FC2ブログ

«プロフィール»

Astel

Author:Astel
●管理者ページ
●Twitter
●Twilog
Profile
Profile

FF11に関する私的ブログですが閲覧・コメント歓迎です。
パン鯖の時は Astel でした。

<<プレイ期間>>
[第1期] 2004年3月~2013年4月
[第2期] 2014年9月~2015年4月
[第3期] 2019年2月~ 現在

«FC2カウンター»

«ブログ内検索»

«最近のコメント»

«最近のトラックバック»

«最新の記事»

«FF11リンク»

«カテゴリー»

«月別アーカイブ»

«FC2ブログランキング»

Tomorrow Never Dies

FF11の私的なプレイ日記

 »Entries.




この日の起床象直後の早朝プレイにおいて、待ち時間なくハザルム試験場へ入場することに成功していたのですな。これにより2垢のジャックも闇血のアンプルも10万ポイントを超えることになり、めでたく2キャラともくハザルム試験場を卒業することができました。

だいたい10日間ぐらい通ったでしょうか!
twitter_2021_03_18_060032_a.jpg

そしてこの日のは20時頃から本垢のAsthelでオデシーCの開催をしたのでした。

最近やり始めたこととして、このオデシーCでの殲滅ゲームがスコアアタックの要素と切り離せない部分があると認識するに至り、数年ぶりにログを解析して数値的にいろいろ分析するといったことをしています。

この日1回目のオデシーCの解析結果が下記のTEXTファイルです。
2021_03_18-20-45_rep.txt

ここで注目すべきは与ダメージの順位とその量の割合です。

この回で1位の暗黒騎士さんはリピーターとして私の野良開催によく応募してくれる方で、武器はカラドボルグを使っています。動きも含めて仕上がったプレイヤーさんと思われ、実際に数値としてそれが表れています。

2位の竜騎士はLSメンの複垢タルタルなのですが、実は装備スペックは良く知らないです。装備スペックを出し切る動きは出来ているプレイヤーさんです。

そして3位が私のコルセアなのですが、前述の2人の純粋なDDとは異なり、ファントムロールは回しますし、空蝉もしっかり張りなおして余計な被弾を避けつつ、それでいて吟/忍の手が回りきらない部分の釣りを補助して次の敵に遠隔攻撃を行ったりと、与ダメージを下げる要因がいくつか存在している中での数値です。それでいて与ダメージの割合が23.59%に達しているので、自身も仕上がっているプレイヤーと認定して問題ないでしょう。

実は装備面で与ダメージを伸ばす余地が少しあって、マリグナスシャポーからアデマボンネット+1に、マリグナスタバードからアデマジャケット+1にそれぞれ換装するとDPSは上がると思います。

んが!

そこまでしなくてもいいか~っと思って今は様子見中です。

今回で残念なのは4位のモンクさんですね。明らかに与ダメージが低いです。装備などのスペックは分かりませんが、明らかに動きが良くなかったです。殴り始める早さとか、非戦闘状態を作らない動きの追求とかが出来ていないように見えましたし、解析結果を見ると、なんでそんなWSを撃ってるの?というツッコミもしたくなります。決してモンクというジョブが弱いわけではないです。私のモンクを出せば1位争いをするぐらいのダメージは出せて見せますから!!

分析から得られる客観的な情報は積み重ねの大事さを教えてくれたりもします。

まぁさすがにこの解析結果をもって次回の参加をお断りしたりとか、応募者を選別するわけでもないですが、頼りになるリピーターさんだなぁと確信したらフレ登録を持ち掛けて、野良で /yell する前に先誘いするぐらいはするかもしれませんな。


この日2回目のオデシーCの解析結果が下記のTEXTファイルです。
2021_03_18-19-32_rep.txt

1回目と同じメンバーは竜騎士Pと吟遊詩人白魔道士です。

この竜騎士Pを基準にして1回目と比べてみると、竜騎士P自身の与ダメージ総累計にあまり差はないので比較対象が取りやすいですね。戦士さんが素晴らしい火力を誇っているのが分かりますし、何故か私の与ダメージが大きく低下しているのもわかります。たぶん、動きがあまり良くなかったのだと思います・・・・。

竜騎士Dさんがとても低いのは3回も戦闘不能になっているからです。おそらく被ダメージカット装備を全くしていないか、その切り替え運用がよろしくないのでしょう。

「◆被ダメ通常と総計」の項目で被ダメージの平均値を確認できますが、これが竜騎士Pが 195 で済ませているところを竜騎士Dは 330 と約1.7倍にも達しています。解析するとこういう分析もできるようになるのですな。

