・・・だよな?w (12/18 01:28)
Tunis > これに脚も【サブリガ】系というカッコのモンクさんとPTしたことあります(ノ∀`)w (12/18 23:49)

------------------------------- ここまで -------------------------------


3rdジョブにして初のメインジョブであるモンクのレベルが57を突破したあたりで撮ったSS(ScreenShot)だと思われます。

ボイジャーサリットスコピオハーネスメインウェポンクロスカウンターを装備しておりまして、その格好があまりにださいので日記ネタにしたという内容ですな。

ただ、この頃からモンクの火力が際立って上がってきまして、サポ忍でもジョブからターゲットを奪うシーンが増え始めました。そんなわけでレベリングが楽しくてしょうがない時期でもあった訳であります。

最終的な装備の格好は、白虎佩楯麒麟大袖ワラーラターバンという無難な格好に落ち着いていきます。

おわり!



2021/03/01 (月) / 23:43








前回のプレイ日記「2/26(金) 野良のオデシーC主催は厳しい」の後半で自身のメモとしてまとめたオーグメントを見返していたところ、2垢のジャックがヘルクリアヘルムは素体として1個すら持ってすらいないことに気づいたので、これを取りに行くことにしました。

今ならドメインベージョンドメインポイントで交換することも可能ですが、取りやすい部位ですからポイントは温存すべく、ヘルクリアヘルムをドロップする醴泉島モノセロス族イクシオン属NM「Oryx」を倒しに行ってきました。

4戦ほどであっさり3個ドロップ
2021_02_27_105553.jpg
2021_02_27_111812.jpg

残念ながらオーグメント更新はならずでしたが、リフレシュだけでなく被ファランクスの分も考えると3個あればオーグメント付け間違い対策にもなって安全・安心であります。

さて、この日の夜はオデシーJ(シェオル ジェール)のために新規で発足した固定PTの初活動日でした。

この固定PTの目的はエピタフサシェをオーグメント最高値のR20まで全員で強化することです。つまるところ、対応するNMであるアトーンメント1のSgili(シグリ)のVeng+15(最高難易度)を最低1回は倒して、その後はVeng+のどれかで周回を重ねてリエンフォースポイント(RP)を累計 13,060 得ることが目的となります。

サーチコメントや /yell で公募したところ、フレや知り合いなどが集まって5人6キャラの固定PTを組むことに成功したのですな。活動開始時間は毎週土曜日の21時半からとなりました。

この固定PT初回の活動日だったわけです。

Sgili(シグリ)は物理攻撃に耐性があって魔法の属性が弱点という情報があったため、構成は剣コ赤白風黒としました。

結果を先に言ってしまうと、Veng+5から開始してVeng+10、Veng+15の撃破に成功し、ひとまず最低限度のスタートを切ることに成功しました。当日にツイートした内容と被るのでScreenShot(SS)は省略しますが、Veng+15をクリアした時のRPは 392 でした。

つまり、仮に初回からVeng+15でその後もすっとVemg+15を周回したとして 13,060 ÷ 392 = 33.316... で約34回のクリアが必要となる数値です。今回はSPアビリティ込みの全力で攻撃だ!!での撃破でしたから、これをMMMでのSPアビリティ回復を前提とするかマジックバーストの導入でSPアビリティに頼ることなく倒せるようにできるか?が目標になってきます。

現在の強化状況
2021_02_27_234842_a.jpg

最終強化まで最短で2か月ぐらいかもしれません(;´Д`)



2021/03/01 (月) / 19:05





HOME

Copyright(C) 2019 Tomorrow Never Dies All Rights Reserved.
FF11画像⇒Copyright(C)2002-2019 SQUARE ENIX CO.,LTD.All Rights Reserved
当Blogに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標もしくは商標です。