FC2ブログ

«プロフィール»

Astel

Author:Astel
●管理者ページ
●Twitter
●Twilog
Profile
Profile

FF11に関する私的ブログですが閲覧・コメント歓迎です。
パン鯖の時は Astel でした。

<<プレイ期間>>
[第1期] 2004年3月~2013年4月
[第2期] 2014年9月~2015年4月
[第3期] 2019年2月~ 現在

«FC2カウンター»

«ブログ内検索»

«最近のコメント»

«最近のトラックバック»

«最新の記事»

«FF11リンク»

«カテゴリー»

«月別アーカイブ»

«FC2ブログランキング»

Tomorrow Never Dies

FF11の私的なプレイ日記

 »Entries.




モンクに関するどーでもいいこだわり・・・


メインジョブならではの、無駄かもしれない意気込み・やり込みってあると思う。
今回のがまさにそれ(´_ゝ`)


長いしモンク以外が読んでもまったく役に立たないので折り込みでs



ためるの性能チェック



ためるを語る上ではずせない装備が

・テンプルグローブ[両手]防14 HP+14 STR+4 耐闇+10 ためる効果アップ Lv54~ モ(ER
・TPグローブ+1[両手]防15 HP+14 STR+6 ためる効果アップ モクシャ+4 Lv74~ モ(ER


AF小手のこの2つ。

鍛えても効果アップは同じで攻撃力18.75%UPらしいです。素のためるだと12.5%だったような、つまり約6%の差があるので仮に攻撃力400だったとするとなにげに約24も差がでます。是非是非使いましょう。


通常攻撃はAF小手よりもいい物があるのでAF小手つけるのはためる時のみでいいわけですが、そうなるとマクロに組み込んでしっかり発動するのか?という問題がありますね。


自分で確かめた限り

/equip hands TPグローブ+1
/ja ためる &<me>


というマクロで効果アップは反映されているようです。

そのときの回線の重さやそのほか環境によって変わるかもしれませんので、いっそためるとAF小手変更マクロを分離すればいいと思われますがこれがとある理由により不可なんです。







■ためる硬直を最大限キャンセルするには?


ためる発動するとアビ硬直がある。


このアビ硬直が実にやっかいでして、体感wですが約1秒ぐらい通常攻撃もでない状態になりえます。特に、ここで通常攻撃が出るというタイミングでアビ硬直させると次の攻撃がでるまでの時間が実に長いです(いや体感wなんですけどね)

そしてこのアビ硬直、通常攻撃ほどではないにしろWSにも硬直の干渉があります。ためるをしてすぐ撃とうとしても撃てなかった、撃ってなかったという経験はモンクなら誰でも経験あるんではないでしょうか。

そこでためるマクロに着替えも仕込んでおくと着替えキャンセルでうまい事アビ硬直の影響を受けずにWS撃てたりします。そして、さらに重要なのがWS発動すると通常攻撃への硬直干渉が無くなっている気がします。どいうことかというと、ためるを硬直キャンセルしても通常攻撃は本来出るタイミングで出てくれず若干遅延を感じることがあるんですが、WS撃ったあとだと普通に通常攻撃がでてるなというやはり体感です。ただモンクやってる時間も長いので少なくとも幻覚ではなかろうとw

ただ状況によっては、特に被魔法エフェクト時などは着替えキャンセルが遅れることがあるので必ずしもキャンセルできるとは限りません。が、その場合でもWS発動してしまえば通常攻撃への硬直干渉はやはり減ってるような気がするので有効ではなかろうか。








この着替えキャンセル・硬直がらみの話で先ほどのAF小手変更マクロ問題がでてきます。

というのも、このためるマクロはなるべく1つで完結させるべきというが私の持論。仮に2つ用意した場合、2つのマクロを連続で押す事になりますがこれってちょっと危険。

マクロの2連続押し、特に装備変更のは続けて即押しするとラグの関係かうまく作動しないことも。他のジョブなら、例えば忍者のなどなら2つ使用しても問題ないのですがためる硬直をキャンセルさせるモンクだと2マクロ押し⇒WSマクロ押しはせっかくの硬直キャンセルを無駄にしてしまう可能性が高いです。

まぁここらへんは実際に体感してみるのが早いか。

もしかしたら私の家のマシン環境だとそうなるというだけかもしれないし(´~`)


とりあえず硬直キャンセルとマクロ絡みの結論としては

ためるは1マクロ ⇒ WSマクロ ⇒ 装備戻すマクロ

この3マクロ押しで完結させるべき。







で、話はこれで終わりじゃないんですな!


ここまでは基本。


その1で述べたモンクの難しさ、それは

「どれだけギリギリのタイミングでためるマクロ ⇒ WSマクロを押せるか?」

これに尽きる。



モンクのWSに限らずやなんかでもそうなんですが、画面に表示されてるTPは実際のTPに比べて通信ラグの関係で実際にはわずかに遅れがあるんですな。さらに、こちらからWS実行のコマンドがサーバーに届くまでにも差があるのでTP100超え即撃ちしても実際には即撃ちの状態じゃなかったりします。

逆に言うと「TP100未満であと1発殴ればTP100超える、という時にWSマクロを押すと発動した。」というのは前衛なら誰でも経験あると思いますがこれの起こる原因が↑の様な仕組みによると考えるとうまく説明できます。

つまり

TP100未満でWSマクロ
⇒ サーバーにコマンドが届く
⇒ 届いた時にTP100になっている(が、画面表示は遅れているのでTP100未満)
⇒ WS発動


普通ならTP100未満の状態で適当にWSマクロ押して不発ならもっかい押す、というのでまったく問題ないのだけれどためるをするモンクだとこれが大違い。もしTP100未満でためる⇒WSマクロを押して不発だと通常攻撃がアビ硬直の影響をうけて遅延します・・・・・!つまり見切り発車でWS撃つときにそれが早ければ早いほどいいってわけでもなく、確実にTP100になってるというタイミングを計る必要があるわけです。

まぁ失敗しなくてもこのTP100未満でためる⇒WSマクロをするのは、通常攻撃を普通にミスったり被ダメTPの関係でTPが99で止まったりしても失敗になってしまうので運用にはご注意といったところですがw

ただ明らかに早くWSが撃てるというのなら追求するのが脳筋としての役目と信じて今日もTP100のタイミングを見切ってWSを撃つのはまぁ正しいだろうし、なにより単調になりがちな戦闘に1つのメリハリをつけるポイント・楽しみになるのであまりやってなかったという方も是非是非お試しあれ。



で、肝心のマクロの中身は次回で〆て結論でs



2008/01/17 (木) / 20:24





[48] ザルカバード #20 / HOME / [47] ジュノ #3

コメント

 »コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 

*匿名・悪質な書き込みは予告なく削除することがあります。

 »トラックバック

HOME

Copyright(C) 2019 Tomorrow Never Dies All Rights Reserved.
FF11画像⇒Copyright(C)2002-2019 SQUARE ENIX CO.,LTD.All Rights Reserved
当Blogに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標もしくは商標です。