FC2ブログ

«プロフィール»

Astel

Author:Astel
●管理者ページ
●Twitter
●Twilog
Profile
Profile

FF11に関する私的ブログですが閲覧・コメント歓迎です。
パン鯖の時は Astel でした。

<<プレイ期間>>
[第1期] 2004年3月~2013年4月
[第2期] 2014年9月~2015年4月
[第3期] 2019年2月~ 現在

«FC2カウンター»

«ブログ内検索»

«最近のコメント»

«最近のトラックバック»

«最新の記事»

«FF11リンク»

«カテゴリー»

«月別アーカイブ»

«FC2ブログランキング»

Tomorrow Never Dies

FF11の私的なプレイ日記

 »Entries.




2日に1回、野良で開催しているオデシーCでのモグセグメント稼ぎのやり方をちょっと変えてみました。

今までは説明するのが面倒という事もあり、自身はDDのモンクとして参加して敵は1匹1匹つっていくか、吟遊詩人がいる時は、達ララ釣りをしてもらったりしていて、このやり方だとかなり細かい移動も伴って戦闘の間隔時間が長めに感じていました。さらに、魔法感知の相手だとかなり事故が発生していたので、このやり方を変えてみました。

自身が魔導剣士でまとめ釣り兼役を兼ねて、さらに2垢の風水士からケアルをしてジオフレイルをしっかり敵に効かせるなどの変更をしてみました。

これによりDD枠は1つ減るのですが、敵が1か所に集まる分、戦闘の間隔時間は減って効率は良くなった気がしました。さらに雑魚だけでなく、FF11りがみり報告書で有名なりがみりさんの下記の動画

【FF11】モグセグメント稼ぎ【解説付き】


を参考に獣人サークルとNMもやることにしました。動画の内容からメモ的に抜き出した内容が下記の通りです。
1体目:Chaos Steward 突耐性 タムルトの体液 オディリックサブタ破魔の刃を使う
2体目:Asena 突耐性 サラマの皮
3体目:Lotanu 打耐性 ヒットヘーグの鱗

ただ、この時は1体目しかやれませんでした。野良だとどうしても戦力ややり方でばらつきが出てしまうので仕方がないのですが、この時は変えたやり方に私自身が少し戸惑ってゴールタッチすら失敗していまう始末でした。もう少しうまくならないと野良でのリピーターから敬遠されかねません。頑張りたいと思います。

あとは近接構成でアンバスケード第1章を野良開催していました。構成は前回の「2/15(月)~2/16(火) アンバスを近接構成で!」の時の構成の吟遊詩人コルセアに変えただけの忍忍モ赤コ白だったのですが、前回よりも事故が発生したりで15分以上かかってしまいました。近接構成だと火力だけでなく、慣れの部分でもかかる時間の上下が大きくなりそうです。

自身はモンクで赤と青の両巨人の削り調整です
2021_02_17_233655_a.jpg

他には、召喚士用の装備として本体のAsthelが持っていないパルーグピアス取りにケット・シーBFの「ふつう」を14戦ほどしていました。初めの20戦ほどでパルーグクラウンを2個ドロップさせた反動か、その後の20戦ほどでノードロップ記録を更新で終わりました。

殴るだけなので楽ちんではあります
2021_02_18_021705.jpg

そして、コルセア遠隔攻撃用の装備としてクスタウィ+1という短剣があることを知り、これのオーグメント最終強化版だと飛命がなんと+65にもなるというのですな。

これは取りに行かねば!

これをドロップするのはウォンテッドNM「Glazemane(ぐれーずめーん)」というモンスターで、さっそくぶっ転がしにいったところ、

殴れー!殴れー!
2021_02_18_141742.jpg

んが!

負けました。

それも10回ぐらい。

こやつ・・・強い・・・!!

ま、負けを認めたんじゃないからね!また来るんだからね!!

orz



2021/02/19 (金) / 19:51





2/19(金) 野良のオデシーCに初参加 / HOME / FF11個人史を振り返る⑧

コメント

 »コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 

*匿名・悪質な書き込みは予告なく削除することがあります。

 »トラックバック

HOME

Copyright(C) 2019 Tomorrow Never Dies All Rights Reserved.
FF11画像⇒Copyright(C)2002-2019 SQUARE ENIX CO.,LTD.All Rights Reserved
当Blogに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標もしくは商標です。