FC2ブログ

«プロフィール»

Astel

Author:Astel
●管理者ページ
●Twitter
●Twilog
Profile
Profile

FF11に関する私的ブログですが閲覧・コメント歓迎です。
パン鯖の時は Astel でした。

<<プレイ期間>>
[第1期] 2004年3月~2013年4月
[第2期] 2014年9月~2015年4月
[第3期] 2019年2月~ 現在

«FC2カウンター»

«ブログ内検索»

«最近のコメント»

«最近のトラックバック»

«最新の記事»

«FF11リンク»

«カテゴリー»

«月別アーカイブ»

«FC2ブログランキング»

Tomorrow Never Dies

FF11の私的なプレイ日記




並行して進めていることは色々あるのですが、最近特に力を入れている(=サボっていない)案件として戦士を再開業する」というのがあります。「再開業」と書いているのはLv75時代にほんの僅かな期間ながらメインジョブ扱いで開業していた時期があったのですな。

その時の話はさておき、今さらながら再開業したきっかけは下記の記事
2021/04/08 アーマーブレイク士について考えてみる
にも書いたように、戦士でこのライカーゴスを使うのはどうか?と考え始めたことです。

せっかく再開業するのならばRMEAのいずれかを用意したいところですが、エンピリアンウェポンは作成過程がつまらないのでできれば手を出したくないところですし、ミシックウェポンダブルアタックのブーストと極めて相性が悪いです。残るはレリックウェポンイオニックウェポンですが、後者はエスカビーズ5万ポイントの壁が立ち塞がっていてすぐには用意できません。

かといって、あまり後ろ向きな理由でレリックウェポンを選択するのもどうかと思います。RMEA以外だとマスター専用武器パルスアームズが候補になると思いますが、ひとまず入手済みのライカーゴスを使い込んでみようと思っています。防具に関しては戦士の数珠+2も用意するつもりですが、RP稼ぎの当てが無くなってしまっている状態なのでいったん棚上げにしています。

ライカーゴスを入手してしまった」という理由以外では、オデシーJ(シェオル ジェール)Bumba(ばんば)戦士を使うことになりそうという見込みあったことも大きいです。構成は戦竜コ吟風白でのサベッジブレード連打作戦というやつです。4月になったばかりのころに登場した戦術で丁度ライカーゴスの入手直後に知った戦術でした。この戦術の場合、武器は片手剣であるネイグリングでいいので両手斧は棚上げしておけますから、その意味でも都合の良い理由でした。

といったところで、今はオーメン詰みルートを周回してジョブカードを収集し、AF119+3両足両脚を揃えるべく順次強化中なところなんですな。

せっかくなので、備忘録的にライカーゴスの後釜候補を比較検討しておこうかと思います。基本的な能力のみ注目してみます。

ブラビューラ
D364 488 D/=0.7459… 命中+60 DAダメージ+10%

シャンゴル
D352 480 D/=0.7333… 命中+30 ストアTP+10 TPボーナス+500

ラブラウンダ
D352 489 D/=0.7198… オートアタック2倍撃確率+50% ストアTP+25

ウコンバサラ
D352 482 D/=0.7302… STR+70 DEX+20 アフターマス:時々3倍撃

やはりウコンバサラが一番良くみえますが、命中力が必要な場面ではブラビューラもありかなぁと思えてきました。両方あればよい!というのは贅沢なので無しでs

もし使用&比較したことがある人がいたら色々と教えてほしいです!



2021/05/13 (木) / 12:44








月曜日はバージョンアップでした。

事前にもぎヴァナでVU内容を把握していたこともあり、VUだからと言って特に何かするでもなくトリガーを腐らせないためにもいつもの 戦/踊 黒 青/赤 +フェイスという構成でオーメン詰みルートに行ってきました。

ジャックがちょうどよく収まっているの図
2021_05_10_203923_a.jpg

混み混みになる前に3回入場できたおかげで大戦士のカードは28枚になりました。PMカリガ+3はすでに作成済みで、次の作成目標はPMクウィス+3(45枚)、次点でPMロリカ+3(50枚)がありますが、これは『ヴァナに行こう!ウマウマ育成キャンペーン』の後半(5月24日(月)17:00頃 ~ 5月31日(月)23:59頃)に予定されているオーメンジョブカードゲットキャンペーン-HQでどうにか揃え切りたいものです。

