FC2ブログ

«プロフィール»

Astel

Author:Astel
●管理者ページ
●Twitter
●Twilog
Profile
Profile

FF11に関する私的ブログですが閲覧・コメント歓迎です。
パン鯖の時は Astel でした。

<<プレイ期間>>
[第1期] 2004年3月~2013年4月
[第2期] 2014年9月~2015年4月
[第3期] 2019年2月~ 現在

«FC2カウンター»

«ブログ内検索»

«最近のコメント»

«最近のトラックバック»

«最新の記事»

«FF11リンク»

«カテゴリー»

«月別アーカイブ»

«FC2ブログランキング»

Tomorrow Never Dies

FF11の私的なプレイ日記

 »Entries.




オデシーCはいつも2日に1回は野良で主催しており、それは厳しさを感じないのですが、この日は違いました。何故かと言うと、本体のAsthelではなく2垢のジャック単独で主催してみたからです。

普段であれば、魔導剣士釣り役や、DD枠としてのモンクのある本体に加えて、相方の白魔道士と2垢のジャック風水士が自動的についてくるので、主催してメンバーを集めきる事に左程の苦労を伴わないのですが、この日はあえてジャック単独で開催に挑んだところ19時から募集を開始して6人のメンバーを集めり終わったのはなんと20:20頃でした。80分もエールし続けていたことになります。

いやぁ・・・辛かったですハイ。

まぁジャック単独で開催した理由が、マリグナスタバード一式 をコンプリートして殴りコルセアとしての装備がほぼ完成したのでそれを使って遊んでみたかったのと、今は「春寒料峭でも元気に育成キャンペーン」の真っただ中でキャパシティポイントステップアップキャンペーン-HQの効果によりオデシーCで一石二鳥、一粒で二度おいしい状態だったからなんですけども、この主催の厳しさには参りました。。

2回やるつもりでしたが時間の都合もあり1回で終了でしたし。

ただ、深夜になって所属LSでの固定開催に欠員がでたところにジャックのコルセアで参加することができたのですな。これにより2個目のモグパケットも消費することができた上に100ポイント以上のジョブポが入手でき、良い結果で終えることができました。

さて、「春寒料峭でも元気に育成キャンペーン」の真っただ中と言えばダークマター アーケイン・グリプトキャンペーンのことも忘れてはいけません。

まだ終わったわけではないですが、いつもは引きの悪いジャックで2つの装備をアップグレードさせることに成功しました。下記2部位のリフレシュ+2の装備品です。

主に青魔道士で使用します
2021_02_27_004605_a.jpg
2021_02_15_120756_a.jpg

ただ、オーグメントの成功品が増えてくるとたまに無駄なオーグメントをしてしまうことがあります。何の何処の部位で最高値を持っていたか把握しきれずに無駄なオーグメントをしてしまうというのがほとんどなので、これを機会にオーグメント状況を自身向けにまとめてみます。

ヘルクリア装備リフレシュ
本体:5部位で+2を達成
ジャック:頭なし、胴で+1、両手・両脚・両足で+2を達成
備考:ジャックの頭はローハイドマスクで+1を、胴はメコスチネハーネスで+2を代用が可能。

ヘルクリア装備トレジャーハンター
本体:胴と両足で+2を達成
ジャック:頭と両脚で+2を達成
備考:メインジョブシーフ以外では合計+4までしかトレジャーハンターは有効にならないため上記のそれぞれ2部位で完結。

ヘルクリア装備ファランクス
本体:頭と両脚で+5、両手と両足で+4、胴で+3を達成
ジャック:両脚で+3のみ
備考:特になし

カイロン装備"リフレシュ
本体:今のところ不要につき無し
ジャック:両脚と両足で+2、両手で+1を達成
備考:ジャックの頭はビファウルクラウンの+1、胴は白魔道士であればTEブリオー+3の+3や赤魔道士学者であればジャリローブ+2の+4で上位の代用が可能なので不要。

書き出してみると何を優先すべきか分かりやすくなりました!



2021/02/27 (土) / 14:19





[復元日記#39] 2005/12/12 03:38 / HOME / 2/24(水)~2/25(木) シャンデュシニュは読みにくい

コメント

 »コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 

*匿名・悪質な書き込みは予告なく削除することがあります。

 »トラックバック

HOME

Copyright(C) 2019 Tomorrow Never Dies All Rights Reserved.
FF11画像⇒Copyright(C)2002-2019 SQUARE ENIX CO.,LTD.All Rights Reserved
当Blogに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標もしくは商標です。