FC2ブログ

«プロフィール»

Astel

Author:Astel
●管理者ページ
●Twitter
●Twilog
Profile
Profile

FF11に関する私的ブログですが閲覧・コメント歓迎です。
パン鯖の時は Astel でした。

<<プレイ期間>>
[第1期] 2004年3月~2013年4月
[第2期] 2014年9月~2015年4月
[第3期] 2019年2月~ 現在

«FC2カウンター»

«ブログ内検索»

«最近のコメント»

«最近のトラックバック»

«最新の記事»

«FF11リンク»

«カテゴリー»

«月別アーカイブ»

«FC2ブログランキング»

Tomorrow Never Dies

FF11の私的なプレイ日記

 »Entries.




ようやく魔導剣士風水士でのオーメン詰みルートが安定してきました。

やってて気が付いたこととして、今までのオーメン詰みルートはモ&白とアポ暗&赤の組み合わせでやっておりまして、その時は3層目のピクシー族の亜種も狩りつくしていたのですが、この亜種(アンシーリー)を狩りつくすのって効率よくないんですね。モとアポ暗だとその特性上ほぼ気にならなかったんですが魔導剣士だと効率が一気に下がるのを感じました。なので3層目はいつもどおりウサギから時計回りで開始してピクシー族の手前のパノプトまでを狩りつくして完了とすることにしました。

また、パッシブ状態の時のレディバグもスルーすることにしました。確か時間帯でアクティブとパッシブが切り替わると思いましたが、絡まれなかったらスルーという分かりやすい判定で済むので切り替わりの正確な条件とかは気にしません!

うっかりジャックをPTに入れ忘れたため白フェイスを2枚の図
2019_12_12_a.jpg

そういえばバージョンアップがあったわけですが、VU後の儀式といえばビシージです。ビシージと言えば五蛇将です。五蛇将と言えば炎蛇将ガダラル(Gadalar)ですよね。

何が言いたいかというと、ビシージが発生してオープニングやエンディング(!?)でガダラルを引くたびにScreenShotを撮ってるガダラーの私が最近のBestShot認定できたものがあるのですな。

これです。
2019_12_12_b.jpg

らせつw ファンの諸氏、如何でしょうか?

ところで白魔道士を目指している新人さんがいよいよアーティファクトなお年頃になってAFクエスト2の「ピエージェの決断」を進めているということを聞いて、ふと思い出しました。

オレ氏の白魔道士Lv78ということはもしや私もAFクエストを一緒に進められるんでは!?

でぇ

クエストリストを確かめてみたらなぜかAFクエスト2まではコンプリートしてありました。ボルグヘルツの小手はまだみたいです。ということはちょっとずれはあるものの合流可能ということです。やったー!!やったー!!

その過程で小手の宝箱明けにいったところ、星唄クリアの効果で宝箱のカギを購入できることを失念したままベドーに行ったためにやむなく平和に暮らしていたクゥダフ達を急襲することになり、やむなく最深部まで侵入したところ、鎮座していたクゥダフ族の頂点である方とやむなく戦闘に陥ったのですな。

やむを得ない事情でした!
2019_12_12_c.jpg

その後は順調にクエストが進み
2019_12_12_d.jpg

各種AFクエスト3のNMの中で最強の誉れ高いこの方との対戦でした
2019_12_12_e.jpg

このセリフ、好きです!
2019_12_12_f.jpg

といったところでこの日のプレイを終えたのでした。

おまけ話:一部のLSメンの悩みを解決に導きました
twitter_2019_12_12_a.jpg



2019/12/13 (金) / 06:44





[復元日記#19] 2005/04/19 16:51 / HOME / 12/11(水) 散財たのしいぃぃぃぃぃ

コメント

 »コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 

*匿名・悪質な書き込みは予告なく削除することがあります。

 »トラックバック

HOME

Copyright(C) 2019 Tomorrow Never Dies All Rights Reserved.
FF11画像⇒Copyright(C)2002-2019 SQUARE ENIX CO.,LTD.All Rights Reserved
当Blogに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標もしくは商標です。