FC2ブログ

«プロフィール»

Astel

Author:Astel
●管理者ページ
●Twitter
●Twilog
Profile

FF11に関する私的ブログですが閲覧・コメント歓迎です。
パン鯖の時は Astel でした。

<<プレイ期間>>
[第1期] 2004年3月~2013年4月
[第2期] 2014年9月~2015年4月
[第3期] 2019年2月~ 現在

«FC2カウンター»

«ブログ内検索»

«最近のコメント»

«最近のトラックバック»

«最新の記事»

«FF11リンク»

«カテゴリー»

«月別アーカイブ»

«FC2ブログランキング»

 »Entries.




2垢の樽後衛の強化にいそしんでます。元々、コルセア以外はの後衛は全てレベル上げ終わっていて、AF3+2も本体以上にそろえ終わっていましたが、

・火魔攻杖
・氷魔攻杖
の作成。

ヒーリング装備としてのリフレシュサブリガを頑張ってHMP+2のついたスタークサブリガの取得、などなど。

本体にいまいち力を入れる気にならないのは、レリックもエンピもユニクロと化して白けてしまったということがあります。

誰でも取れる、持ってて当たり前のものなんかどうでもよいと思うわけで。そうなってくると、種族差に行きつく → ガルカだったらなぁという思いがっ。

いやーそもそも、ナイトに全力を尽くしておくべきだったなぁとか今までなかった後悔の念も出てきたり。私がレリック作るかーって思い立ったのはフレのレリック作りに協力しているうちに、ギルを貯めこんでしまって、さてどうしよう → レリック作るかーっという軽いノリだったんですな。

あまりこだわりもなく着手したため、貨幣の似通っている格闘両手鎌を候補にして貨幣を貯めきるまでは悩んでおく、というスタンスに。

最終的に、ゼロからジョブや装備を構築できる暗黒の方が楽しそうってことで、暗黒のレベルを上げ始め・・・75になった月にアポ完成、1~2か月後にアルマダホーバーク&ジャスティストルクを取得して完成!もう思い残すことない状態に!

75キャップ時代って、アルマダ・ホマム・ベロシアス・ジャスティスのアポ暗って1つの完成形だったのですよね。

となったものの、その半年後ぐらいにアビセアが出てFF11熱が息を吹き返し、同時にこの完成形も過去のものに。
/(^o^)\ 寿命ミジカカッタ

アルマダにつぎ込んだ50Mあれば、ブルトカング+イージスもいけたなぁ。いや、そもそもリディルなどは取らずに守り取って・・・・それでいてガルカだったら・・・!なーんて妄想とも言える邪念が発生して本体どうでもよくなってくるんですn

で、タルタルです。

墨魔です。

レリック・ミシックよりもメイジャン杖の世界・・・・ですよね?w

樽後衛に飽きたら、また残ってるクエストやら(再)ミッションをやるかなと思うあたり病的かもしれません。



2011/11/05 (土) / 20:15





サントラ届いた / HOME / サンドリアMクリア

コメント




>>レリックもエンピもユニクロ

俺が居た半年前でさえレリorエンピないと前衛ってもう出すの躊躇するレベルではあったよね
でもレリ鎌・レリエンピ格闘有るから出せるんだしそれは素直に羨ましい

これはもうブルトエンピ盾守り目指しちゃおぜ!

余談
ちなみに俺は友人に誘われて最近ギャザをやり出した
リアル出費が半端じゃないが面白いねこれ
袋まで1時間くらいで行ける距離になったから何でも揃うし幸せ
都会っていいな、名古屋とは何だったのか

2011/11/07(Mon) 20:00:31

URL | [ Edit.]






今は募集シャウトに「レリミシエンピ明記」なんて
書かれちゃうぐらいだからね。
余計にエンピあらずんば前衛にあらず、みたいな
→余計にユニクロ化
→つまらn

ガルカかエルだったらブルト・オハン・守りを
目指したね ヽ(^Д^)9m

>> ちなみに俺は友人に誘われて最近ギャザをやり出した
タッキー道まっしぐらだな!
いいことだ。

今って11thぐらいだっけ、
デザイン変わった7thあたりでデッキ更新をやめしまったよ。

2011/11/08(Tue) 01:23:13

URL | [ Edit.]



 »コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 

*匿名・悪質な書き込みは予告なく削除することがあります。

 »トラックバック

HOME

Copyright(C) 2019 Tomorrow Never Dies All Rights Reserved.
FF11画像⇒Copyright(C)2002-2019 SQUARE ENIX CO.,LTD.All Rights Reserved
当Blogに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標もしくは商標です。