どんなにいい装備を持っていても、「死なないDD」より「死ぬDD」の方がDDとして劣るのは明白です。ギリギリ死なない程度、ヒーラーのMPを枯らさない程度に被ダメージカット装備を切り替え運用して最大火力を追求できるDDがGoodPlayerと言えるはずです。

と言うわけでしばらくの間は解析結果を分析し、GoodPlayerに出会えたら素直に喜びたいと思います。



2021/03/19 (金) / 12:14





「FF11用語辞典」の重要さについて考える / HOME / 3/15(月)~3/17(水) Asuraオーメンの混雑の酷さ

コメント




別記事で業者やbot記事書いてるのにご自身もツール入れてるんですね
興味深い記事だっただけに勝手にガッカリしてます

2021/03/19(Fri) 13:45:17

URL | [ Edit.]






正直、馬鹿の相手をするのは時間の無駄なので嫌いなのですが、馬鹿の駆逐は私に課せられた責務と思っていますので対応してあげます。

FF11がデフォルトで出力している如何なるリソースも、プレイヤー側がソフトウェア処理をして利用するのは自由であるべきです。実際、ほとんど全てのユーザーが自由に好き勝手にやっています。

具体例を連ねてみましょうか?

●「FF11用語辞典」
→FF11で出力された有形・無形の情報を文字列や画像としてwikiというツールでまとめ上げています。利用したことがないプレイヤーがいたらお目にかかりたいぐらいです。

●YouTubeなどのプレイ動画
→FF11から出力された映像リソースをプログラムで取り込んでツールで編集、公開しています。ごくごく一般的ですよね。

●スクリーンショット(ScreenShot)
→FF11自身の機能ではウィンドゥ画面の文字列を写せないという問題があり、"KIOKU"や"WinShot"でSSを撮る人はいっぱいいますがこれもツールですね。ちなみに過去の公式イベントにおいてツイッターを利用した画像投稿においてこれらのスクリーンショット保存ソフトは公認された歴史すらあります。

●ログ収集ソフト
→FF11が一時領域に出力している文字列を回収、加工して保存しているだけです。前述の行為と何ら変わりはないです。これを否定する人は物事の判断ができないただの馬鹿だと思います。

WindowerやHPゲージの%表示などUIやメモリに干渉するツール、自動化ツールの使用には一貫して反対しています。ENMが実装されて間もないころに、移動ツールが拡散された時期がありましたが、ENMの固定メンバーの1人が移動ツールを使ってウルガランの絶壁を逆走上昇してみせたので固定メンバーからバンしてGMコールしてやりました。

以上!

2021/03/19(Fri) 15:59:46

URL | [ Edit.]






一番偉いのは、それぞれ前衛1発200オーバーの被ダメもらってるのに回復を行えてる白様ですな
素晴らしい

2021/03/19(Fri) 16:40:43

URL | [ Edit.]






> 一番偉いのは、それぞれ前衛1発200オーバーの被ダメもらってるのに回復を行えてる白様ですな
> 素晴らしい

コメントありがとうございます!
実はそうなのです!

白魔道士を新規キャラから初めてスパルタ教育を施すこと1年と4か月、ヤグルシュまで持ったプロの白魔道士に仕上がっている私の相方さんです。天候が闇2個の環境下なのでケアルのやりくりは大変だと思われます〜😶😶😶

2021/03/19(Fri) 16:46:51

URL | [ Edit.]






repとって見てないのをいいことにあーだこーだ言われるのって気分悪いなあ。

2021/03/19(Fri) 18:02:34

URL | [ Edit.]






私は気分が悪くなりません!
むしろよく見て評価してくれてうれしいと思いますから!

ってかカット装備してないんかーい!っていうのは白魔道士からしたらBL案件ですよ

2021/03/19(Fri) 19:32:18

URL | [ Edit.]






馬鹿相手にすみません
他人も規約違反みたいな事してるだろ!て具体例書いてて草
まぁガッカリしたと書いたけど使うなとか言ってないんだけなー

これからも使うんだろうし数値分析の記事たのしみにしてますよ

2021/03/19(Fri) 20:15:50

URL | [ Edit.]






コメントありがとうございます!
すいません、私もどっちかというと馬鹿の部類なんです!

そのうち自滅説もあると思いますが数値分析は楽しみの1つなのでネチネチと続けると思います~

2021/03/19(Fri) 21:00:43

URL | [ Edit.]



 »コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 

*匿名・悪質な書き込みは予告なく削除することがあります。

 »トラックバック

HOME

Copyright(C) 2019 Tomorrow Never Dies All Rights Reserved.
FF11画像⇒Copyright(C)2002-2019 SQUARE ENIX CO.,LTD.All Rights Reserved
当Blogに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標もしくは商標です。