火曜日はさっそく野良でアンバスケードの「とてむず」を開催してみました。今回のお題であるSextuple Razool Ja(せくすたぷるらずーじゃ)2020年8月6日のバージョンアップで追加されて以来2度目の登場なのですが、その時は持ちジョブとの相性や研究不足もあり、ほとんどやれていなかったのですな。

んが!

今回はキージョブである赤魔道士召喚士吟遊詩人のいずれでも出撃可能な状態ですから開催しやすいはずです。

とは言え、ちょっと自信がなかったので /yell には「試行錯誤の可能性あり」の文言を入れてみました。残り1人がすぐに埋まらなかったので丁度LSにPOPしたチョコボ紳士のマニを誘って戦コ赤吟召白でGo! でありました。

自分は召喚士赤魔道士です
twitter_2021_05_11_212702_a.jpg

最初の2~3戦はシェルが不要だと断定できていなかったり動き的にわちゃわちゃしたりで敗北してしまいましたが、そこから確か4連勝を飾って見事に戦術を確定したのであります。召喚士ジョブポイントが50を超えてゲットできたり、今月も召喚士の育成ににんまりしながら楽しくアンバスケードをやれそうです。



2021/05/12 (水) / 18:01








5/8(土)はプレイしていなかったに等しいので日記はなし!

有吉反省会の影響で件名に「ゲットだぜ!!」が付いてしまっておりますが、2垢のジャックが何故か尚武鳳凰兜を持っていなかったので取りに行ってました。

面!メーン!
2021_05_09_132959.jpg

協力者のおかげもあり1発で「ゲットだぜ!!」でした。

ホールマークは十分に稼いでいたのですが、手すきの時にアンバスケード「とてむず」の英語で残り1人のDDを募集している /yell を見かけまして、リベレーター暗黒騎士の練習や数値研究がてら参加してみました。

インサージェンシー!!
2021_05_09_055529.jpg

で解析結果がこちらです↓
2021_05_09_0540xx.txt

強い竜騎士だなぁとは思っていましたが、ぶっちぎられてました(;;)ほぼWSダメージの差が総累計の差となっているようで、両手武器ミシックウェポンの限界を感じた1戦でした。

現状で自身のリベレーター暗黒騎士の装備や動きの最適化は済んでいると思われ、これ以上の伸びしろはほぼないですから。とはいえ、使いこなしている感はまだ不十分に思うところもあるのでもうちょっと使い込んでどこかで総括してみたいです。

この日は蝕世のエンブリオの続きをやっていました。実装されていた最新のクエスト14.「騎士とオークと喰らうものども」の1つ前である13.「走れ、エグセニミル」まで終わらせることができました。

ここに至る過程でトリオン王子とかなり絡むことになるのですが、

こんなアップ顔を拝めたり
2021_05_09_155159.jpg

皆でリンチのごとくボコれたり
2021_05_09_155620_a.jpg

なかなか楽しいものでありました!



2021/05/10 (月) / 18:25








UchinoBlogの初投稿記事は
2006/05/09 得意技は放置プレイ
でした。

つまり本日で15周年を迎えた訳であります。

と言っても2013年4月~2019年1月の約6年間は完全な休止状態にあったので、実質的に稼働していたのは差し引き約9年間ということになりますが、それでも我ながら長い期間だなぁと思います。

Lv75時代は備忘録がてら他のプレイヤーさんにも役立つ攻略記事を書いていた時期がありましたが、第3期プレイにおいてはほぼ完全にプレイ日記に終始して、本来の目的であった「自分がジジイになった時に読み返して楽しめるように」を意識してプレイ日記にを空けないように心がけていました。

ひとまずFF11終焉までは続けたいと思います。



2021/05/09 (日) / 04:26








木曜日オーメン詰みのみやって終了でした。本来であれば、にダイバージェンス活動があるのでそれに寄生する予定だったのですが、突発的になくなったようで22時から手持ち無沙汰になった私は、健康的にさっさと早寝した訳であります。

