FC2ブログ

«プロフィール»

Astel

Author:Astel
●管理者ページ
●Twitter
●Twilog
Profile

FF11に関する私的ブログですが閲覧・コメント歓迎です。
パン鯖の時は Astel でした。

<<プレイ期間>>
[第1期] 2004年3月~2013年4月
[第2期] 2014年9月~2015年4月
[第3期] 2019年2月~ 現在

«FC2カウンター»

«ブログ内検索»

«最近のコメント»

«最近のトラックバック»

«最新の記事»

«FF11リンク»

«カテゴリー»

«月別アーカイブ»

«FC2ブログランキング»

 »Entries.




思うに、青魔を使ったとハッキリ言えるのがリンバスのボス戦。


第7回 Proto-Omega
第10回 Proto-Omega
第11回 Proto-Omega
第12回 Proto-Omega 青/忍の行動にFA

オメガ戦での青は、物理攻撃が通るモードは殴り&物理魔法。魔法しか通らない時はファイアースピットリガージテーションと使い分けで常に安定して与ダメが期待できます!


・・・・なんですが、オメガ戦は物理アタッカーを排除して黒のみで削り、それでいて物理モードばかりが来ても余裕で時間内の撃破が可能。つまり、

いてもいなくてもよい。

黒魔できる人があえて青でいく必要もないってことですね。でもま、1人はいてもいいと思いますよ。あくまでいても・・・・・。



お次は最も青が活躍できる場の1つであろうアルテマ戦

第5回 Proto-Ultima
第6回 Proto-Ultima
第7回 Proto-Ultima
第9回 Proto-Ultima 青/シの行動にFA
第10回 Proto-Ultima お題は【MP吸収キッス】
第11回 Proto-Ultima 調子にのってマジハン
第12回 Proto-Ultima キャノンに戻してみた
第13回 Proto-Ultima ブレス魔道士
第14回 Proto-Ultima ブレス魔道士その2

初めて青でいった頃は試行錯誤の連続で主にサポシで不意だまバーチやキャノンしてたわけですが、結局ブレス魔が最も良いという結論に至りました。主な理由としては

  • サポ忍でいいのでアマバスを喰らう危険が少ない&タゲ取っても安心。特にシダデル後はタゲが来る事は珍しくない。

  • ブレス主体なのでエナジースクリーン、マナスクリーンのどちらが来ても問題なくダメージが与えられる。サポシのバーチ・キャノン装備だとブレス使う際にHPブースト装備に着替えてさらにケアルをもらうステップが必要になってくるが、最初からブレス主体ならHPブースト装備のままで良い。

  • HPブースト装備のままでいいのでセイリーンコートを唱えるだけでシダデルを高確率で凌げる。

  • ブレス主体の方がむしろ総ダメも高い(動きとミスの有無によるでしょうが)


ブレス主体の青は何人いても与TPなどの心配もないのでむしろ青忍をたくさん揃えてタゲ回しするのもありです。むしろ赤忍、ナ忍といても侍忍や青忍がタゲ取ることがままありますしね。というわけでブレス青は用意できる限り投入してしまっても問題ない気がします。

過去の記録を見ると、ディセバーの毒スリップまでいれると常にTOPの削りといっても過言ではなさそう。なんかもうイケ青認定でいーすかね
\(^o^)/

・・・・・ただしアルテマ戦は、週1活動1回2エリア攻略のLSだと順調でも7週間に1回、約2ヶ月に1回しかありません!どうみてもヒッキー青です。が、まだまだ青は使った記憶がありますよい。ってことでまだまだ続きます。



2008/11/21 (金) / 00:21





青魔戦記 その2 / HOME / モテモテのイケ青

コメント

 »コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 

*匿名・悪質な書き込みは予告なく削除することがあります。

 »トラックバック

HOME

Copyright(C) 2019 Tomorrow Never Dies All Rights Reserved.
FF11画像⇒Copyright(C)2002-2019 SQUARE ENIX CO.,LTD.All Rights Reserved
当Blogに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標もしくは商標です。