FC2ブログ

«プロフィール»

Astel

Author:Astel
●管理者ページ
●Twitter
●Twilog
Profile
Profile

FF11に関する私的ブログですが閲覧・コメント歓迎です。
パン鯖の時は Astel でした。

<<プレイ期間>>
[第1期] 2004年3月~2013年4月
[第2期] 2014年9月~2015年4月
[第3期] 2019年2月~ 現在

«FC2カウンター»

«ブログ内検索»

«最近のコメント»

«最近のトラックバック»

«最新の記事»

«FF11リンク»

«カテゴリー»

«月別アーカイブ»

«FC2ブログランキング»

Tomorrow Never Dies

FF11の私的なプレイ日記

 »Entries.




アシストチャンネルという機能・サービスがあります。

今回はこれの活用方法を考えてみたいと思います。

このアシストチャンネルが実装されたのは2020年11月10日のバージョンアップで、実装の目的は新規プレイヤーや復帰プレイヤーのために、先輩冒険者がゲーム内で相談できる場所を用意しようというものでした。しかしながら実装から4か月以上たった今でも、Asuraワールドの日本語用チャンネルでは発言を1度として見たことすら無いです。

英語用チャンネルでは散発的なチャットが流れていた事をすぐに確認できたものの、これは見てても仕方がないのですぐにチャットフィルターをONにして見えないようにしたのでそれ以後の状況はわかりません。

さて、そんな状態について開発陣は今何を思うのか?

もぎヴァナでも話題にあがっていないことから、作ったら後は野となれ山となれの精神なのだろうと思いました。

そこで、費用を支払っている利用者側のとして、このチャンネルの活用方法を考えてみたいと思います。考えているのが /yell の代用としての使用方法。Asuraワールド在住の日本人は、どうやら業者の /yell スパムに対してブラックリスト機能ではなく、単純にチャットフィルターをONにして取り除いているプレイヤーも相当数いるようなのです。

これは逆に有益な日本語 /yell を全て見逃すことと同義であり、野良開催への参加を完全放棄するという、MMOで本来働くべき行動力学とは真逆の方向にプレイヤーを追いやっているように見えるわけであります。そこでこのアシストチャンネルで野良開催情報を流してみたらどうなるか?を試してみたいというのがあります。

「本来の目的や趣旨と異なる使い方をするな!」
というプレイヤーも発生するかもしれませんが、そういった意見を交えてアシストチャンネルという機能・サービスを資材としてどう活用するのがプレイヤーにとって最もハッピーなのか答えを出せるならそれが正しい利用方法な気がします。

少なくとも野良での開催事除法を流す事自体は「冒険者同士の相互協力」の範疇なので、私自身は本来の目的や趣旨に反するとは思っていません。ひとまず、開始するにあたってメンターにならないと発言権を得られないので、まずはメンターになるところから着手したいと思います。



2021/04/06 (火) / 12:39





4/3(土)~4/6(火) シェレピアスの強化を開始 / HOME / [復元日記#45] 2006/06/11/02 02:35

コメント




とても興味のある試みですね
「本来の目的(略)」
と文句言う人は居ないと思いますよ
だって使ってる人いないもの(warai
あなたの活動を応援しています
そしてまたパーティー参加できたら
よろしくお願いします m(__)m

2021/04/06(Tue) 16:58:19

URL | [ Edit.]






>ただの素人ぷれいや~さん
応援コメントありがとうございます!

システムを作ってくれたはいいものの、利用者がいないと無いのと同じですからプレイヤーに利のある使い方を模索してみたいと思います。パーティー参加、大歓迎ですのでまたどうぞ!

2021/04/06(Tue) 19:02:52

URL | [ Edit.]



 »コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 

*匿名・悪質な書き込みは予告なく削除することがあります。

 »トラックバック

HOME

Copyright(C) 2019 Tomorrow Never Dies All Rights Reserved.
FF11画像⇒Copyright(C)2002-2019 SQUARE ENIX CO.,LTD.All Rights Reserved
当Blogに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標もしくは商標です。