金曜日『第55回もぎたてヴァナ・ディール』を視聴していて、最後のオサーンズの雑談のところでNEOTIを発動していました。

起きたのは24時を超えた午前1時半過ぎでプレイ(!?)日記を作成なう!な訳です。

そんなわけでFF11をプレイしていたわけではないのですが、その代わりにツイッターで遊んでいた1日でした。どういう事かと言うと、にゃんじゅえり@Bismarck@NJuelingさん



というツイートをみたのですな。

公式で行われていたツイート投稿イベントのようで、



のようなツイートがそれだったようです。

これを個人レベルでイベント化してくれた模様です。

せっかくなので自分も参加してみました。

色々考えた挙句、
・FF11プレイヤーなら誰にでも通じそうなネタ
・自分自身に特化したネタ
・昔のFF11を想起させるネタ
の3種類で思い浮かべることにしてみました。

FF11プレイヤーなら誰にでも通じそうなネタ


すぐに思いついたサブリガネタ

自分自身に特化したネタ①


私のアイデンティティと言えば
2021/04/25 私が【肉】【店】を始めた理由
という記事があるぐらいなのでこれは外せませんでした。

自分自身に特化したネタ②


これ、投稿した直後にちょっと失敗したなぁと思いました。

結びの句は「首ったけ」の方がよかったかもです。

ちなみに私のモルボルへの愛は下記の記事がある通りです。
・【あの娘に】 ビビアンその1 【首ったけ】
・【あの娘の】 ビビアンその2 【お口くちゃ~い】
・【あの娘と】 ビビアンその3 【デートする方法】
・【あの娘に】 ビビアンその4 【逢いたい】
・絶好調!
・12/11(水) 散財たのしいぃぃぃぃぃ

ちなみにいつでも見に行けるように「アイドルモルボル総選挙」のWebページも常に開きっぱなしです。

昔のFF11を想起させるネタ


ちょっとこじつけも過ぎる気がしましたが、実話が元です。

この寝言は2017年頃に発生したのですが、耳にした人はFF11を知らない子だったので「RPGでレベル上げしてる夢でも見てたんだよ」と誤魔化しておきました。まぁウソは言っていません!

という事で、何か川柳ネタを思いついたら Let's Tweet!



2021/05/08 (土) / 03:02








数日前から詠唱中断率ダウン装備の収集を始めてまして、世間では常識(!?)となっているらしい詠唱中断率ダウン104%達成を目指すこととしたのですな。

理由はオデシーCで僅かながら使う可能性があるからです。

「僅かながら」とわざわざ書いているのはオデシーCのモグセグメント稼ぎに自身の魔導剣士を出す気はまったくないのですな。スコアアタックをする場合に必要となったら出さざるを得ないので、その時に備えてです。

なので「僅かながら」な可能性です。

オデシーCにジョブマスターで出陣するのはジョブポイントの観点でとてももったいないんですな。固定を組んでスコアアタックするぞー!という趣旨で開催・参加するならジョブポイント稼ぎやゴールタッチによるギル稼ぎは放棄してもよいのですが、そうでないなら、さすがにこの2つを放棄するのはもったいないです。

といった後ろ向きの理由から装備を揃えるのを先延ばしにしていたのですが、かかっと揃えることにしました。すでにもっている装備が多いのでそんなに手間ではなかったです。何せローハイドグローブに至っては、ゴールデンウィーク中に開催していたマーズオーブビーナスオーブの箱開け大会で偶然出たものです。というか、偶然出たので詠唱中断率ダウン装備を収集することを思いついた、というのが正しいのですな。

世界耳の取り直し
2021_05_05_083558_a.jpg

ハラサズピアスの取得
2021_05_05_113723_a.jpg
2021_05_05_115105.jpg
2021_05_05_121557.jpg

実はあまり真面目に事前調査をしていなかったので、このハラサズピアスが必要か否かはわかっていないまま取りに行きました。まぁトリガー代は安いし、レクイエスカットの使い手がいれば楽勝なギアスフェットNMですし。

