FC2ブログ

«プロフィール»

Astel

Author:Astel
●管理者ページ
●Twitter
●Twilog
Profile
Profile

FF11に関する私的ブログですが閲覧・コメント歓迎です。
パン鯖の時は Astel でした。

<<プレイ期間>>
[第1期] 2004年3月~2013年4月
[第2期] 2014年9月~2015年4月
[第3期] 2019年2月~ 現在

«FC2カウンター»

«ブログ内検索»

«最近のコメント»

«最近のトラックバック»

«最新の記事»

«FF11リンク»

«カテゴリー»

«月別アーカイブ»

«FC2ブログランキング»

Tomorrow Never Dies

FF11の私的なプレイ日記

 »Entries.




私はAsuraワールドにてを経営しています。

店長とバイト店員(とペットのSakura)の2名体制です
twitter_2021_04_25_125240_a.jpg

このとは、キングベヒーモストリガーアイテムである麝香牛肉のことを指しています。そして、とは、そので出現させる地点の ??? のすぐ近くで放置バザーをすることを指しています。Asuraワールドだと私の満足できる頻度で買われて中々の売り上げを叩き出してくれるのですな。

このは私が独自に見つけた金策に分類されますが、実は金策の為にやっているわけではありません。もちろん、金策になるというのも目的の1つですが、最大の目的は「第3期プレイにおいてAsuraワールドにおける自身のアイデンティティを確立させる!」というのがありました。

これはどういうことかというと、「Asuraワールドにおける○○と言えば Asthel のことだ!」と言われるような存在を目指すということでした。と言っても、すぐにその方法を思いつくでもなく、ひとまず、再開したUchinoBlogの更新によるプレイ記録を欠かさないとか、Twitterを積極的に活用してみるといった模索的なところから始めていたのですな。

そうして、第3期プレイを開始した2か月後の2019年4月頃、私はログインポイントをどう消費するのがいいのか迷うという持て余し気味の状態に初めて陥り、ひとまず需要がありそうな麝香牛肉を交換してみたのですが、競売には出品できないアイテムですから当然バザーで売却するしか手がありません。

ただ、Asuraの放置バザー市場として第1位の取引量を誇っているであろうジュノ港で放置バザーをしていても、あまりのキャラクターの多さに自分が埋没してしまって、とても売れないだろうと思いました。

そこで、商売の基本である「消費者の近くで売り捌く」という方法を思いつき、ベヒーモスの縄張りに行ってみたわけであります。そこは・・・





誰もいませんでした。

無人の荒野とはまさにこの事・・・と思いつつ、私はそこで放置バザーして眠りについたのであります。そして、翌朝





売れてました。

確かその時のバザー値段は50万ギルだったと思います。そこでふと私は思いつきました。私の得意技は放置プレイなんです。なにせUchinoBlogの初投稿の記事からして
2006/05/09 得意技は放置プレイ
というありさまです。それに加えて放置バザーも得意技でした。過去に書いたFF11個人史シリーズの⑦から登場する金策LSにおいては、アンブラルマロウの一括売却係と会計係を担当しており、当時の放置バザー市場の第1位だったル・ルデの庭で毎日放置バザーで売り捌いていましたから!

ここで思ったんです。





これが私のアイデンティティでは・・・?

というわけで本格的にの経営を開始したわけであります。金策としてやるわけではないので、利益追求はそこまで追い求めず、まずは市場価格を安定して形成することを目標に掲げました。私の中で勝手に「公定価格」を私が設定するという仕様です。

開始時の値段設定は下記のようにしました。
・他のバザーから買う場合は最高40万ギルまでとする。
・公定価格は70万ギルを開始値とするが、変更する場合は物価変動も考慮して慎重を期すこととする。

HNMLS時代の経験則から守りの指輪のドロップ率は5%とみなしていたので、期待値による換算で守りの指輪の値段を1400万ギルとしてみた感じですね。妥当な値段と思いました。

その後、順調に経営を続けることが出来ました。

ツイッターでも積極的に発信し始めていました。

例えばこのツイートです↓
https://twitter.com/Astel_Asura/status/1123754629106368513

経営は遊びじゃあねえんだよ!!

そして経営を続けていくうちに市場に変化を与えることが出来ました。





同業者が表れ始めたのです!

その頃のツイートがこれです↓
https://twitter.com/Astel_Asura/status/1126073160133009408

この時の私は、素直なところ、嬉しかったのです。

私のアイデンティティがAsuraワールドで認知し始められたということですから!

この後の経営ですが、公定価格の変更を下記のように2度行いました。
・インフレ傾向を反映して70万ギルから80万ギルへ値上げ
・デフレ傾向を反映して80万ギルから60万ギルへ値上げ

他の経営方法に変更はありませんでした。

そして、私がアイデンティティを確立しようと約2年間、活動した結果がこれです。

同業者の数にご注目ください。
2021_04_25_074938_a.jpg





市場規模がこんなに育ちました!!

というわけで私がを始めた理由と、未だに継続している理由でした。ちなみにウーバーイーツとの違いは、メニューが麝香牛肉に固定されていることです。なので、むしろ年越しソバの配達に近いかもしれません・・・。

・・・Asuraワールドのに俺はなる!!(真顔)






2021/04/25 (日) / 17:53





4/23(金)~4/28(水) ダイジェスト版 / HOME / 4/22(木) アンバス「とてむず」(主催視点)

コメント

 »コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 

*匿名・悪質な書き込みは予告なく削除することがあります。

 »トラックバック

HOME

Copyright(C) 2019 Tomorrow Never Dies All Rights Reserved.
FF11画像⇒Copyright(C)2002-2019 SQUARE ENIX CO.,LTD.All Rights Reserved
当Blogに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標もしくは商標です。