FC2ブログ

«プロフィール»

Astel

Author:Astel
●管理者ページ
●Twitter
●Twilog
Profile
Profile

FF11に関する私的ブログですが閲覧・コメント歓迎です。
パン鯖の時は Astel でした。

<<プレイ期間>>
[第1期] 2004年3月~2013年4月
[第2期] 2014年9月~2015年4月
[第3期] 2019年2月~ 現在

«FC2カウンター»

«ブログ内検索»

«最近のコメント»

«最近のトラックバック»

«最新の記事»

«FF11リンク»

«カテゴリー»

«月別アーカイブ»

«FC2ブログランキング»

Tomorrow Never Dies

FF11の私的なプレイ日記

 »Entries.




次回のバージョンアップ予定日は4月2日(金)だそうです。

詳細は下記サイトをご覧ください。
https://forum.square-enix.com/ffxi/threads/57993

これは普段のバージョンアップに比べると1週間ほど早いと感じる予定日です。問題と言う程ではないですが、アンバスケードのポイント稼ぎを後回し気味にしていたので、バージョンアップ予定日の前日である4月1日(木)までに可能な限りアンバスケードをやっておく必要があります。

ここで悩むのが2垢のジャックの存在です。普段なら連れて行くところですが、白魔道士の枠は相方で埋まっているので風水士で連れていくしかない訳でありますが、前日のプレイ日記「3/28(日) オーメン4回でカード31枚」に書いた通り、今回のアンバスケード第1章の「とてむず」では風水士吟遊詩人の代わりにはならない事が判明していたので、連れて行くのはひとまずやめにしたんですな。

それで20時頃から野良で募集を開始したところ剣竜竜コ吟白という構成が完成し、自分は魔導剣士での出陣でした。ちなみに竜騎士のうち1人とコルセアはLSメンでした。

このPTでは何度か私が回避に失敗して死んだり、2人いる竜騎士のうち野良で応募してくれた方が21時過ぎで抜けたので代わりにLSメンの竜騎士を補充したりで22時までやって解散、おそらく6戦位はしたはずです。

ここで相方の白魔道士おやすみなさい。で抜けたのを機にパーティはいったん解散し、ちょっと休憩をいれて今度は2垢のジャックも連れて行ってみることにしました。いろいろ考えた挙句、ジャックが白魔道士で出陣する分には問題はなく、そして白魔道士枠を野良の応募者に譲る場合は風水士で出陣させて、代わりにコルセアの枠を削るという考えに改めたのですな。

その結果、剣暗暗風吟白という構成が完成しました。やっぱり自分は魔導剣士でした。前日のプレイにてリベレーター暗黒騎士で遊べたので、まぁいいかというところです。

でぇ、結果としてはこの構成でまったく問題はありませんでした!

ということでバージョンアップ前日の4月1日(木)までに引き続き2キャラでがんがんアンバスケード第1章「とてむず」を開催してしまいたいと思います。

ちなみに、寝る直前に「とてむず」でDD1人募集のエールを見てしまったのでリベレーター暗黒騎士で飛びついて参加することができました。ただ、そのPTの方針で召喚士を倒した後は私1人で連携も活用してすぐにボスを削り始めてほしいとのことだったのでそれに従ったのですが、案の定すぐにターゲットが来て、削りつつ避けるのはWS硬直があり難易度が相当なものですって言い訳を考えているうちに地面をぺロってました。

ボスを最後にしておけば、雑魚を殲滅してる間にジョブがそれ相応の蓄積ヘイトを稼いでいてくれますから、すぐにターゲットが来たりはしないはずです。ですので、DD1人が先行してボスを削る事に利点はないと個人的には思っています。



2021/03/30 (火) / 12:21





アンバス「Bozzetto Rascal(トンベリ)」備忘録 / HOME / 3/28(日) オーメン4回でカード31枚

コメント

 »コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 

*匿名・悪質な書き込みは予告なく削除することがあります。

 »トラックバック

HOME

Copyright(C) 2019 Tomorrow Never Dies All Rights Reserved.
FF11画像⇒Copyright(C)2002-2019 SQUARE ENIX CO.,LTD.All Rights Reserved
当Blogに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標もしくは商標です。