で、ScreenShot(SS)は取り忘れましたが、最後にテーオンブーツにオーグメントで詠唱中断率10%ダウンを引いて装備の収集を完了しました。

ところでこのテーオン装備のオーグメントで詠唱中断率が付く事実について、用語辞典先生の詠唱中断率の記事には載ってないのですよね。こういうのって見つけたら記事を更新する方がいいんでしょうけど、やったことがなくて怖いので棚上げ案件としておきます

最後に揃え切った装備を全て装備してみたら達成できました。詠唱中断率ダウン109%に到達です。

はい、5%多いですね。ハラサズピアスによるブーストがまるまる不要でした。まぁ気分の問題という事で私は盛りに盛って詠唱中断率ダウン109%で行こうと思います。

揃え切った後に醴泉島で敵を30匹ぐらい集めて詠唱が中断されるか試しましたが中断されることはありませんでした。どうやら成功のようであります。

ただ、マクロの仕込みとかはいろいろ悩みが発生して禿げそうだったので、ひとまずフォイルサポ青のヘイト魔法のマクロにだけ仕込んでおくことにしました。



この日の13時半頃のことでしたがMireu(みれう)が沸いたという /yell が飛び交っているのを見て、迷わず討伐に向かいました。/yell によると残りHP90%程度とのことだったのでまだ開始したばかりで人が集まり切っていない状況ならMireu(みれう)をターゲットできる可能性が高いです。そう、激混みすぎてMireu(みれう)が表示されない時があるのですな。

無事にタゲれました!
twitter_2021_05_05_133455_a.jpg

こんな時間帯でも討伐に十分な戦力が集まるのがAsuraワールドの良い点の1つです。

残り時間25分ぐらいで無事に討伐完了
2021_05_05_135811_a.jpg



この日はがっつりFF11をプレイすることにしていたので、その一環として今さらながら蝕世のエンブリオを進めてみることにしたんですな。あまり書きすぎるとネタばれになってしまうのですが、これ凄くいいですね。深い世界設定をしっかりと踏まえたストーリーになっているようですし、あと小ネタ的なイベントも混ぜてあって、それも個人的には楽しめました。

小ネタ的なイベントの中に「Brygid(ぶりじっど)の主催(!?)しているコスプレ大会に、特定のNPCのコスプレをして出場する」というのがあるんですが、その特定のNPCの1人に「Azima(あずぃま)の若い頃の姿」というお題がありまして、2垢のジャックがこれを完全に真似することに成功しました。

「Azima(あずぃま)の若い頃の姿」コスプレ
2021_05_05_141031.jpg
2021_05_05_141036.jpg

これを達成するにはウィッチハットソーサラーサボの2つが難関かなと思います。特に前者はイベントアイテムなのできちんと保管している人は少数派と思われます。

他にも蝕世のエンブリオを進めているとKupipi(くぴぴ)が頻繁に絡んでくるのですが、

こんな顔や
twitter_2021_05_05_155606.jpg

こんな顔
twitter_2021_05_05_194611.jpg

をたっぷりと見せてくれて かわゆす でありました!



2021/05/06 (木) / 19:07








やりたいこと・やるべきことはいっぱいあるので暇というわけでもないんですが、2垢ジャックの累積ホールマークがちょっと物足りないな~と思っていたところに、この日の午前10時半過ぎのことでしたが英語アンバスケードの「とてむず」の /yell を目にしまして参加してしまいました。

殴ってますが白魔道士での参加です
2021_05_04_105947.jpg

構成はうろ覚えですが、剣モコ風吟白だったと思います。バ系による避け係は風水士が担当してまして、最初のうちは失敗してましたが途中から慣れたのか調子が上向いたのかほぼ防いでくれるようになったので楽ちんでした。

結局、本体の累積ホールマーク数である226,800を超えて234,000まで稼いだところで終了となりました。アブダルスの焼印は温存策を取っていたので1戦3,600固定になりますから 234,000 ÷ 36,00 = 65 戦やったことになります。

