FC2ブログ

«プロフィール»

Astel

Author:Astel
●管理者ページ
●Twitter
●Twilog
Profile
Profile

FF11に関する私的ブログですが閲覧・コメント歓迎です。
パン鯖の時は Astel でした。

<<プレイ期間>>
[第1期] 2004年3月~2013年4月
[第2期] 2014年9月~2015年4月
[第3期] 2019年2月~ 現在

«FC2カウンター»

«ブログ内検索»

«最近のコメント»

«最近のトラックバック»

«最新の記事»

«FF11リンク»

«カテゴリー»

«月別アーカイブ»

«FC2ブログランキング»

Tomorrow Never Dies

FF11の私的なプレイ日記

 »Entries.




昨年2019年9月頃からコルセアを本体のAsthelと2垢のジャックの2キャラ同時で開業していたのですな。まずは近接殴りの部分を先行することとして、ネイグリングをメインウェポンにTPボーナス+1000のプロパティが付いたアナーキー+2を装備してサベッジブレードを打つというスタイルを完成させておりました。

そこにさらに遠隔攻撃もできるように整備を進めていました。具体的には下記の装備を取り揃えることです。
スナップショット用の装備
遠隔攻撃着弾用の装備
レデンサリュート用の装備
ラストスタンド用の装備

中には高値の装備品も含まれており、レリック装束119+3装備のためには1個約300万ギルする手具の破片が5個で約1500万ギル、これが2キャラ分で約3000万ギルかかったりで10億ギル以上あった資産がどんどん削れていくのはある意味で爽快でしたが、本当にやってよかったのかちょっと震えが来たりもしました。

スナップショット用の装備の1つの製造に成功の図
2021_01_23_135758_a.jpg



は上述のようにコルセアの装備を収集したり、マクロを整備したりしながらまったりと過ごしていましたが青魔道士でジョブポ稼ぎのオーメン詰みルートを2周したのちにアンバスケードを野良で開催してみました。

それも第1章の「とてむず」を近接構成で挑んでみるという、実験的な挑戦です。すでに遠隔攻撃構成での「とてむず」は野良で開催されていたものに参加済みだったので、どういったギミックなのかはよく理解した上での挑戦です。

こんな感じで募集してみました。
2021_01_23_211519_a.jpg

んが!

時間帯もゴールデンタイムだったにもかかわらず応募者で埋まらず、最終的には外国人のからくり士と、竜騎士吟遊詩人の2垢で参加の人を含めた4人6キャラ、モか竜風吟白というジョブ無しの構成となりました。


2021_01_23_221705_a.jpg

・・・結果から言うと勝利はしました。が、1勝3敗でした(苦笑)

やり方に手ごたえはあったので懲りずにまた近接構成で野良主催してみたいと思います。ジョブ無しよりかは自分はモンクではなくアタッカー装備にも切り替え可能なよう準備した魔導剣士で参加の方が安定するかもしれません。



2021/01/24 (日) / 11:02





[復元日記#30] 2005/07/25 18:32 / HOME / [復元日記#29] 2005/07/19 17:34

コメント

 »コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 

*匿名・悪質な書き込みは予告なく削除することがあります。

 »トラックバック

HOME

Copyright(C) 2019 Tomorrow Never Dies All Rights Reserved.
FF11画像⇒Copyright(C)2002-2019 SQUARE ENIX CO.,LTD.All Rights Reserved
当Blogに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標もしくは商標です。