あんまり考えていませんでしたがこれはなかなかの数値ですな('~')

オーメン詰みルートに恒例の構成(戦/踊 黒/シ 青/赤)で、混雑対策で夕飯を18時台に食べ終えて19時からやってみたところ混雑を完全に回避することに成功しまして、19時~20時半まで4回突入することに成功しました。

終えたところでちょっと早いですがこの日のプレイは終わりにしたのであります。



2021/05/05 (水) / 09:50








週明けということで、アブダルスの焼印を回収すべくアンバスケードの「とてむず」を開催しておりました。野良で応募を募る前にLS内で声をかけたところ、ちょうど5人6キャラがそろったので剣戦戦コ吟白でGo!であります。

特に危なげなく約1時間半で8戦して終了
2021_05_03_204126_a.jpg

解析結果
2021_05_03_2026XX_anon.txt

見返して分かったのですが、原因がわからないもののいつもより命中率が低いですね。ハンターズロールマドリガルを入れてよかったかもしれません。

ちょっと手すきの時間ができたので詠唱中断率ダウン装備集めをしておこうと思い、世界耳取り直しをし始めました。もともと持っていた幽界の耳磁界の耳に取り替えるというものです。

ひさびさにこのNPC面々を見ました
2021_05_04_002132.jpg

・・・残念ながらリアル24時跨ぎを効率よく迎えられなかった関係上、取り直しの完了は翌日の24時待ちとなりました。このあたりのことをこなしながら、リアル24時待ちをしているところに珍しく/shoutで手伝ってください的なものを偶然目にしました。ええ、「/yell」ではなく/shoutでした。この2つは文字色を別にしてあるので見分けが付くのですな。

曰く、コスミックオーブの「ふつう」と「むず」の合計2戦を手伝ってほしいとの事でした。どうやらレム物語目的ではないとの事で、何かのクエストの条件でそんなのがあったっけかな~と思いつつ、さくっと終わらせてきました。

アフリオンナックルの初デビュー戦となりました
2021_05_04_001254_a.jpg

予定通りさくっと終わらせたところでプレイを終了、というかNEOTIした訳であります。



2021/05/04 (火) / 12:07








今月や先月のアンバスケードは楽でやりやすいお題だったのでアブダルスの焼印は温存策を取っているのですが、当然その分、回数をこなさねばなりません。

普段なら自身が2垢を連れて開催している週明けのアブダルスの焼印回収のための「とてむず」開催以外でアンバスケードをやることは珍しいのですが、累積ホールマークが未だ20万に達していないので、ちょっと稼ぎたいところに折よく「とてむず」の募集 /yell を見かけたので参加してみました。

英語のパーティでしたが。

ひさしぶりに単体のみの魔導剣士という形での出陣です。1キャラに集中できる分、ちょっと動きが良くなるのは間違いないです。

余裕がある分SSもいいものが撮れたり
twitter_2021_05_02_091629.jpg

英語プレイヤーの場合、ピンキリの差が激しいことが多いのですが、今回の場合はバ系を担当していたプレイヤーさんが超絶うまかったのかバ系避けがほぼ100%成功していました。というか、失敗は見なかった気がします。

そんなこともあり順調に稼げていたのですが、それでも事故を100%防ぐことは難しく、ドリルクローによるHPmaxダウンが、今まで経験したことがないってぐらい的確なタイミング(雑魚3体の召喚前後とか)で使用されて3回ほどこんちは。→全滅やりなおしというのがありました。

こればっかりはどうしようもないですね・・・。

このパーティの直後に別の /yell の「とてむず」にも参加しました。こちらは通常構成ではなく召喚士アストラルパッセージの構成でした。実は持っている私のニルヴァーナのパッセ初デビューってことで参加してみました。

特に問題はなかったものの、ジョブポイントによる強化の差をはっきりと感じた1戦でした。少なくとも召喚士ジョブポイントPTを組む気はしないので、ジョブポイント稼ぎはアンバスケードで出来ると最高なのですが、これは今後のお題次第といったところでしょうか。

は恒例の構成でオーメン詰みルートを2回やった後は固定活動のオデシーCを2回やって終わりでした。今回で初めてリベレーター暗黒騎士オデシーCに出陣したのですが、私の行動の最適化不足を抜きにしてもあまり感触がよくない結果でした。しょせんはリベレーターという上限の壁を感じた気もしますが、この辺りはまた今度考えをまとめようと思いました。



2021/05/03 (月) / 14:56








木曜日

何をプレイしていたか忘れました・・・

何かしらプレイはしていたはずなのに、書かないとこれだから!!



金曜日

てるのねぐら、もといベヒーモスの縄張りから移動して10分後ぐらい経過したところをGolden893に見つかり、オーメンに拉致られました。相手はKei(桂馬)です。どうやらルガルバンダピアスの外販先を見つけたのでその戦力が欲しい模様。

という訳で久しぶりにKei(桂馬)を殴ってきました
twitter_2021_04_30_194841_a.jpg

このボスにたどり着く前にボーナスの箱部屋を引いてそこでGin(銀将)がドロップするディンジルリングが出て、これもその場で外販していました。さすがのGolden893;;

これを見て思い出しました。

そういえばGolden893こと をぱ が全ミシックを作成すべく鬼のごとく金策するのを手伝いまくったのは1年前のこの頃だったよな~っと。その頃はプレイ日記を休止していた時期なので記録が少なく記憶だよりなのですが、自分がギルを使うのはそっちのけでひたすら手伝ってました。

はっちんのレリック作りを手伝ってた時もそうだったよな~っと思いつつ。

そうして1~2か月で約10億ギルぐらいを稼ぎ出したものの、1年経過した今でも使い切れずにいたりします。どういうことだってばよ!!

とか思いふけっていたら倒してました
twitter_2021_04_30_195902_a.jpg

残念ながらピアスのドロップはなかったものの、リングと小札の売上があったようでGolden893も満足した(?)ようでありました・・・・などということはなく、今度は21時半頃に格闘武器のマスタートライアルBFである「魔障の徒」に拉致られました。

まぁこれはあらかじめ月曜日に拉致予告がなんとなくありました。深夜か未明の時間帯に目が覚めてごそごそしていたところを彼に見つかってしまい、しばらくおしゃべりしていたら近日中に私のアフリオンナックルを取りに行くからモクシャ+75仕様のMNK/PLDを準備しておけ!とのことだったんですな。

でぇ、この時アフリオンナックルの外販先が見つかったらしく行こうぜ!とのことでした。

事前学習はしていません
2021_04_30_212711_a.jpg
twitter_2021_04_30_214924_a.jpg

ただついていきます。していただけなので戦術的な解説は省略であります。まぁ画像にケット・シーが2体いることからも分かるように、ミュインララバイ連打による敵の特殊技封殺作戦ですな。

ベストタイムの更新こそできなかったものの危なげなく36分51秒でクリア
twitter_2021_04_30_220400_a.jpg

という事で羽武器のアフリオンナックルを手に入れました
twitter_2021_04_30_220640.jpg
twitter_2021_04_30_220644.jpg

せっかくなのでオシャレ着の武器はしばらくこれにしてみようと思います。まぁちょっとグラフィックがでかすぎ、主張し過ぎなので、実際に使い込んでお世話にもなって思い入れもあるレリックナックルのグラフィックの方が好きなのでそのうち元に戻すと思われます。



土曜日

1か月ほど前から学者の再開業準備の一環としてクライヤーゲートルを本体「でも」取得することを決めたんですな。なお後衛を専門にしている2垢のジャックはとっくに取得済みです。たしか第2期プレイ中に取った記憶があります。

ヘラルドゲートルを買えばいいじゃん?と思われるかもしれませんが、ExRaハンターとしては、使用する装備品で代替のExRaが実装されているならそれを使いたくなるのが止められない性分なんですな。

とは言え、約72~120時間間隔で出現という条件ですから、まずその姿を見る事すら難しかったです。やはり見かけたら狩られてしまっているんでしょう。という訳でしばらくの間、隙を見てはアットワ地溝へ行ってPOPしていないか確認していたわけですが、この日ようやく会えました。

お久しぶりです!
twitter_2021_05_01_110627.jpg
twitter_2021_05_01_110714.jpg

これからもちょくちょくくっからよ!
twitter_2021_05_01_110821.jpg
twitter_2021_05_01_110827.jpg

といったところでプレイを終えたのでありました。



2021/05/02 (日) / 15:28








前回の投稿記事であるプレイ日記「4/23(金)~4/28(水) ダイジェスト版」の最後の方に書いた通り、2垢ジャックと相方の白魔道士ケアル装備について初めて本格的な見直しをしました。

見直すきっかけは「FF11人生を捧げるブログ」様の下記の記事
白魔導士 2021年装備 50805050 シェオルジェール対策装備 まとめ
の投稿をツイートで見かけたからです。

これまで2垢のジャックも相方も白魔道士ケアル装備について50805050の観点で見直したことが無かったのですな。ちなみに50805050とは下記4つの項目の略称です。
ケアル回復量+50%
ケアル詠唱時間-80%
敵対心-50
被ダメージ-50%

この4つを達成しておくことが、白魔道士ケアル装備の最終目標の1つであり、この観点から真面目に見直してみたわけであります。

何せ2垢のジャックは第3期プレイとして復帰した後の最初の頃にちょっと装備を見直したぐらいで、その時は50805050の観点は認識外でした。かといって、悪い装備をしていたわけではないのですが!

また相方に至っては2019年の11月に新規キャラで開始した際、私がスタートアップ装備として与えた下記の装備群
アバブリニ+1(オーグメント無し)
ハイゲアクロッグ+1(オーグメント無し)
シファヒジパンツ
がもとになったまま大幅な更新はしていないはずでした。

2キャラとも白魔道士ジョブマスターとなっていますから、今50805050の観点で見直すことは非常に有意義です。

ちなみに「FF11人生を捧げるブログ」様の下記の記事
白魔導士 2021年装備 50805050 シェオルジェール対策装備 まとめ
では「メリポ+ジョブポ:速度+26%」というメモ書きがあるのですが、これはケアル詠唱時間の短縮が -26% のことを指していると思われものの、数値は誤っていると思われ正しくは -28% となるはずです。(メリットポイントで -4% × 5段階 = -20%、ジョブポイントで -2% × 4段階 = -8%、合わせて -28% といった具合です。

とは言え、微々たる違いなので気づく人もいないと思われますが・・・。

さて、見直してみたところ下記が判明しました。
・ジャックはケアル詠唱時間の短縮が過剰な状態
・相方はケアル詠唱時間の短縮と敵対心マイナスの両方が過剰な状態
・2キャラとも被ダメージマイナスが不足している状態(これは見直す前から認識済みでしたが)

見直した結果を踏まえて装備調整をおこなったところ、ジャックは下記の状態となりました。
ケアル回復量+51%
ケアル詠唱時間-87%
敵対心-52 ~ -57 (※ユニティランクで変化)
被ダメージ-16% (被物理ダメージ-10%)

④だけ未達という状況に変わりはないのですが、色々最適化はされた感じです。ちなみにケアル回復量IIは +10% です。

装備パターンのサンプルとして参考までに書き出してみます。

メインウェポン:クェラーロッド (Type:A)
サブウェポン:玄冥盾
矢弾:ストンチタスラム+1
頭:EBキャップ+1
胴:TEブリオー+3
両手:テルキネグローブ (オーグメントでファストキャスト+5%)
両脚:EBパンタロン+1
両足:ハイゲアクロッグ+1 (オーグメント無し)
左耳:メンデカントピアス
右耳:朝露の耳飾
左指:アヤモリング
背:アラウナスケープ (オーグメントでファストキャスト+10%など)
腰:チャネラーストーン



2021/05/02 (日) / 13:01





HOME

Copyright(C) 2019 Tomorrow Never Dies All Rights Reserved.
FF11画像⇒Copyright(C)2002-2019 SQUARE ENIX CO.,LTD.All Rights Reserved
当Blogに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標もしくは商標です。